スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団的自衛権について:誤解も多いようでございます

 さて、集団的自衛権そのものについても、かなり誤解が蔓延しているようなので、少し書いておくことにいたします。
 そもそも、読んで字のごとく、集団的自衛権は「自衛」のためのものです。

 それでもって、安倍首相が言ったように、

 例えば、海外で突然紛争が発生し、そこから逃げようとする日本人を、同盟国であり能力を有する米国が救助し輸送しているとき、日本近海において攻撃を受けるかもしれない。我が国自身への攻撃ではありません。しかし、それでも日本人の命を守るため、自衛隊が米国の船を守る。それをできるようにするのが今回の閣議決定です。

 というのは、根本的に間違っています。というのも、「海外で突然紛争が発生し、そこから逃げようとする日本人を同盟国であり、能力を有する米国が救助のために輸送」することはありえないです。これは日本に限らず、どの米国の同盟国であっても、米国が、軍艦や軍用機が民間人を輸送することはありません。

 実を言うと、私は、80年代終わりの『地球の歩き方・メキシコ中米編』で、グアテマラで軍用機に乗った体験を書いた、「軍用機ヒッチハイク女」伝説の主なのですが(大爆)、これは、中米の堕落しきった政権のもと、腐敗した軍が小遣い稼ぎのためにやったことです。
 とはいえ、この軍用機に乗った経験が楽しかったかというとそんなことはございません。
 軍の輸送機に乗っている間にですね、「ただいま、反政府ゲリラ占領地域上空を通過中、敵は対空ミサイルを調達しているので、各自注意」などというアナウンスが流れるんですね。

 をい、ちょっと待ってくれよ。撃墜されるかもしれないから各自注意って、どーせーっちゅうんだ?!(と、こちらは「アッチョンブリケ」状態)
 そうなのです。軍艦とか戦闘機って、撃沈・撃墜対象ですから、いっちゃん危ないのです。

 そういえば、そのころの「地球の歩き方・中米編」には、「エルサルバドルで旅行をするときは、軍の基地や軍人らしき人には近づかないように、なぜなら、そこが一番、ゲリラの攻撃対象になって、巻き添えをくう可能性があるから」なんていう記述があったもんです。当時の「地球の歩き方」はサバイバル感がありましたね。(って、書いたのは私ですが)

 軍用機に乗った体験と言えば、アルゼンチンを巡業したときにも、ブエノスアイレスから南部に飛ぶのに軍用機に乗ったことがありましたね。これは、軍の「アルバイト」で民営航空より、だいぶ格安の値段で乗っけてくれるとかいうので、現地のマネージャーが契約しちまってたのでした。
 当時、アルゼンチンは別に戦争をしていないので、そういう意味での危険はなかったのですが、軍がそういうセコいアルバイトをやること自体ですね、さすが大騒ぎをしてフォークランド戦争をやったくせに、遠くから軍を派遣してくるイギリスにあっさり負けるだけのことはあるわ、とゆー印象を持ったことは否定しません。

 まあ、もちろん、客船が沈没事故に遭って、海に浮かんで救助を待っている遭難者がいるときに、たまたま軍艦が通りかかったら、生存者救助をする、というようなことはあるでしょうが、それは同盟国であるかどうかという話ではなく、人道的な話であります。

 でもってですね、そういう意味で、戦闘状態にあるときに、軍の航空機や輸送船が民間人を乗せることはありません。これは、乗せた方がかえって危険だからというのもありますし、乗せた民間人が敵側の要員だったりしたら、これまた大変なことになるからです。

 つーか、米国人ですら
 http://travel.state.gov/content/passports/english/emergencies/crisis-support.html
 見ればわかるように、
「米国軍ヘリや米国政府の輸送機が護衛付きで救出してくれることを期待するのは、ハリウッドのシナリオに影響されすぎで、現実的とはいえません」
「米国政府支援による米国国民の当該国からの離脱は、高価なものになります」
「我々は米国国民の支援を最優先します。米国市民でない友人や親類を米国政府のチャーター機や民間以外の輸送手段に乗せられるとは期待しないでください」
 と書いてあります。

 ですので、
 
「1.外国で戦争が勃発!」→「2.巻き込まれた日本人民間人を米軍が救出!」→「3.でもって、米艦でその日本人を輸送!」→「4.その米艦が攻撃されるかもしれないんで、自衛隊出動!!!」

