遠隔操作事件:これでもう後に引けなくなりましたね

 遠隔操作事件での片山氏の起訴が決まりましたね。正式な起訴が行われる前日から、すでにマスコミに情報が流れての中の起訴でした。

 確固とした証拠があるというなら、なぜ、前回の勾留期限の時に処分保留で釈放などしたのか。真に動かぬ証拠などがないから、その時点で起訴できなかったものを、今更後に引けない警察に頼み込まれ、他の犯人の目星をつける努力をあえて怠って、裁判所が検察に甘い判定を下してくれることのみを期待して、片山氏起訴に固執したとしか思えない起訴と言っていいでしょう。

 もちろん、佐藤弁護士は、公判での戦いに自信を持っておられるようですが、トンデモな裁判官に当たったらどういう事になるかわからないのが、この国の司法の恐ろしいところです。

 しかし、この怠慢は、とてつもない高いものにつくでしょう。真犯人からのメール一本で、すべては粉砕され、そうなれば、もはや警察だけではなく、検察も取り返しのつかない傷を負うことになる。これも誤認逮捕で、しかも起訴したとなると、その場合の引責辞任は、警視総監だけではなく、検事総長にも及びかねないでしょうね。

(そういう意味では、あたくしとしては、この事態を、はたして「憂慮」するべきなのか、という疑問もありますが。)

 そして、もし、真犯人が「これ以上の知恵比べや冒険に危機感を感じて、警察と検察への復讐より、とりあえず自分が無傷で逃げ切る」選択をしたならば、まさに、私たちはリアルタイムで冤罪が作られていくところを見ることになるわけです。しょせん、このような事件を起こす犯人ですから、最後まで理知的なフェアプレイを期待する方が、無理なのかもしれません。

「引き返す勇気」
 その言葉を口にしたのは、笠間前検事総長でした。が、その「引き返す勇気」が、一番必要とされているときに、笠間前総長の言葉に耳を貸さず、もっとも安易な選択をしたゆえに、おそらく、致命的な打撃を受けることになるのが、紛れもなく検察ということになる可能性は、案外、近いかもしれません。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

五人めの 誤認逮捕

五人めの 誤認逮捕 昨年六月、横浜市ウェブサイトへ「鬼殺銃蔵」を名乗って横浜市の小学校で無差別殺人を行う予告から始まった一連のパソコン遠隔操作事件。 これまで4人が警

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析