大暴露の裏側:正直言うとびびってました

 ええ、ネット上ではかなりの騒ぎになっております。
 実は、例のファイルをダウンロードするには逡巡いたしました。なんたってロシアだし。
 ただ、幸いなのは、私の使用マシンはMacですので、TimeMachineで、中身をぜんぶ外付けハードディスクにバックアップを取ってあります。

 なので、この外付けディスクを切り離しておけば、最悪ウイルスをダウンロードしてしまっても、完全に初期化して、TimeMachineのバックアップデータ入れれば済むことなんで、誘惑に抗しきれず、

「えいやっ」
スクリーンショット(2012-05-03 19.50.22)
 とやっちゃったわけですね。
 そしたら、次にまた別のページに飛んだんで、もうドキドキしました。

 幸い、私の使っているブラウザのGoogle Chromeには、拡張機能で自動翻訳をつけていたので、ロシア語なんですが、だいたいわかる。
 で、画面の指示に従ってダウンロードし、そのpdfファイルを開けてみたら、「まさか」の本物っぽい文書が出てきたわけです。

 メールは右の写真。

 問題はこれが本物がどうかです。手の込んだイタズラってことはないと思いましたが、Photoshopなどで切り貼りした感じはないので、思い切って公開することにしました。

 今日の昼になって、有田芳生議員が

どこ?田代報告書は実物入手していますから、確認できますが。RT @tagawakatsumi: @aritayoshifu ロシア語ブログ経由で田代政弘検事5/17捜査報告書、斎藤・木村報告書の全50P流出か。本物の可能性大。掲示板阿修羅・政治の2番目。ご確認を!
 http://twitter.com/aritayoshifu/status/197913455590772736

私が入手した田代検事の報告書と同じです。T @ld_blogos: 有田先生、編集部の田野と申します。八木さんの記事に衝撃を受けております。RT 田代報告書は確認できますが。◆大暴露:とんでもないものが届きました - 八木啓代 blogos.com/article/38220/
 http://twitter.com/aritayoshifu/status/197924402548056064

と、本物であることを確認。
有田議員はすでに、3月22日の法務委員会でこの報告書を紹介されていたという。
(つまり、メディアの他、国会議員にも流れていたのね)

その後、郷原弁護士も

貸切バス事故に関連して、久しぶりに「安全と競争」について考えていた間に、大変なことが起きていたのですね。今、ロシアのサイトにアップされたファイルを見ましたが、私が入手した報告書の実物と同じですね。それにしても、何で、ロシアなんですかね?(続く @nobuyoyagi
 http://twitter.com/nobuogohara/status/198011366236372993

....となると、それなりに出回っていたわけで、もはや流出元はまったく特定不可能でしょうね。
もしかして、メールもうちの会だけではなく、他の市民グループやメディアなどに送られていたのかもしれません。

それで、報告書をざっと見ましたが、

1.田代報告書は「多少の捏造」とかではなく「徹頭徹尾、全部、でっち上げ」

2.やはり噂で聞いたとおりの斎藤報告書。おお、ほんとにアンダーラインがあるぞ。
で、田代報告書やその他の(証拠却下されたような)供述調書の、小沢氏が不利になりそうな部分ばかりを集中的に引用し、さらに下線まで引いて強調している。かなりの悪意丸出し。
 たしかに「消極証拠」も出しているが、「積極証拠」6(しかも長文)に関して、消極証拠は3。それも「可能性ないとはいえないこと」といった弱い否定。
 明らかに検審誤誘導の意図が見え見えです。こんなのはとても、消極証拠をきちんと挙げた不起訴理由の説明とは言えない。

3.木村報告書、これは3通あるのですが、いずれも悪意に満ちている感じです。要するに、小沢氏がどんだけ怪しいかということを羅列した作りになっていて、想定弁解など、これまた検審議決を意識しているとしか思えない内容です。

すでに、GoogleDocにも漏洩しているようです。
http://news.livedoor.com/article/detail/6527225/
これだとスリリングな思いをしなくても、ワンクリックで見られますね。

明日、郷原弁護士から、この文書についての解説があるようですので、楽しみに待ちたいと思います。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も本日のMSGに追加させてもらいました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

八木啓代さま
阿修羅、大反響ですね、たくさんの人たちが八木さんの発信する情報に喝采を送っています。でも、
ラ・ロッシュフーコーの言葉にもあるように、「あまり利口でない人たちは、一般に自分に及びえない事柄については、何でもけなすもの」。ですから、利口でない方々の嫉妬や、おバカなみなさまの的外れな攻撃に、ぜひとも、気をつけてくださいませ。ほな、さいなら(^O^)/

No title

当方は、自己責任で・・・。の段階でダウンロードして拝見しましました。ロシアのサイトはウィルスやスパイウェアーの混入が多いと聞いておりましたので。セキュリーティーソフトの感度を最強にし、まあ、OSを再インストールすればいいかと思って、指示通りすると、漏洩捏造捜査報告書と録音書き起こし文を閲覧することができました。(ファイルを開く前に左クリックでウィルススキャン)