 なんつー、お花畑なことは考えない方がよろしいです。「2」がそもそもありえませんので。

....という点は、すでにあちこちで指摘されていますが、それともうひとつ、集団的自衛権について、安倍総理の、もうひとつの、さらに、お花畑な点を指摘させていただきます。

 つまり、1986年に、国際司法裁判所は、集団的自衛権に関して、
 
1.武力攻撃の犠牲国が自ら犠牲となった旨を宣言せず、
2.なおかつ集団的自衛権を行使する国に対して犠牲国が援助要請をしていない場合に、
3.集団的自衛権行使を容認する規則は、慣習国際法上存在しない

という判決を出しています。
つまり、「正規軍による越境軍事攻撃、もしくは、それに匹敵するほどの武力行為を行う武装集団等の派遣・援助等」があり、そのうえで、それに基づいて、「その犠牲国が援助要請」しない限り、集団的自衛権の行使が認められられないということです。

これってね、けっこうハードル高いです。
「米国が中東に戦争に行くから、日本も派兵」というのは、集団的自衛権の枠組みでは、国際法上「できない」のです。もしやっちゃった場合は国際法違反です。

また逆に、国際司法裁判所では、

「正規軍による単なる越境事件、正規軍による軍事攻撃に匹敵しない程度の私人の武力行為の黙認等」については、「被害国による均衡性のとれた対抗措置、集団的対応は不可、武力を伴う対抗措置が可能かは判断回避」

と裁定していますので、たとえば、中国のある団体などが尖閣に軍事攻撃をしちゃったことが原因で、中国・日本間が緊迫したとしても、米国が無条件に日本を支援してくれるかどうかは、そーとー疑問です。尖閣に安保は適用されるとオバマ大統領は言ったそうですけど、それはリップサービスというやつです。実際に米国が軍を派遣するためには、議会の承認が要りますから、議会で否決されたらそれで終わりですので、ご注意ください。

ただ、いずれにしても、この機会に、憲法とは何か、自衛とは何か、戦争に参加するかもしれないとはどういうことか、政治家ってこういうことができちゃうんだ、ということを、多くの若い人が「身近なこと」として考えた、という点では、むしろ、私は前向きに捉えたいと思っています。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

国際裁判所判決

お久しぶりです。
色々とあちこち歩いているだけあって、実態が伴っていて勉強になりました。
特に国際裁判所の判決は知りませんでしたので、コピペし参考にさせて頂きます。
確かにこれでは、嘘をついてでしか紛争当事国に喧嘩しには入って行けませんね
安倍首相は御花畑というよりも、態と嘘をついているんだと思います。それをマスメディアが追及しないように会食と人事で凋落させているんですね。
ネットの世界を知らない人は気付きませんよ。そうすれば彼の思惑が成就するって訳です。

No title

大変勉強になりました。
ハリウッド映画に影響されすぎというツッコミはまさに適確ですね。こういうのってトモダチ作戦の効果もあるんでしょうか。

あの紙芝居で集団的自衛権行使の必要性について説いてる時は実に詐欺師っぽいなぁと思っておりましたが、「間違い」というより、もう「嘘」だと考えております。
司法裁判所での判決も初めて知りました。
違反しすぎです安倍政権

言わずもがなですよね

「News for the People in Japan」の紹介リンクから参りました。

安倍氏の“軍艦が戦闘に巻き込まれた民間人を乗せて前線から退避”て例示、「機動戦士ガンダム」辺りから引っ張って来たのではないかと自分は思ってるんです。最初期にズバリそのものの描写がありますからね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

>1.武力攻撃の犠牲国が自ら犠牲となった旨を宣言せず、
>2.なおかつ集団的自衛権を行使する国に対して犠牲国が援助要請をしていない場合に、
>3.集団的自衛権行使を容認する規則は、慣習国際法上存在しない
>という判決を出しています。


この集団的自衛権に関する多数意見に対しては2名の判事が反対意見の中で批判を述べた。
アメリカ出身の判事シュウェーベル(英語版)は「侵略の定義に関する決議」を引用しながら、ニカラグアのエルサルバドルへの非正規軍派遣などの活動は「武力攻撃」に該当するものであり、アメリカの 集 団 的 自 衛 権 行 使 は 正 当 な も の で あ る として多数意見を批判した。

