スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大話法より派生した法務話法?

一週間ほど前、郷原先生が、すごいブログ記事を書かれていましたので、いくら何でもまさかと思い、7月31日の参議院法務委員会の中継を見てしまいました。
森ゆうこ議員の、「佐久間報告書におけるアンダーライン」に関する質問で、です。

○政府参考人(稲田伸夫君) この報告書は、原案を佐久間元部長が作成したものでございまして、それを最終的に齋藤が確認をして署名をしたものでございますが、この佐久間が起案した際に、小沢氏への報告などに関する石川氏らの供述については、小沢氏の事件に係る起訴相当議決において共謀に関する直接証拠と位置付けられている重要な証拠であり、他方、検察はそのやり取りについて具体性に欠けるなどと評価していたので、そのやり取り部分などが検察審査会に分かりやすいようにするため、その一部にアンダーラインを引いたと認めたものと承知しております。

8月28日にも、

○政府参考人(稲田伸夫君) お答え申し上げます。
 今御指摘のアンダーラインは、石川氏の供述に係る部分でございますが、特に収支報告書の不記載等に関する報告にかかわる部分でございまして、この部分につきましては、起訴相当議決、これは第一次の際の起訴相当議決でございますが、これは共謀に関する直接証拠と位置付けられる重要な証拠であるというふうにされたところではございますが、他方で、検察はそのやり取りにつきまして具体性に欠けるというふうに評価していたわけでございまして、そのやり取りの、その具体性に欠けると評価されるやり取りの部分などが検察審査会に分かりやすいように引いたものというふうに考えております。

すごい。すごすぎる。
冗談かと思っていましたが、開いた口がふさがりません。
さすがにあの報告書を書いた人たちだけのことはあります。
東大話法の華麗なる進化形という感慨すらあります。

普通は、アンダーラインというのは「重要」な場所を強調するためのものですが、法務検察では、「具体性に欠けるなあと評価したところ」に引くものなのだそうです。
それが、世間一般の常識だと思っておられるのだそうです。

横書きの文章の中で、強調・注意すべき語句の下に引く線。下線(かせん)。

という大辞泉も

心覚えや注意をひくため、横書きの文章の必要な箇所の下に線を引くこと。また、その線。下線。

という大辞林も

ある文字を強調したり,目立つように文字の下に引かれる線のこと.

というコンピュータ用語辞典も

ぜーんぶ「間違っている」と、少なくとも「法務省と検察庁では、間違っている」ということなんですね。そうなんですね。
来年から司法試験を受ける方は要注意です。法務省の書類では、アンダーラインを引いている箇所は、「具体性に欠ける部分」をさすのだそうです。
じゃあ、これから私たちは、どうやって、「具体的に強調したい箇所」を示せばいいんでしょう?

落合洋司先生に、
こういった惨状を呈するまでに至っているのは、特に知能犯捜査について、従来の手法では供述が取れなくなり、証拠に基づかない、裏付けられない「見立て」が暴走し証拠を見立てに合わせてでっちあげてしまうような捜査が常態化し、それが表面上、結果において成功したかのような外観を呈してきただけに(検察盲信の裁判所や提灯持ちのマスコミのアシストも得て)、一種の薬物中毒者のような状態になり、気がついたら体中がボロボロになっていた、というのが現在の姿でしょう。
 http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20120910#1347262770

とまで書かれてしまった検察ですが、一方で、「小学校の国語の時間に作文の悪い所を赤鉛筆で先生に指摘された事を思い出した。これと同じじゃないのか」というご指摘もあります。
特捜の報告書は、小学校の作文レベルということですが、それならそれで、そんなものを検審にわかりやすくするために出すというのが、そもそもおかしいし、それが自作自演というのももっと不自然。
こんな言い訳を、捜査のプロ中のプロが真面目に国会で答弁するのは、苦しまぎれや滑稽を通り越しています。

やはり、検察はいっぺん解体するしかないのでしょうか。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

既存の検察組織は一度完全に解体するしかないと私も思います。

その理由は郷原さんに投稿した文に有りますので下記します。

検察の正義が議論されていますが,市民の基本的人権の尊重を基盤とする民主主義国では日本の「検察の正義」と言う概念が受け入れられるのでしょうか?

