「世論調査」が崩れ去るとき

2010年10月といえば、わずか、2年2ヶ月前のことである。
ブラジルで大統領選挙があった。

最初から、大勢はほぼ決まっており、事実上、前大統領の後継者で労働党のジウマ・ロウセフと、新自由主義者のジョゼ・セラの一騎打ち、あとは泡沫と見られていた。

そして、結果はそうでなかった。

緑の党から選挙直前に立候補を表明し、「泡沫」と考えられていた環境派のマリーナ・シルヴァが、20.31%と3位につけて、決選投票のキャスティングボートを握る重大な第三極となり、首都ブラジリアでは、なんと41.96%と圧勝したのだ。

マリーナ人気は、Twitterでは圧倒的ではあったが、大手新聞の世論調査では、精々、2%から5%、最大でも8%程度と見られていた。インターネット人気と新聞の世論調査のあまりの乖離、そして、その結果のマリーナの大躍進は、ブラジルの新聞の「世論調査」のあり方自体に大きな問題があることと、その見直しを提起するものとなった。

むろん、マリーナ・シルヴァの大躍進は、ブラジルではインターネットを使った選挙運動が解禁されているということとは無縁ではない。彼女は、Twitterで支援者を公募し、各地で手を挙げたフォロワーたちが、自らの家を選挙事務所に提供し、宅配で選挙グッズを送ってもらって草の根運動を活発化させた。

それに引き替え日本では、インターネット選挙は禁止され、公示期間中はTwitterどころか、ホームページの更新さえ禁止されている。
また、若年層が多いブラジルに比べ、日本の場合は、大手メディアの影響を受けやすい高齢者ほど投票率が高く、若年層の投票率が低いという問題もある。

しかしながら、「新聞世論」と「ネット世論」の乖離の大きさは、今回の選挙でも多くの人が気づいている。

果たして、ブラジルで起こったように、「政策」が「大手メディアの世論調査や選挙予測」を凌駕するようなことが、日本でも起こりうるのか。

それはまさに、「脱原発」「反TPP」「反消費税」といった政策が、選挙結果に反映されるのか、ということでもある。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

未来へ向かって「脱原発」を

はじめまして、
3/11震災と原発事故以来、この国の根幹が腐っていることに気づいて、唖然としました。以来、新聞ではなくネットを検索して情報は自分でとることにしております。
今、小沢一郎と未来の党に、本当にがんばって欲しいと思います。
阿修羅にも投稿しましたが、「脱原発党」&「未来の党」の応援歌(替え歌)をつくってみました。未来の党が躍進して、本当にこの国が生まれ変わって欲しいと思います。
「脱原発」を歌って、「日本未来の党」を押し上げよう!

未来へ   原詞・原曲 玉城千春, 歌 kiroro
『未来へ』(替え歌バージョン,作詞 totoro)
「未来」を支えて原発をなくしてゆこう

ほら 世界を見てごらん
それは あなたの歩む道
ほら 原発をゼロに
それが 日本の未来

神様がくれた 美しいこの国
季節と自然が織りなす美しい大地
福島の事故が一瞬にそれを奪った
原発神話が消えたいま 一緒に脱原発

真実はいつも隠されているから
知らなくて怖いね だけど追い続けるの
自分の幸せだからこそ諦めたくない
みんなでいっしょに手を握り
一緒に歩みだそう

脱原発を 役人は嫌がり
メディアも国民をだまし

いま この国を見てごらん
それは 汚染された大地
ほら 世界を見てごらん
脱原発があなたの未来

その真実を時に見失い
安全神話が人をだまし

いま この国を見てごらん
それは 役人の天国
ほら 世界を見てごらん
脱原発があなたの未来

ほら この国を見てごらん
脱原発があなたの歩む道
ほら 世界を見てごらん
脱原発があなたの未来

未来へ向かって
しっかりと歩いていこう

八木さん、植草さん、岩上さんをはじめとする自律した言論が、この国と国民の意識を変えてくれることを願い、12.16投票所に出かけます。
(totoro)

