IP偽装事件:検察と警察は青ざめているのではないでしょうか

 それにしても、単なる威力業務妨害なのに、まるで三浦事件や和歌山カレー事件を彷彿とさせるような凄い騒ぎのIP偽装事件。
 まるで犯人=有罪が確定したかのような片山容疑者。おそらく、彼の穏和そうな外観から、締めればすぐ吐くとでも思ったのでしょうか。
 本人の全面否認に加えて、あの足利事件の佐藤博史弁護士が弁護人となったことで、やや報道も引いているようなここ数日です。
 しかも、なんと、あの木谷明弁護士(東電OL事件でゴビンダさんの勾留請求を拒否した元判事)もが、片山氏の無実を確信しているということで、弁護団に加わられたこともあり、警察はますます追い詰められた状況となってきました。

 それにしても、なぜ、警察も検察もここまで取り調べの可視化を拒否するのか、不可解な限りです。よほど都合の悪いことがあるのでしょう。そこまでして、「被疑者に有利な供述」を証拠化したくないのでしょうか。質問の内容に根拠がないのが、バレバレだからでしょうか。
 それとも、よほど録画されたら困るようなことを言いたいのでしょうか。

 片山氏を取り調べた山口警部補は、一度たりとも、片山氏に「iesys.exe」について尋ねていないばかりか、どさくさまぎれに、片山氏が「C#」も扱えるかのような調書をでっち上げて、署名指印させ、つまり、無実の決定的な証拠を消し去ろうとしたことがすでに、弁護側から明らかになっています。これこそ、偽計業務妨害ならぬ、偽計による取調べというべきものでしょう。

 なんといっても、片山氏の母上に、勝手に、「親子の縁を切る」という文書に署名させようとして、片山氏を心理的に動揺させようとしたぐらいです。(もちろん、母上は拒否されましたが)

 ということで、何と弁護団は、被疑者に対する裁判官質問を請求する、という手で来たとか。つまり、裁判官に質問してもらって、それを録画する、と。

 で、昨日の東京地裁で、異例の潔白発言というわけです。
 http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20130227-1090768.html

 問題の猫については、すでに皆様からコメントでお知らせ頂きましたように、「江ノ島での『猫の撮影日時』と『容疑者の映った時間』のズレ」というまとめサイトで、詳細に分析されていました。
 http://d.hatena.ne.jp/satoru_net/20130211/1360566049
 
 片山氏が語る江ノ島での行動は、1月3日午後1時台にバイクで江ノ島に到着し、神社にお参りしたのち、商店を覗きながら、午後2時半頃、頂上に辿り着いたという。この日の人出は多く、大道芸などを横目に数匹の猫を抱いたり、写真を撮ったりした。そして、3時半頃には頂上を後にしたということです。
 その時間は、警察が持っている片山氏のスマホの写真のexifデータで確認されているはず。
 一方で、上記サイトでは、テレビ朝日(と思われる)ニュース番組の地元の人の証言で、
3日の夕方4時30分〜5時に見た時には首輪はなくて30分くらい後に見たときは(首輪が付いてた)
と紹介され、その証拠のテレビ画面のキャプチャも載せられています。
 つまり、ポイントは狭まってきていたわけですね。
 確かに、1月3日なら、5時半近くならもう暗い。犯人が首輪をつけるとしたら、監視カメラに映りにくい時間でしょう。
 
 もちろん、1月3日につけた首輪が1月4日付けの神奈川新聞に乗せられるわけがないので、100円ショップで買った首輪ははじめからふたつあったことになります。(この点は警察も認めざるを得ないはずです)
 だとしたら、昼間に撮られている猫の写真は、監視カメラが設置される前の、12月に撮影されたと見るほうがよほど自然でしょう。
 
こちらのサイト http://d.hatena.ne.jp/satoru_net/20130102/1357091600 によると、例の雲取山の写真も、偽造である可能性は高そうだし、そもそも、片山氏は、2010年頃から、毎週のように江ノ島に行って、猫に座布団まであげて可愛がっていたようだし、さらに最強の弁護団。警察はいよいよ苦しくなりそうです。

 

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パソコン遠隔操作事件 一度“釈放”して再逮捕 別件逮捕ありあり

2013年3月3日(日)  4人の無実の人々を逮捕した冤罪事件で、『真犯人』としてマスコミに報道させた 警察権力が、実際には、その容疑事実を固められないまま釈放せざるを得なかった

コメントの投稿

非公開コメント

警察・検察の犯罪

八木様

お久しぶりです。

警察・検察の犯罪行為(証拠捏造・調書捏造)は、日常茶飯事のようですよ。

私も、殺人未遂事件の被害者でありながら、所轄の折尾警察署の工作により、私の調書を捏造され、
卑怯な方法で、読み聞かせや閲覧もなしで署名・押印させられ、刑事訴訟法47条(訴訟に関する書類は、公判の開廷前には、これを公にしてはならない。)を悪用され、自身の調書の写しも取れず、泣き寝入りするしかなかった状況です。

検察(福岡地検小倉支部)も、警察に協力しているのか、書類送検されてきた案件の警察の不祥事の確認すら行いません。

警察・検察の意図的冤罪で言うと、飯塚の死刑執行された殺人事件は、取り返しのつかない大問題ですが、
それよりも悪質な、留置所での自殺(に見せかけた暗殺)。

記憶に新しいのは、角田美代子さんの自殺報道ですが、自分の服の袖で首を絞めて自殺したという発表。
自分で首を締めれば、早々(数秒)で落ちます(意識がなくなる)ので、自殺はできません。

