スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高検報告書:まともな神経じゃやっていられませんわよね

ただいま、申立書を作成するため、衛星回線を通じて弁護士さんたちとやり取りをしておりますが、当会のイケメンチームは、皆さん、(過去はともかく現在は)まっとうな紳士淑女ばかりなんで、ほんとにあまりにもひどい最高検報告書に、みなさん、扱いに困っていらっしゃいます。

なにせ、中身が、ほとんどスピンの世界ときていますので、それだけにまともに正面から反論すると、レベルの低すぎる争いに終始しそうですし、かといってまるまる無視すると、鬼の首とったみたいに「反論できない」みたいに言われても嫌ですし。
あ、この感覚、なにかに似てると思ったら、ネトウヨ(のなかでもとりたてて頭悪い人)との不毛な論争みたいですね。

不起訴をお決めになったのは上の方なんでしょうが、司法試験受かって、長い年月、エリートとして検察庁に奉職していらっしゃった方々が、こんなみっともない重箱の隅を必死でほじくり返したみたいなレベルの報告書書かなきゃいけないなんて、ほんとに情けなかったでしょうね。お察しします。

細い衛星回線で届いた噂によりますと、最高検の多少まともな方たちには、田代検事を在宅起訴とする声もあったようですが、
「そんなことをすれば現場で暴動が起こる、なぜなら田代検事よりもっとひどい調べをしてきた検事が庁内にたくさん残っている」ということで、まともじゃない方たちに押し切られたんだそうでございます。

なんといいますか、かなり救いがないですね。

まあ、元特捜検察検事の由良秀之氏の執筆されたミステリ小説『司法記者』でも、特捜検事が、被疑者にされた方を脅しまくって、無理矢理、事実とぜんぜん異なる供述調書に署名をさせてしまうシーンなどが生々しく描かれておりますので、まあ、明らかにそのモデルになったんじゃないかと推定されるようなあの方とかこの方が、検察庁の中で出世しちゃったところが、もうほんとに、そういう異常な状況をデフォルトにしちゃったんですね。

(ああ、この本は本格ミステリとして楽しめるのはもちろんですが、そういう「モデルは誰かな」捜しでも楽しめる作りになっているようで、昔を思い出して泣いちゃった人もいるそうです)

それにしたって、誰が見たって明らかな上司の責任、というか、犯罪が、事実上、不問とされて、田代検事一人の個人責任におっかぶせられたことについては、現場の検事たちには不満が溜まっているとのチクリメールも頂いております。
そりゃそうですよね。これじゃまともな人はたまらない。

でも、喋べらないでいてくれたら、不起訴ですませてやるからなんて言われて、真実を語らない田代検事が被害者かっていうとそうでもないと思いますよ。
確かに、石川議員の録音がなければバレなかった事件ですし、彼の調べは、暴行や暴言を加えたわけでもない。そして、問題の報告書だって、おそらく自分の意志で作ったわけではない。
告発されている(そして検審に申し立てられる)偽証だって、やりたくてやったわけではなく、最高検からの指示を受けてやったことでしょう。

だけどね。多少脅されたからって、喋べらないことで、結果的に「思いっきりヤクザの手下が親分をかばうようなこと」をして、この世紀の大犯罪の隠蔽のために大貢献しちゃったんですから、やっぱり被害者じゃなくて、加害者なんですよ。むしろね、ちゃんと真実を喋ってた方が、確実に裁判で執行猶予がついたと思うんですよね。

不起訴で減給の自己退職だから、法曹資格剥奪にならないと思っているんでしょうが、弁護士会だってそんなに甘いかなあ。

ということで、あたくしたちは粛々と田代検事の検審申立の準備を進めております。
今しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

7月10日の参院予算委で、森ゆう子議員が法務省の刑事局長に、検察審査会に関わる出張記録問題で、質問をしていました。相変わらずの答弁振り。議員は、最後に委員長に、この件の集中審議を要求しました。国会で真実を追及するのと、併せて、或いは先んじて、検察の暗闇を明らかにする八木さん達の追求を期待し、支持しています。

No title

検察、裁判所と言う、司法、行政の中で国民の正義、信義の砦と信じていた国民をこれほど信頼を裏切った組織の行動はかっての日本国では戦前の軍部官僚と新聞報道機関の体制翼賛会の中で起こっていたことと非常に類似しており、戦前の暗黒社会、思想検察特高の暗黒社会、国民監視社会の恐怖を感じています。
まして今回の小澤裁判は登石判決に始まり、検察審査会の疑惑、西松事件の検察の暴走、極めつけは田代検事の虚偽報告書の作成、検察組織の小澤犯罪者への組織的な犯行がネットに流出すると言う前代身未聞の事態になっています。
国民衆人環視の中で、田代検事の犯罪を確認できる事実は確認できなかったとはこれが天下の検察の言い分とはあきれる限り、こんなに劣化した検察行政組織は「国民の敵、反逆」でこそあれ、「正義の味方、巨悪を眠らなさい公正信義の館」と大見得を切った地検特捜、高等検察は
実は「巨悪の巣窟、犯罪の元締め、不公正の館」であったと国民に知らしめた、とんでもない犯行を満天下に知らしめています。
八木啓代さんご指摘の「低レベルの言い分」「まともな神経ではやってられない」気持ちは同感です。
国民の一人として最後まで応援し見届けるまでは死ぬに死ねないぼけ老人の一人です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

多くの国民は、天下りがあっても、官僚を「国民の生活の保護者」であると信頼してきた。
ところが、311以後この組織は国民を困窮させる組織であると、気が付いた。

どうにも出来ないもどかしさの中、八木さんの行動に注目しています。

法廷検事と調書作成検事

検察官一体の原則から取調べ検事が法廷に立たないのは問題ない・・と考えていましたが、
微罪事件ではどうなんでしょうか?

http://blogs.yahoo.co.jp/rurounotaminoran/archive/2012/7/18
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。