No title

はじめまして、ブラジル在住の石泥と申します。
司法、立法、行政の三権がこうまで国民から乖離してしまった日本は
すでに国家の体を成していないのではないか、
はたして国民は主権を取り戻すことが出来るのか、と、
異国の空のもと気を揉む日々を送っておりましたところ
八木さまの検察当局との戦いをネットを通じて知り、
胸のすく思いで、ご活躍、拝読させていただいております。

ブラジルの政治状況に関する御言及で
もしかしたら十分な情報をお持ちでないのかもしれないと思いましたので、
まことに僭越ではございますが、以下、付加情報ということで
幾つかの事項についてご参考までに説明させて頂きたく存じます。

ブラジルで実施された2010年の大統領選挙では、当選したディルマ・ロウセフ氏(労働党)と
米国傀儡新自由主義政党であるブラジル社会民主党(!)候補で当時のサンパウロ州知事であったジョゼ・セラ氏、
それに「緑の党」のマリーナ・シルヴァ氏の三つ巴の闘いとなりました。
正確にはディルマ氏がかなり優勢だったのですが、マリーナ・シルヴァ氏の出馬で票を減らし、
過半数に僅かながら届かずディルマ対セラの決選投票となり、ディルマ氏が制して
ブラジル初の女性大統領として選出されました。

このマリーナ・シルヴァ氏、じつは、前ルーラ労働党政権で環境大臣をしていたのですが
当時の法務大臣で現南リオ・クランデ州知事のタルソ・ジェンロ氏が
「環境NGO等を通して外国政府機関等から資金を得ている政治家がいるので厳正に調査したい」と言った途端、
さっさと環境大臣を辞めて労働党を離れ、緑の党に鞍替えして大統領選挙に立候補したという経緯があります。
マリーナ氏はUSAID(CIAのソフトパワー代行業者である米国国際開発庁)や
NED(全米民主主義基金)等米国の海外援助機関やNGOと深いつながりのあった
環境活動家のシコ・メンデス氏の前妻でメンデス氏が(用済みとなり?)殺害された後は上院議員をしていました。
マリーナ氏が選挙戦を戦うにあたり、労働党のディルマ氏に投票されるであろう女性票を奪うべく
マルチ商法に限りなく近いと噂もある化粧品大手ナチューレのCEOがマリーナ氏の副大統領候補に指名され、
サンパウロ圏の女性票を集めたわけです。

このマリーナ氏、こともあろうにディルマ大統領が臨席したロンドンオリンピックの開会式で
なんと五輪旗の旗手の一人として登場したというとんでもない食わせものです。
米国大統領夫人ミシェル・オバマ氏隣席の開会式でサラ・ペイリン氏が旗手の一人として登場すれば
英米の外交問題に発展していたでしょうが、ロンドンオリンピック委員会はブラジルのような
バナナ共和国だったら構わないだろうということでマリーナ氏に旗手を依頼したのでしょう。
GDPでイギリスがブラジルに抜かれて6位に転落したのが余程悔しかったのか、
或いはビルマのスーチー氏の如く、将来的にマリーナ氏を利用するための仕込みなのか…。

中南米、東欧、アジア、アフリカなど途上国や新興国で活動する「緑の党」は
NGOを通して外国政府から資金供与を受けたり、
政権に食い込めば現地政府の予算をNGO経由で多国籍企業側に流すため執行したりと
所謂新自由主義の尖兵の様相を呈しているのが現状です。
コロンビアでFARCの人質となっていた「緑の党」の上院議員イングリッド・ベッタンクール氏解放のために
フランスの化粧品大手総帥ベッタンクール女史の意を受けたサルコジが躍起になっていたのは記憶に新しいところです。

NGOと新自由主義との関係については
http://landdestroyer.blogspot.jp/2012/02/empires-double-edged-sword-global.html

