検察崩壊:密林を飛び出して書棚を探索するのも一興かと

 関西でのライブを終えて、すっかり歌手に戻っておりました。ぶっ飛びピアニスト吉田幸生さんも、本領発揮しまくって、すごいピアノを弾いてくださいましたね。
 ご来場の皆様、本当に、ありがとうございました。

 さて「検察崩壊」
 発売一週間で、4刷りという凄い勢いでございますが、Amazonでは、発売直後から遅配連絡のあげく、1週間から3週間待ち、ついには、「在庫切れ; 入荷時期は未定です」と表示されるまでになってしまいました。幸い、今日は「通常2~4週間以内に発送します。」に戻ってますが。
検察崩壊
 って、新刊だろうが!

 出版社の説明によると、増刷はしているのですが、取次との間でトラブルが起こったようです。  
 Amazonは不思議なところで、戦場ジャーナリストの常岡さんの人質本のときも、発売2日で、取次のトラブルで在庫無しになるということが起きたそうですが、どうもネットで人気のある、お上に都合の悪いことを書いた本は、品切れになるという超常現象が起こるようです。

 幸い、大手書店にはあるようですので、皆様、お手数ですが、酷暑も多少落ちついたようですので、どうぞお気軽に、お出かけください。ただし、一部の大手書店では、新刊のはずなのに、なぜか「新刊コーナー」になく、発売一週間で4刷にまでなっているにもかかわらず「話題の書」のコーナーにもなく、4階のわかりにくい「警察・司法関係」などという,よほどのマニアでないと行かないような棚にひっそり並べていたりするようなところもあるようです。
 もし大きな書店で、見あたらないときは、どうぞ、明るく(けっして攻撃的にならず)、書店員さんに、「『検察崩壊』ってどこにありますか?」と訊いてみてくださいね。

 また、地域の図書館にも、是非、リクエストなどして広めていただけるとありがたいです。この本が無視できなくなれば、検察審査会だって、うかつな審査ができなくなるはずだからです。

 さて、それで「検察崩壊」ですが、ある一部の対談においては、対談というより取調べみたいで、カメラマンがドン引きしてた、とか、66ページの写真がまじ怖すぎる、とか、ある別の対談で、郷原弁護士の方がドン引きされていたところは、校正で削除された、とかいう噂は置いておきましても、ほんとに、小川元大臣、大坪元副部長の内容が凄すぎます。

 率直に申しまして、小川大臣。当会から出した要請書をシカトされていた(と見えた)恨みもあり、「指揮権発動発言」は、アリバイ作りじゃないかとずっと疑っていましたが、この場をお借りして、己の不明を深くお詫び申し上げます。あの、ネット流出報告書と反訳書の読み込みと分析、さすが、法曹三者経験者とあって、本気を出したら、只者ではいらっしゃいません。
 あの郷原弁護士ですら見落としていた盲点の指摘など、のっけからスペシャルゲストにふさわしい存在感で、いらっしゃいました。

 そして、白眉の石川議員の対談です。問題の66ページはここです。
 こんな目で睨まれたら、なんでも喋ってしまいそう.....と言ったのは、別の方ですが、ここでは、元検事の郷原先生が、検察になりかわって、「聴取」なさったそうです。
 もちろん、罰ゲームとかではなくて真剣な聴取です。

 そこで出てきた真実とは.........目次にも出てくる「田代報告書のやりとりは勾留中にもない『創作』」「『記憶の混同』が絶対にあり得ない理由」。
 いや凄いです。これだけで、最高検報告書木っ端微塵、というぐらいの破壊力です。
 でも、実際に存在していた方の「ヤクザに関するやりとり」の中身も、これまたすごいんですよね。確かに混同しようがないわ、これは。
 てか、こんだけの話をこの場の思いつきで、(しかも、66ページの状況で)石川さんが創作で語れるようなタマだったら、石川さん、そもそも、逮捕されて有罪になったりしてませんよね。