民主主義国家で議論される正義とは市民の人間としての基本的人権を擁護し,各個人の持つ能力を最大限に発揮出来る社会、政治組織を構築することと思います。
貴殿が著書やブロッグで述べられている、検察の正義と言う概念は、封建制度時代にお上が下々どもを統治し秩序を維持する為にお上にとって最も適した概念だと思います。正義の適用はお上の独占事項。罪を犯したとして泥縄をかけ白州に引出すか否かはお上の独断的状況判断のみで客観的な判断は不必要。泥縄を掛けられるのは疑いもなく悪人であり、どのように裁くかは慈悲深き代官様次第。引出された罪人が素直に自白し,後悔の念にかられるならば情状酌量の余地ありと聞くも涙の思いやり。無実を主張でもしようものなら、東山の金さん宜しく,片肌を脱いで入れ墨をみせて,高飛車に叱咤。解らなきゃ解るまで牢屋いり。(東山の金さんはもっと庶民的感覚で社会正義を思っていた方かもしれませんのでここでの引用は失礼に当たるかもしれません。)
その時代のお上の正義と現在の検察の正義は同じ概念に基ついていませんか?
検察の「起訴独占主義」、「起訴便宜主義」を使っての「刑事司法の正義」はその時代の民を治める意識の継続ではないでしょうか。
「日本の刑事司法自体が、検察官中心主義,法廷での審議より、検察官の取り調べで真実が明らかになる」と勝手な主張をしているのです。

検察は正義という考えは市民の基本人権を完全に無視した一方的なお上が統治する為の守りの封建時代の概念でしか有りません。
郷原さんの著書 検察が危ない 第5章 検察革命 には検察の「伝統的機能」と「社会的機能」の説明の中で」市民を(A)(B)とブロックに分けられグループへの検察の対応を書かれています。
即ち
(A) 伝統的機能:社会の底辺で、犯罪者という社会からの逸脱者の行為を事後的に処理する事であり,検察の判断が破壊的経済的に大きな影響を与える事は殆どなかった。
(B) 社会的機能: 政治家、高級官僚、経済人,企業人等社会の中心部で活躍する人間摘発の対象とされ、社会生活や経済活動に対して重大な影響を与える。
社会のどの位置に属した者でも人間としての市民としての基本人権は同じです。
犯罪容疑者を社会からの逸脱者と位置つけ、「過去の問題としてかたずける」この態度は基本人権を無視した検察の取り調べ、自白強要は冤罪を生み出す等の問題以上に基本的人権の無視を普通と見なす体制をつくりあげ、あげくには民主主義そのそのものを踏みにじる体制に転換していく。彼らの人権を徹底的に擁護する態度こそが社会的、政治的に地位ある人達への検察の非民主主義的行為で社会を混乱させる動きを未然に防げる基盤となると思います。
拘留を数ヶ月,更には一年以上も裁判にもかけず容疑者を拘留するのは基本的人権の完全なる無視以外何者でもない。テロリスト容疑で裁判にも掛けずキューバのグアンタナモ米軍基地や民主主義体制を無視する国々で長期間拘留するのと同じです。
己が正義を決める概念に固執する体制の下に成り立っている検察,更には司法制度が彼らの手で革命的変革は出来ないと観るのが常識でしょう。

「革命的変革」は現在の正義を独占する非民主主義理念を基とする現在の司法検察組織内では出来ません。出来るのは現状維持をベースとする方法的改善のみで問題を一時的に覆い隠すだけです。必ず将来同じ事が起こります。
過去とにしがらみを徹底的に払拭させて、 基本人権を尊重する民主主義の下に世界の基準にそった司法と検察を創造すべきです。

世界人権委員会にでも提訴して,外からの圧力で政府指導の基本的改革へと進める等も考えられますが既存の世界人権委員会の組織では加盟国への勧告等は出来ないでしょう。
欧州人権委員会は各加盟国に勧告したり、欧州裁判所の判決が加盟国の裁判の判決に影響を与えています。
欧州人権委員会の役割,各国の司法制度の比較等で問題点を明確にさせていくのも方法ではないでしょうか。

弁護士の使命は 「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」と有りますが,検察且つ司法に従事する者の使命も同じです。

以上
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。