現段階では、誰が暴露したのか想像もつきません、検察内部・国会議員・外国スパイ・意図的なリーク・その他???
漏洩元はどこであれ、検察庁内で落胆と怒りが渦巻いていると思います。尚、この情報は今の所ネットばかりで、新聞には掲載されていないので、実の両親にライブドアの記事を教えました。

今般の案件について、漏洩元が日本の公務員でしたら「被疑者不詳」で「公務員の守秘義務違反」でアクションを起されるのでしょうか、それはないにしても、しばらく、検察庁の動きに注目して行きます。

総じて、検察の自業自得ではないでしょうか。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

PDFファイルの簡易解析

八木啓代様
URL情報をいただいたので、ファイルの中身の詳細をお知らせします。
バイナリエディタでPDFの中身を見てみました。

rep1.pdf

Producer(iTextSharp 5.1.2 \(c\) 1T3XT BVBA)
PDFファイルにしたソフト名とバージョン

CreationDate(D:20120501190305+09'00')
ファイル作成は2012年05月01日19時03分05秒
(後半の+0900は日本時間に設定されている機械を意味する)

ModDate(D:20120501190305+09'00')
編集日時も同じなので、編集はされていない

Creator(Pdf_as)
作成者名 Pdf_as

同様に
ishi.pdf

Producer(iTextSharp 5.1.2 \(c\) 1T3XT BVBA)
PDFファイルにしたソフト名とバージョン

CreationDate(D:20120501190551+09'00')
ファイル作成は2012年05月01日19時05分51秒

ModDate(D:20120501190551+09'00')
編集日時も同じなので、編集はされていない

Creator(Pdf_as)
作成者名 Pdf_as

No title

毎日新聞2012年5月5日メディア欄に掲載には、「強制起訴事件」の報道のあり方は!と、柱見出しをたて_毎日新聞の報道姿勢_民主の報道批判(毎日新聞の反論)_と彼らが犯してきた「デマやゴーク」報道を正当化して、相も変わらず執念深く「対決姿勢」を際立たせている。
毎日新聞は、「開かれた新聞」委員会を始め、「●●時評」等に多くの紙面をさいて信頼される情報提供を目指すと標ぼうしているが、日経にはそのような紙面はない。記者の「偏狭な狭い論点設定」を戒めたものだろうが、このようなことが必要とする新聞は、もはや退場願いたいものだ。
柳田邦男は「責任追求優先の精神風土反映、事故の構造分析取り組み未熟」と酷評したことがあった。
一方、TBSをみれば「日本の戦後民主主義」から抜け出せない「火宅の人」に代表される井上弘に代表されるように、報道機関という狭いコミュニティでは、「日本の戦後民主主義」を清算できない守旧派がトップに居座り、ささやかな既得権を手にデンと構えてテコでも動かない姿勢をさらしている。ウイキペディアによると、新入社員訓示、定例記者会見で数々の暴言を吐いている。
こんな輩が、よもや東大の社会学部を卒業したとも思えない。こんな輩が「日本放送連盟会長」に、鎮座おわすのが、我が国のマスゴミ業界である。
真っ向から対立する意見を毎度、毎度執拗に並べたて、対立をセンセーショナルに強調して視聴者や読者の興味をあおる手法。
いわずもがな、センセーショナルな報道に仕立てるのは、業績を伸ばすための最も簡単な近道ではなかろうか?当方は日経の他、朝日、毎日の3誌をこれまで、世の中の公器として購読していたが、毎日,TBSの「どぎつさ」、「偽善」、「真理や真実まで犠牲とした「建前」と「本音」の使い分けの報道にうんざりし、吐き気までモヨウスしてきた。それでも、報道は「社会の公器」であることから、息子のいう「つまらないものは買うな」では、済まされぬと購読したり視聴もしてきた。しかし、こうした「マスゴミ」の姿勢は、ブレの多い「日本社会」の安定度を著しく損なわすのである。よって、連休明けから、このグループからは購読もしないし、視聴もしないこととする。息子流にいわせてもらえば、「マスゴミ」こそ「規制改革と構造改革」が必要なのである。

小沢潰しというよりは

っていうか裁判有罪率99%以上という異常の国ニッポンですので、これは氷山の一角で捏造は検察がこれまで当たり前のように行い続けてきたことなんじゃ。

OCR認識されていることについて

お疲れ様です。

ひとつ気づいた事がありますのでコメントさせていただきます。

公開された捜査報告書は割り印や手書きのサインだけがイメージで
その他の部分は文字認識されています。

イメージスキャナーとか、コピー機で読み取ったデータはイメージデータです。
だから文章をコピペできない状態のPDFファイルになるはずです。
この流出した捜査報告書のishi.pdfの31ページなどは
付箋紙を張ったあとまでありますが、その周辺は文字認識されています。

なのでこのような高度なOCR認識機能がある複写機はめったにないと思います。
まさかロシアに高度な日本語OCR機能付きのDocuWorksのようなコピー機が置いてあるはずもありません。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
3月30日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析