「最悪」よりまだどんどん悪くなるということ

 しばらくメキシコに行っていました。
 現地ではライブをやったり、メディアに出演したり、フォトセッションをやったり、ヴォーカルレッスンを再開したりと、個人的・アート的には充実した日々を送っていたせいで、すっかりブログもお預けになっていたのですが、それだけではなく、次々に出てくる安倍政権の不正献金疑惑や政治資金規正法違反が、これまた次々にうやむやにされていきそうな具合になっているのに啞然としていたというのもあります。ドリルで証拠を破壊したのまでなかったことにされそうで凄いですね。美濃加茂市長みたいなレベルの冤罪をでっち上げるしか、検察は能がなくなったのでしょうか。こういう時にちゃんと働けば、少しは名誉回復できると思うのですが。

 少し前なら、速攻で閣僚辞任となっていたような事件でも、安倍政権であるとマスコミもそれほど叩かないというのはなんなのでしょうね。それだけメディアコントロールがうまくいっているということでしょうが、さすがに「報道の自由度」が61位にまで後退しているのも道理です。

 この「報道の自由度」を出している「国境なき記者団」、実は一般的イメージとは違って、ノーベル賞受賞団体である「国境なき医師団」とは何の関係もありません。むしろ代表はフランスでは右翼と見なされている人で、そのせいで、この「報道の自由度ランキング」なるものも、いわゆる「左派政権」叩きの性格を帯びています。その右派政権に甘いランキングでも、日本がこれだけ下がっているというのは、実にアレです。さすがに極右指導者のマリーヌ・ルペンに「モデルにしたい」といわれるだけのことはあります。

 一方、つい数ヶ月前にゲレロ州イグアラ市で、こともあろうに市長夫妻とマフィアが結託して反対派の学生を殺害したと見なされている「アヨツィナパ師範学校学生43人行方不明事件」を起こしたメキシコの政治状況・地方の治安悪化の方もかなりズタズタでして、本当は、空き時間に、かの映画「ショーシャンクの空に」で描かれたリゾート地シワタネホで、数日、海水浴でも楽しもうと思っていたのに、そのシワタネホでも銃撃事件があったとかで。いや、冗談ごとではありませんわ。かつてメキシコでもっとも治安が悪いと言われたメキシコシティが、いまやメキシコでもっとも安全と言われる始末です。
 メキシコ人の友人曰く「10年前には『いまの政権は最悪だ』と思い、5年前も『いまの政権はもっと最悪』と思ったが、いまは『さらに最悪』。未来がこわい」
 日本も、政治家の汚職はうやむやにされる一方、集団的自衛権はどんどん拡大解釈されそうだし、改憲も目に前に迫ってきそうで、ほとんど同感です。個人的な充実に逃避していてはいけませんね。

 というところでライブのお知らせです。
◆3月12日(木) 六本木 ノチェーロ
(東京都港区六本木6-7-9 川本ビルB1) お問い合わせ/03-3401-6801
1st 19:30 2nd 20:45 3rd 22:00(入れ替えなし) Charge:2,600円(おつまみ一品付)
アクセス/日比谷線・大江戸線六本木駅より徒歩2分   地図
メキシコでの充電を終え、六本木駅至近の最高の立地の音響の良いステージで、美しい歌曲の数々、是非ご堪能あれ! ギター福島久雄さん

コメントの投稿

非公開コメント

「四年目の311」

今日は311です。

私は過去自衛隊の災害救助活動で成功したのは池田整治統合幕僚長指揮の有珠山噴火防災出動だけであると思います。あれは素晴らしかった。直ちに池田幕僚長が現場に飛んで最前線に司令部を設けて自衛隊の全装備と人員を投入し、最大限の人的安全確保しつつ的確に現地の状況に即応したのです。

しかし311は自衛隊の能力限界を超えていました。私は3月の寒風吹きすさぶ中全身津波の海水泥流につかって命からがら山によじ登った多くの人たちを夜間のうちに発見して救出できるのは、赤外線暗視装置を備え夜間の作戦行動に訓練の行き届いた米軍の攻撃ヘリしかないと思いました。菅総理は311当日福一の冷却電源が地震と津波で停止したとの第一報で時をおかず全国民へ緊急テレビで原子炉非常事態宣言と国家非常事態宣言を行い、自衛隊全部隊の投入および在日米軍に緊急出動要請して被災直後の危険地帯に寒さと放射能被曝の生命の危険にさらされて取り残されている多くの被災者を、昼はヘリから目視で捜索発見し夜間は米軍ヘリが赤外線暗視装置で個別に山中の被災者を発見し、一人残らずしらみつぶしに救出して近くの自衛隊基地と米軍基地あるいは沖合の病院施設ある艦船へ緊急収容すべしと考えたのです。

あの状況で使えるのはヘリしかありませんでした。ゆえに自衛隊の能力を超えた巨大災害であると申しました。暗視装置を備えたヘリは攻撃用だから自衛隊には殆ど装備されていなかったし、夜間戦闘を想定した危険な飛行訓練も自衛隊には経験がないはずだったからです。昼間ならともかく。

その目視発見が容易な昼間に、NHKの報道ヘリが津波で水浸しになった被災地に孤島の如く取り残された病院上空を、屋上にSOSの大きな文字を描いてNHKヘリに緊急着陸を要請する手振り信号を目撃撮影したにもかかわらず素通りして、人っ子一人いない海岸へ津波見物報道するため向かったのです。親戚や友人の安否を断腸の思いで心配していた私はNHKに対し怒髪天を衝きました。病院の屋上で手を振っているのはNHKが俸給としてもらっている国家予算や受信料を払ってくれている公僕NHKのご主人さま主権者国民であるのに、その生命の危急時にこともあろうに下僕NHKのヘリが素通りするとは何事か。これ以上の不忠義があろうか。天地人ともに許さぬ大逆犯罪である、と。

あの時電源喪失した病院内には、衰弱した病人が暖房もなくふるえていたのです。緊急に治療が出来る病院へ搬送すれば助かるだろう。ゆえにこその屋上SOSであり上空を通りがかるヘリへ手を振っての着陸要請だった。NHKヘリが着陸すれば何人緊急搬送が必要かがすぐわかりヘリの無線で自衛隊や米軍ヘリに緊急通報すれば増援ヘリが訪れて全員の搬送が可能だった。NHKはカメラを下ろして病院にいる全員を撮影しながら住所氏名を訊けば、電話通信網無くともテレビ放送による安否確認がリアルタイムで即行われたのである。テレビの使命は津波見物ではまったくない。NHKに人の心があるならば必ず着陸したのに、素通りしたNHKヘリは人の心を持たない無慈悲冷酷な未必の故意の殺人者という人間以外の魔物外道に過ぎないことがよくわかりました。

地デジ切り替えの7月NHKに電話しておまえのとこの糞電波未来永劫絶対に受信しないためにデジタルテレビは買わないから、きれいさっぱり解約しろと告げて、NHK解約しました。以来、我が家では一秒たりともNHK+民放戦争プロパガンダテレビ番組は映りません。

福一不通告ベント開放核物質拡散放射能棄民テロについては別に書きます。

  南無釈迦牟尼仏

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析