(いまだから言っちゃいますが、この対談の書き起こしをチラ見させていただいて、うちの会では、すでに作りかけていた検察審査会申立書を全面破棄して、速攻で、石川氏に質問状を出し、8月23日の申立書と添付資料を作り直したのですよ〜。)

 で、大坪元大阪地検特捜部長。あの方です。
 世紀の逆ギレを見せてくださっています。
 そらそうでしょう。
 前田恒彦元検事を特別公務員職権濫用罪で刑事告発し、それが不起訴+不起訴相当くらったので、あの事件も結局トカゲの尻尾切りで、うやむやにされてるじゃないかという立ち位置のあたくしといたしましては、大坪氏に対する視線には、実はかなり冷ややかなものがあったのですが......
 
 でも、これはないですよね。
「前田の言葉を信じたのは、捜査のプロ中のプロとして信じがたい」「被疑者の弁解のみを尊重するような捜査は論外だ」
 それを言った大阪地検犯人隠避事件主任の長谷川充弘検事が、なんと、この最高検報告書にもかかわって、記憶の混同を正当化しているわけですから、
 それは、お前にだけは言われたくねえって気持ち、判りますよ。

 そもそも、大坪さんは、著作「勾留百二十日  特捜部長はなぜ逮捕されたか」(文藝春秋)の表紙裏の、いまどきめずらしい肉筆原稿の写真を見て以来、この方ひょっとして、そもそもワープロソフトの仕様とかプロパティとか全然わかっていなかったんじゃないか(つまり、前田に騙されてハメられたんじゃないか)という疑惑がありまして、したがいまして、どうやら、小川元大臣とは違って、流出報告書や反訳書もご自分でロシアのサーバからダウンロードしたのではなく、郷原弁護士提供のものを読まれたようです。(それもきっと、メールでpdfファイルを送ってもらったのじゃなくて、プリントアウトしたのを宅急便で送ってもらったと推察)

 しかし、朝日にスクープされたその日に、否認しているのに逮捕された前田に比べ、そして、否認を続けていたがために、120日も勾留を受け、かつ有罪判決を受けている大坪氏や佐賀氏に比べ、田代は、公判で問題になっているにもかかわらず、「記憶の混同」で不起訴。上司も問題にされないっていうのは、それは納得できないのは当然です。
 でも、ここでは、大坪氏は、ただ納得できないと愚痴をこぼしているのではなく、凄腕の特捜部長に戻って、問題の資料の分析と法的問題を明らかにしています。郷原氏との対話はまさに、言葉こそは丁重ながら、実際の捜査会議のような迫力と凄みが。

 まあ、こういう方々に比べれば、あたくしなどは、はかなくかよわい糸トンボのようなものですが、章見出しを、「アナログの恐竜に挑むデジタルの蜂」にしていたら、

「八木さんたちの会が蜂ってことはないでしょう」と、郷原先生に却下されてしまいました。
「まあ、あたくしには、そんな棘や毒針はないってことですか?」(*^_^*)
「いえ、そんな弱々しいもんじゃないってことで」
(以下略)

 という会話があったのは、ここだけの話です。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

姫路の図書館には、とっくに蔵書願いを提出していますが・・・楽しみにしています。他のサイトで読後感想文も読んでいます。私のサイトでも、ずっと、情報は追いかけています。頑張ってください。微力ながら応援しています。

図書館リクエスト

先日、図書館へリクエストしました。

No title

「検察崩壊」1冊買って読み、贈呈用に買い増ししようと思い本屋に行きましたが、どこの本屋も2~3冊しか置いてなく、更に新刊だというのに、書店の奥の方の棚に縦に(背表紙しか見えない形で)入ってました。
やはり、なんらかの圧力等あるのかも知れません。
とりあえず、各書店で、棚から本取り出し、平積みされている本の上に並べてきました。
あとは、時間の取れるとき、各所に電話し、書店に在庫願いを、図書館に蔵書願い出すことにします。

本が入荷しました。

本日、姫路の図書館の蔵書として入荷しました。面白いですね。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析