オーストラリアから

地震 4号機 無事でよかったです。

次の事故、日本は世界から孤立すると 思います。

オーストラリア 原子力発電所ないです。 (非商業的原子炉は1)
地震は オセアニアプレートに乗っているので、巨大地震は過去にもないです。
資源国ですが、石炭 LNGほか、国際価格です。
炭素税を導入して、電気代高くなりましたが、
原発ないと日本の電気料金2倍などとは、ほど遠いです。


ネガキャン 嫌いですが、
作ってみました^^;

道頓堀(とんぼり)人情
替え歌 
とんでも人情


わめき散らすのに 入れるのあほや  
すぐに変わる 公約に
いれたらあかん いれたらあかん 維新には
夢がない 厳しい明日を とんでもは
維新捨てたら あかりが灯り
きっぱりきょうから 浪花を守るのさ

2
有名なぐらいで 入れるのあほや
事故が怖いよ いつの日も
負けたらあかん 負けたらあかんで 原発に
連れとない やさしい街に 慎太郎
不安拾うた 東京の影さ 
まっ赤に流れる 浪花の心意気

中南米民主化から学ぶこと

長らくアメリカの裏庭といわれてきた中南米の民主化を近くで見てこられた八木さんのメッセージに勇気を頂きました。また、Democracy Nowにご出演された時のメキシコでのエピソードなどとても勉強になりました。
フリードマンの提唱した新自由主義の実験場となった中南米で軍事政権と戦った名も無き民衆がいた事とか我々日本人で知っている人は本当に少ない。
日本は明治維新から戦後体制まで外圧によって成立した民主主義なので、国民が自ら勝ち取ったものではないので、八木さんが告発されている郵便不正事件や陸山会事件の闇などにはなにか鈍感というか危機感が希薄というか、とても危うさを感じています。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブラジルにおける大手メディアによる大衆操作の失敗

今年10月、ブラジルでは統一地方選挙(全国一斉の市長、市議会議員選挙)が実施され、
与党労働党(PT)を中核とした左派政権系が党別最多得票を獲得するなど勢力を伸ばし、
連立政権に参加している中道のブラジル民主運動(PMDB)が現状維持、
買弁新自由主義派の中核であるブラジル社会民主党(PSDB)は激減、
旧軍政系の買弁右翼政党である民主党(DEM)も激減、
しかし沈没しつつある民主党から分派した新党の社会民主党(PSD、紛らわしい)が
国民の目をうまく欺いたのか票を伸ばすという結果になりました。
10月28日にはサンパウロ市やクリチバ市、サルバドール市など
一位候補が過半数に達しなかった都市において市長選挙の決選投票が実施され、
左派が着実に支持を伸ばしています。
サルバドール市ではなぜかカエターノ・ヴェローゾが応援した
かつての買弁右翼政治家マガリャンェスの孫が勝ってしまいましたが、
(カエターノ対ジルベルト・ジルの戦い?でカエターノに軍配)
サンパウロ市では2010年の大統領選候補だったジョゼ・セラ氏が
労働党の前教育大臣フェルナンド・ハダッジ後補に破れました。

これはブラジルに住んでいる人以外、
とくにBBCやフィナンシャル・タイムズ、CNNなど英米の報道、
或いはそれらを経由した日本の大手メディアの報道にだけ接している人の目には
異常な選挙結果のように映るかもしれません。
なぜなら、選挙期間中であるにもかかわらず、
いや、選挙期間であるからこそというべきなのか、
まるで野党の買弁新自由主義派の選挙戦を利するかのように選挙運動期間にぴたりと合わせて
2005年から06にかけて明るみになった前ルーラ政権の「汚職」
(Mensalao、『大手当』と呼ばれています)事件の判決公判が最高裁で行われ、
連日すべてのテレビ局や大手新聞、週刊誌等で大々的に報道されて
左派労働党政権は大手マスメディアによるネガキャン一斉攻撃に曝されていたからです。