過去には、北海道警が行った、首なし拳銃押収の自作自演で、協力者Sに対する見返りに、130kgの覚醒剤と2トンの大麻(末端価格150億円)の密輸を見逃すという裏取引。(覚醒剤使用で懲役刑を受けた稲葉刑事の告白)
その稲葉さんの上司が自殺し、協力者Sも留置所で、靴下と鉛筆で首を絞め自殺とありえない報道でした。

当然、そのような問題が発生しないように、留置所には監視カメラを設置するはずですが、
警察が都合の悪い人間を暗殺するためには、取り調べの可視化と同じで、都合が悪くてやらないのでしょう。
 
自分を犠牲にして、警察・検察の裏金を告発した、愛媛県警の仙波さんや 群馬県警の大河原さんや 大阪高検公安部長の三井環さんでしたが、組織犯罪の裏金ですから、現在も全く改善されていないようです。

消費税(税収)を上げる前に、公務員の犯罪を消滅させなければ、税金は寄生虫に全て蝕まれます。

日本の公務員は、自然淘汰される民間サービス業化することが、公務員改革の究極(到達点)だと思います。

以上

IPは偽装していない

あちこちの報道でも使われてますが、犯人が他人のPCを遠隔操作した事件であり、IPを偽装した事件ではないと思います。

No title

 北日本動物福祉協会の村田さんが2010年の10月27日に江の島で出会った男性は、片山祐輔さんではなくて、年齢、風貌、動物好きなことなどがそっくりの別人だったようです。

 「PC遠隔操作事件、私が、2年半前、江の島で出会った男性は別人」
 http://pub.ne.jp/withinuneko/?entry_id=4785119

 私はit弱者で、初歩的なこともサッパリですが、「bot」使いと思われる人物からの連ちゃん投稿をマイブログで受けた事がありました。投稿主は単独人物で、私を手玉にとっている事を見せつけながら書き込みを続けました。ひたすら削除で対応する私に、「ご苦労さん!」なんて書き込んでくる(口惜し~い)。

 4つのipアドレスは全て異なり、国も異なる。数時間の間に、イスラエル、中国、アメリカ、オランダから、その人物は罵言を送りつけてきました。
 同じipで国籍を偽ることは出来るらしいんですね、「クッキーに串を刺す」らしい(チンプンカンプン)。ネットの向こうの見知らぬ人が「出来ますよ、やってみましょうか?」と、テスト投稿をしてくれました。同じipアドレスで日本と米国発の投稿が送られてきた。「ipアドレスも変えられますか?変な奴の連チャン投稿は全部、国籍だけじゃなくipアドレスも違うんです」と問い返すと、さぁ、それは分からないと言っていました。

 

「日本常民『子供を守る』悲母観音大和撫子」

☆ ― 納得がいかなければ書名捺印をしてはいけません!! ― ☆

         《ノーと言う勇気を持ってください。》

その時の勇気がどれだけ大切か事故、事件が進むに連れ分かってきます。必ず・・・!


刑事記録を読んでいて「言葉とは難しいのだなぁ~」とつくづく感じました。

「ありました。」「あったかもしれない。」「あったようなきがする。」

それぞれ聞いた後の印象が変わります。

供述書は読み聞かせで署名捺印をします。

警察官、検事が読み上げ、その後に署名捺印をするのです。

私は検察で供述書をとっています・・・が、納得のいかないまま署名捺印をしました。

目撃証言の衝突位置のことで、目撃者の方から
「衝突位置が警察の誘導によって、自分の見たままではない違う所になっている。書き直してもらいたいのだが、警察に言ってほしい。」
と聞かされ、すぐに警察へと出向き伝えると、警察官に
「あなたが書き換えろと言っているのでしょう!目撃者が迷惑している!」
と言われ、2時間ほどやり取りをして、やっと目撃証言の衝突位置の聞き取り書き換が出来たのです。

しかし、検察の供述調書読み聞かせのときには「警察官の好意で衝突位置を直した。」と聞かされ「好意ではなく、やっとの思いで書き換えた。初めは警察は誘導で書いていた。」と反論しても「これでいいんです・・・」ときっぱり言われ、私はそれ以上いえませんでした。

この話については目撃者と私の利害関係に結び付けられていました。

読み聞かせなので、よく聞いてないとよく分からないし、語尾で意味合いが変わってきます・・・

皆様も良くご存知でしょうが・・・高知のバス白バイ事故、バス運転士の片岡さんも検察でブレーキ痕をはじめて見せられ、「気が動転し署名捺印した。」と来ています。

このとき「納得いかない場合はサインしてはダメだ!」と事前に聞いていたら考える余裕があったかもしれません・・・警察の捜査のときにも・・・

私も検察、検事に「余り言って印象を悪くしてもいけない・・・」「まぁ~それ位いいか・・・」と思うことがダメなのだと、つくづく感じました。

《ノー》と言える後押しがあれば、また違っていたと思います。

        ― 経験の元で書きました。―

これから事件、事故・・・何かに巻き込まれるこ事があっても、《ノー》と言える勇気を持っていてください。 

      忘れないで下さい。

あなたの人生。 家族の人生。 自分の回り・・・何もかも変わってしまうことを・・・

警察捜査、検察判断、裁判所判断が絶対に正しいとは言えません・・・よ。

戦う道を残しておきましょう!!

ノーと言う勇気!!

(転載元)愛媛県松山市白バイ事故・・母です
白バイ隊員の自爆事故により冤罪を受けた息子
http://blogs.yahoo.co.jp/toshikazu2355/2657904.html

No title

<無実の証明>になる1月3日午後3時30分以降の首輪なしの猫(ゆたか君)の写真。

未だ捜索中でしたら、

ツイッター@fairy_marie_

http://t.co/fW2thFNM

撮影時刻が不明ですが、{1月3日午後3時30分以降}に該当するかも???です。

佐藤弁護士にお知らせ願えればと存じます。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析