またイギリス出身の判事ジェニングス(英語版)は、国 連 憲 章 第 7 章 に よ る 国 際 的 平 和 維 持 が 実 効 性 を 欠 い て い る 状 況 で 、 多 数 意 見 の よ う に 自 衛 権 行 使 の た め 要 件 を 必 要 以 上 に 厳 格 に 課 す こ と は 危 険 であるとして、多数意見を批判した。
多数意見は 国 連 憲 章 第 5 1 条 に 「 固 有 の 権 利 」 と 表 記 さ れ て い る ことを集団的自衛権が慣習国際法上の権利として確立していることの根拠とし、確かに学説上も集団的自衛権が慣習国際法上国家の権利として確立していたことは疑いの余地がないことであるが、その行使のための要件のうち、武 力 攻 撃 を 受 け た 旨 を 被 害 国 が 表 明 す る ことと、援 助 要 請 を す る こ と という2要件が、当 時 の 慣 習 国 際 法 上 確 立 し て い た とした点について

十 分 な 論 証 を I C J (国際司法裁判所)は 行 っ て い な い とする批判も学説上有力である。



*-*-*-『ウィキペディアは信用出来ない』への追加反論コメント*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

>“トオリスガリ”さんとやら
>あなたのコメントはウィキペディア日本語版の「ニカラグア事件」からのコピペですね。
>ウィキペディアは誰でも都合よく書き換え出来る故、プロパガンダにも使えるんですよ。
>つまり信用出来ない。



では、pdfですがどうぞ。

http://www2.jiia.or.jp/kokusaimondai_archive/2000/2006-11_004.pdf?noprint

http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/refer/pdf/070804.pdf

「これもネットの情報だから信用出来ない」という反論をされる場合、このブログ記事にもブーメランが刺さります。

(編集機能を使って書き足しますが、表示されるのに「承認」が必要な場合、必ず「承認」してくださるようお願い申し上げます)

ウィキペディアは信用出来ない

“トオリスガリ”さんとやら

あなたのコメントはウィキペディア日本語版の「ニカラグア事件」からのコピペですね。
ウィキペディアは誰でも都合よく書き換え出来る故、プロパガンダにも使えるんですよ。
つまり信用出来ない。

お花畑返し

初めまして。
興味深く拝見しました。米国の「高価なものになります」に笑ってしまうほど説得力を感じました。経済の論理は常に厳然と存在しますものね。
そういえば、万が一集団的自衛権を行使することになったら、莫大な費用がかかることでしょう。1000兆円の借金抱えている身で、どこから捻出する気なんだか。日露戦争の戦費を借金で調達して、返済に日本が長く苦しんだことを思い出すと、実はここ大事じゃないの?と思いました。
集団的自衛権に反対する人に、賛成する人はきまって「お花畑」と言い出しますが、「お花畑返し」お見事です。

閣議決定してしまって、あーもー!とか思ってしまいましたが、確かにこれからですよね。支持率がはっきり低下したのですから、これから選挙が近くなるにつれて、自民党内でも意見が割れていく可能性は高い。ごもっともです。安倍さん個人のおじいちゃんリスペクトだかコンプレックスだかのために日本を勝手にいじられてたまるか、とあらためて思いました。

明晰でわかりやすい文章、素敵です。ご多忙のことと思いますが、お元気で、これからもご活躍ください。

No title

元都知事、石原何某が尖閣に火を付け寝た子を起こす事で始まった愚作家の妄想劇。自作自演で脅威を煽り右寄りの方々の後方支援を受けた安倍政権の隠れた功労者。集団的自衛権を何の躊躇いも無く賛成してる諸君は、正直その意味を分かってない、おめでたい人達ばかり。事例にだした懸念は、個別的自衛権と周辺事態法で、解決出来る話しばかり。Under Controlされていない福島原発、今目の前に有る脅威、人の命を疎かにしている連中が『国民の生命と財産を守る為』に、と言われても、何の説得力も無い。集団的自衛権という言葉の魔物に取り付かれている?『集団的自衛権』と言う一穴、ハードルに達したかっただけかも。それで満足していたら、大笑い。アルジェリア人質事件で、集団的自衛権が有れば救えたと夢想している輩?そもそも集団的自衛権を有する国々も、救えなかった。当事国の許可無く、軍を出す事など出来ないのだ。朝鮮有事の際も、韓国は許可無く、助けに入国する事は出来ないのだ
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。