このMensalao事件とは、ブラジル労働者党(PTB)のジェファーソン党首関係者が
「郵政汚職」で賄賂を受領している録画付きで週刊誌VEJAに告発されたところ
メディアで芝居気たっぷりに
「あれは労働党(PT)から頼まれた」と逆告発したことに端を発します。
告発者のロベルト・ジェファーソン元議員によると
2003年当時、少数与党として政権に就いた労働党(PT)ルーラ政権の
官房長官であったジョゼ・ディルセウ氏と労働党のジョゼ・ゼノイーノ党首が
他の少数政党を糾合して政権を盤石なものにしよう、
法案ごと是々非々の所謂オリーブの木方式で乗り切ろうと、
ブラジル労働者党(PTB)の党首である自分に
法案通過への賛同と票の取り纏めを働きかけてきたので
広告代理店経営者と共に労働党の宣伝費でもって
他党議員を資金援助する仲介をさせられた、と、いうことで、
ジェファーソン氏は「贈賄だ!資金洗浄の片棒を担がされた!」と「告発」し、
そのことが議会における票の買収と見做され、汚職として事件化されたものです。

例えば、日本で「未来」が連立政権を組んだところ
政権に潜り込んできたキワモノ政党の党首が
自らの収賄で挙げられたにもかかわらず、
「小沢氏に票の取りまとめを頼まれて資金洗浄に加担させられた」と騒ぎ立て、
野党、メディア・検察総がかりで小沢政権を潰しにかかる、
といったようなシナリオを想定していただければ解りやすいかと思います。

事件後、ルーラ大統領は後継者とまで目されていた官房長官のジョゼ・ディルセウ氏や
当時の通信大臣で古くからの「戦友」でもあったグシケン氏(無罪確定)を泣く泣く切り、
事件で世論が沸騰していた2006年に再選を果たしました。
この事件、知り合いの弁護士や法学者に聞いても、
法理学的に立件するのは非常に困難であるとのことで、
仮にジェファーソン氏の申し立て通り公的資金を受けている政党が他政党に資金を回したのならば、
公金の不正支出と、それに伴う会計操作が資金洗浄に当たるという形でしかうまく立件できないだろう、
それでも証拠面では完全に無理があり、決め手となるのは告発者の証言だけしかない、
つまり「ジェファーソン氏の証言以外に有力な証拠はなにひとつない」ということなのですが、
なぜか「最高裁の政治判断(!)」で有罪続出、
選挙期間中マスメディアは浮かれて連日大々的に報道していました。
労働党政権に対する見事なまでのネガキャンです。

こちらの最高裁は(上院や下院、大統領府も)専用TVチャンネルを持っていて、
審理がリアリティーショー並みに中継されるので見世物としては興味深いものがあります。
ベネズエラやアルゼンチンのように新自由主義派、保守派、左翼嫌いの裁判官が多数を占めてはいますが
それぞれキャラが立っていて裁判官同士で罵り合ったりと見せ場を作ってくれます。
もしかしてスポンサーが付いてるんじゃないかと疑ってしまいそうなくらいです。
買弁メディアのGLOBOにいたっては、確たる証拠がないにもかかわらず有罪判決を連発する
ブラジル初のアフロ・ブラジレイロ系最高裁長官ジョアキン・バルボーザ氏を
次期大統領候補に担ぎ上げようというキャンペーンまで始めたくらいです。

そのような状況下でもなお労働党を中心とする左派が地方選挙で『予想外の躍進』を果たしました。
ブラジル人は、1964年から1985年まで21年間軍事政権の報道統制に曝されてきたからでしょうか、
軍政や米国に媚びへつらっていた大手マスメディアを
容易に信用しない本能のようなものをいつの間にか培っているのかもしれません。
ちなみに新自由主義派候補に有利な調査結果ばかりを公表していたGLOBO系世論調査機関IBOPEは、
選挙後、調査を「操作」した疑いで告発されました。

#日本でも選挙結果が世論調査と大きく異なれば、公選法違反で告発可能では?

