とことん追い詰めます:佐久間元部長と斎藤副部長に3回目の告発です

 さて、しつこくまたまた、霞ヶ関に行ってまいりました。
 法務省のイケメンを引っかけに行ったわけではなく、そのお隣の双子ビルの検察庁でございます。
 ええそうなんです。法務省の建物と検察庁の建物は,ツインタワーになっていて、中はつながっているのです。まあ、そういうご関係、ということですね。

 で、本日の訪問は、またまた告発でございます。
 これまた急に決まりまして、会員の皆様にお知らせしたのが、昨日の午後。
明日6月14日木曜 午前1030分に霞ヶ関に集まれるという方で、告発参加者を緊急に募ります。
 という、我が儘そのものの依頼メールに応えて集まってくださった方が、なんとまたもや20名以上。

 今回のお題は、佐久間元部長と斎藤副部長を、虚偽有印公文書作成及び行使、です。
 それって、前にやってるじゃん、と思われた方、素晴らしいご指摘です。そのとおりです。

 ただ、前回のは、例の、ICレコーダーと全然違う田代報告書が、田代検事ひとりの創作であるわけがないという点を突いた「虚偽有印公文書作成及び行使の共犯」だったわけですが、今度は違います。

 6月8日の日本経済新聞に、「虚偽捜査報告書の作成問題に絡み、検察審に提出された田代検事作成とは別の特捜部副部長名の捜査報告書、(つまり斎藤報告書)は、実際には佐久間元部長が執筆していたことが、7日、関係者の話で分かった。」、「関係者の話によると、元部長は検察審に示す目的で、再捜査で収集した証拠内容や分析結果などをまとめた報告書を執筆した。報告書の提出先が特捜部長となるため、報告書への署名を副部長に求めたという。」と出てたんですね。

 あのね。実にさらっと書いてくれてますが、これ、立派な「虚偽有印公文書作成及び行使」じゃございませんか。

 そういう報告書の代筆はよくあることだというようなことを、検察関係者の方は記者さんにご説明になったらしいですが、あのね、そういうことは「よく」あったりしちゃいけないの。公文書なんですから。
 よくあるからとか、他の人もやってるから、という理由で犯罪にならないわけでもないの。

 それも、期日までに作らなくてはならない形式的な書面を、担当者が病欠したからやむを得ず同僚が....というようなものではありません。
 そもそも、自分宛の報告書をなんで自分で作らなくてはいけないのか。

 どう考えたって、佐久間氏が作っていることを隠したかったからですね。そして、部下が報告しているかのように見せかけたかった。もちろん、検審審査員を騙すために。

 というわけで、告発に出かけたわけです。
 告発状は、ここをクリック

 が、さすが天下の検察。ツイッターをご覧になっていたようで、すでに検察庁の建物に近づいている段階で、警備のおじさんが「あ、来ました」状態です。
 検察庁の前に着いたときには、もう事務官の方にご連絡が入っておりました。

 で、すみやかに中に案内されまして、代表として受付に行きますと、「あ、もう聞いておりますが、一応、受付表にご記入ください」
 ああ、もうすべてセッティング済みです。会議室では椅子を並べておられ、すみやかに事務官の方々も降りてこられました。ハイスピードです。

 こちらも、もう4回目ですので、すっかり慣れて、告発状の左上をホッチキスで留めて揃えるなど、形式はちゃんとできておりますので、その間、ほんとに10分ぐらい。

 そのあと司法記者クラブで記者会見をいたしまして、解散したわけですが、すべてが、きわめて速やか。

 えー、検察の犯罪なんて、そうそうあっては困るんで、こんなことに慣れちゃいけないんですが。すでに異常な事態が普通になっているというのが怖いところです。

 そして、夕方、事務官の方から丁重なお電話がありました。
「先ほど、ご提出の告発状ですが、本日付で受理となりました」

 その日のうちに受理って.....
 どんだけ信用あるの、うちの会って...... ? ひょっとして好かれてるとか......?

 とはいえ、いままでの告発の延長ではなく、田代報告書以外の報告書を初めて本格的にターゲットにした告発状です。
 これが犯罪の全貌を明らかにするための一助になることを願ってやみません。

 記者会見とインタビューの映像 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/19879

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

検察部長が自分向けの報告書を副部長の名で書く、己の描いた虚偽を正当化させるのが彼らの日常茶飯事である証拠ですね。これはある独裁国の話ですか。民主主義にもとずく法治国家では有りませんね。
人生の半分以上を海外に住んでいる私には日本の良さがよくわかるだけに美化しがちでもあり、日本には日本なりの文化と歴史に基ずく民主主義があると言っていましたが、どうも間違いの様ですね。日本は形式的民主主義国ですが実質は官僚及び検察の独裁国の様ですね。マスコミの支持を受ける彼らが八木さん達の行動を少数派と侮り表面は慇懃な対応なれど結局は無視するのではないかと危惧します。皆さんの行動が大多数の国民のサポートを受けているとの事実を大集会や大デモで持って誇示する、大手新聞連も記事として書かざるをえない大衆の動きを見せるのが必要ではないかと思う。もし真の民主主義に転換する歴史的またとない機会をミスすると日本は完全に官僚と検察に支配された国と成ります。中近東で起こった民主主義を要求する国民の蜂起が必要なのは日本かもしれませんね。

No title

昼からに転載するつもりでしたが、一刻も早くと考え直して、今、私の関係するブログヘ投稿してきました。

次から次へと見事なものですね。 期待しています。 

No title

八木さんが一連の告発活動を開始されてから、ずっと心で支持し、
周囲にも伝え、一生懸命「この会を支えたい、自分にできることを
して、後押ししたい」と思っている者です。

昨日の会見の動画、拝見致しました。
ターコイズのお洋服と、ネックレスとイヤリング、素敵です!!!
視線を下に落とされた時、アイシャドウにもターコイズがあり、
なんといいますか、今の季節にふさわしい「決然たる意志」が
全身で、演出されていたように思います。
さすが、舞台に立つ方は、ご自分の演出方法をよくご存知だと
思いました。

会見の内容も、肝にして要を得ており、非常にわかりやすく
明晰で、すばらしいものでした。
私達国民が「行動を起こす」ことが、今や異常の極みになった
この国の司法の在り方を、少しずつまともな方向へ持っていけ
るのなら、どんな苦労も厭わぬーこう考える人が、確実に増えて
きています。
どうか、日本がまともな国になれますように・・・。

No title

「八木さんが一連の告発活動を、ずっと心で支持し、周囲に伝え、一生懸命「この会を支えたい、自分にできることをして、後押ししたい」と一般市民としての基本的な義務、支持し、周囲に伝え、自分でできることをする、を素直に表現される方々が波及的に広がれば日本の将来も明るく成ると期待します。このような思いを起こさせる八木さんの心と知性と行動力を我々も持つ努力をしなければいけないと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
11月29日(水) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析