ジョゼ・ディルセウ氏に対しては第二回投票の直前に懲役10年10ヶ月という量刑が下されましたが、
日本で小沢一郎氏に対し検察・マスメディアが行なってきた人物破壊と酷似していることに驚かされます。

ディルセウ氏の有罪確定後、
ブラジルのマスメディアにおいて展開が予想されるのは、
任期満了まで80%以上の国民から支持を得ていたたルーラ前大統領に対する
形振り構わぬ人物破壊でしょう。
新自由主義陣営にとって「ルーラの時代」
「左派のルーラが切り開いた黄金時代」がブラジルの歴史として刻まれることは
是が非でも避けたいというのが英米も含めた大手メディアによる日々の報道姿勢から明らかに伝わってきます。

隣のアルゼンチンではクリスチーナ・キルチネル大統領が身を挺し、
大手メディアの独占解体、つまり実質的なClarinグループ独占体制の解体と
メディアを民主化する法案が通過しましたが、
Clarin側から裁判所への不服申立てにより一時的に施行が停止しています。
法案通過を恐れたClarinによる激しいネガキャンが一期目にもまして
執拗かつ持続的に繰り返され(例の鍋叩き動員など。今月初めのやつは酷かった)、
実質的にはClarinというフィルターを通してからしか情報を得ていない海外メディアも
まるでキルチネル氏が無能な独裁者であるかの如く報道していますが
じつは巨大メディア相手に孤独な戦いを続けているのです。

ここブラジルでもクロスオーナーシップ廃止や政府からも
コーポレートパワーからも独立した報道の完全自由化など
メディア改革の議論が沸き上がってきましたが、
GLOBO、VEJA、フォーリャ・デ・サンパウロを軸とする
買弁系大手メディアの激しい抵抗に遭っています。
これら買弁系大手メディアは「(スポンサーである企業や広告代理店が
メディアをコントロールできないのは)言論の自由を踏みにじるものだ」など
じつに不思議な、資本の論理でしかものを考えられないのか、と、呆れてしまうような反論を展開し、
政府からも資本からも独立したメディアのあり方を目指す完全自由化に大反対しています。

それでも、先の選挙でブラジルの多くの人たちがメディアに踊らされなかったことは幸いと言えば幸いです。

つい長々と書きすぎました。申し訳ありません。
私の主観もかなり混じってはいますがブラジルの政治状況を説明させていただきました。
八木さんの益々のご活躍、心よりお祈りいたします。


#リクエスト
厚かましいお願いですが、できますれば八木さんの歌う
Solo le Pido a Dios https://www.youtube.com/watch?v=SIrot1Flczg を聴かせてください。

No title

あなたのブログの様なに、今の日本では大手のメディアと個人のブログやtiwwiterでは、少し異なる事はあるでしょう。
それは、各メッディアが対象とする世代とブログなどで発言をしる世代の意見の差異ではないしょうか?な
ぜ若い世代は老年の世代に比較して、投票場へ足をはこばないのでしょあう。衆議院議員一人当たりの有権者の数の問題もありますが、若い世代がもっと選挙に行き、投票したらよいでしょう。しかし、この意見も前回の衆議院議員の選挙での予想にはあてはまりません。もう3年半も昔の事でよく覚えていませんが、その当時、大手のメディアの世論とブロクなどの世論が乖離していたでしょうか。そうではなっかたと思います。民主党のあれほどの圧倒的な勝利を予言した新聞は少なかったかもしてませんが、もしかしたら政権交代が起こる可能性は予想して、報道していた様に記憶しています。日本ではあなとのブログの主張ほどの乖離はないのでは?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

世論操作

世論調査と称して誰が強いか発表し、そのリードしている候補者が勝つ現象をバンドワゴン効果と言うそうです。悲しいかな、人間なら勝ち馬に乗るのが常ですんで。読●や朝●新聞がやる世論操作をmixiやツイッターなどによってバンドワゴン効果を防ぐ方法をとれないかと考えていますが何か方法がないものでしょうか。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
11月29日(水) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析