無罪判決の敗者:もう後がありませんわよ

 まあ、当然といえば当然なんですが、無罪判決でした。
 といいますか、この裁判で有罪判決だったら、もう日本の司法は完全に崩壊したようなものですから、わたくしは日本を見捨ててしまおうかと思ったぐらいです。大善裁判長も別の意味で、歴史に残られることになったでしょう。

 とはいえ、判決前に、民主党の中では、かなり「小沢有罪」説が流れていたというのは本当です。若手の議員さんたちに揺さぶりをかけてたようですね。ただ、ほんとに有罪だとわかっていたら、「判決前」に揺さぶりをかける必要はないんですよね。
 これはいわゆる「政治的駆け引き」というやつでしょう。ただ、司法判断をそういうことに使うのはいかがなものかと思いますし、そういうことに使われる裁判だったという点でも、不幸だったと思います。
 政治的な思惑や野心や思い込み、さらに保身などが複雑に絡み合うことで、些細な話が複雑になり、小沢氏が「大物政治家」であったがゆえに、「大きな事件」になった、というのが、この陸山会事件だったと思います。
 本来なら単純な話が、「親小沢」「反小沢」のレッテルで歪められ、しかも、まさにそういう形で、立法府や報道も暴走し、本質が見えにくくなってしまったというのが大きいでしょう。

 で、判決前後に飛び交っていた、いろいろな「情報」のうち、同様に論理的に考えると、巷で流れている、「すべては最高裁事務総局が仕組んでいる」というのも、信憑性は低いと言っていいでしょう、すべてを悪の秘密結社・最高裁事務総局が仕組んでいるなら、そもそも検察は偽報告書なんて作ってまで審査員を誘導する必要ないんですから。

 もちろん、最高裁に問題がないと言っているわけではありません。検察審査会にはそれはそれで、疑惑があるのは事実です。補助弁護士選任の問題、平均年齢の怪、くじ引きソフトの問題、謎すぎる運営....。
 これはこれで、近日、いろいろ調査したいとは思っていますが、しかし、それでも、すべてを最高裁事務総局が完全に仕切っているというのは、気持ちとしては、「わかりやすい巨悪」っぽくていいのですが、論理的に無理があるのです。

 じゃあ真相は何なのか。
 だからそれは、地味~に追求していくしかないのですよ。
 そして、少なくとも、今明るみになっているのは、検察の巨大な問題です。
 その点で、琉球新報が素晴らしい社説を書いてくださっているので、ぜひ、ご一読を

 供述を検察が「ねつ造」したことが明らかになったからだ。大阪地検の証拠改ざんもあった。断罪されたのは検察の体質そのものと言える。もはや検察の調書は信頼できない。取り調べを全面可視化するほか信頼回復の道はない、と法務当局は認識すべきだ。
 今回、「ねつ造」された供述はそのまま検察審査会に送られ、強制起訴の根拠になった。検察審査会の在り方も議論すべきだろう。
 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-190529-storytopic-11.html

 結果として、この事件がなければ、検察の問題点というのはここまで浮き彫りにならなかった。検察が膿を出すきっかけになればと思います。

 いずれにしても、小沢氏の判決前日に、頑張って、告発状を出した意味はありました。判決後だったら、単に「それ見たことか」って、いかにも勝ち馬に乗りに行った感じですものね。

 で、判決文を、ざっと読んでみたのですが、単に、弁護側の主張を全面的に認めていないというだけであって、一部報道にあるように、「指定弁護士の主張をほぼ丸呑みにして、主文を聞いていなければ有罪かと思う」ような判決ではないというのが、正直な感想。
 なんたって、指定弁護士の「偽装・隠蔽」説などは「そのような効果があるかには疑間があり、そこまではいえない。」と、あっさり否定されているのだ。

 要するに、政治資金規正法の点で、収支報告書には10月に記載するべきであったということは認め(ここ、すでに石川裁判でも、裁判所がそう判断していることでもあるし)、それを翌年回しにした動機は、「大金持っていると思われて、マスコミに叩かれたくなかったからじゃないか」「でも、悪質な隠蔽とか偽装ってほどのことではない」

 ものすごく平たく言うと、
「収支報告書の書き方は間違っていた」(そもそも間違っていないという弁護側の主張は×)、「4億円は借入金だった」(借入金じゃないという弁護側の主張は×)「石川秘書の言ってることはややいい加減」(いい加減じゃないという弁護側の主張は×)
 だから、10月に記載するべきだったものを翌年回しにしたのは間違っているし、たぶん、わかっててやったのであろう。
だけど、指定弁護士の言うような、偽装とか隠蔽とかいう悪質なものじゃない」

 で、その「共謀」については、あくまで陸山会が土地を取得したわけで、小沢氏本人が取得したわけではないし、原資についての説明も信用できる。しかも銀行などとの交渉はすべて石川議員がやっており、細かいことまで全部把握していたとは思いがたい。秘書の裁量も大きかっただろう。

 とはいえ、銀行からの借り入れの署名などをしたときに、まったく意味が分かっていなかったわけはなく、秘書から説明を受けて、そのこと自体は把握し、了承していたはず。

 だから、指定弁護士のいうことにも相応の根拠がある。

 しかし、だからといって、小沢氏が細かいことを全部わかっていたのか、というと、微妙。そもそもなんの証拠もない。
 石川議員の話や、小沢氏の話をまるまる信じられはしないにしても、そんなもので有罪にはできません

 という感じでしょうか。
 最後のあたり、特に大事ですよ。「相応の根拠がある」というのは、「正しい」と言ってるんじゃなくて、「一理あることはあるけど、やっぱり無理ね」って意味だから。
 メディアが伝えたほど、「限りなくクロに近い無罪」とは思いません。
 非常に、当たり前というか......。

 いちおう、先に結果の出た秘書判決を踏まえて(だから秘書さんたちにはやや厳しいのですが)、でも、(検察以外の)皆さんの顔を立てた、まっとうな判決なんじゃないでしょうか。

 で、検察はといえば.....。
 この判決でも、予想通り、大善裁判長から、検察に厳しい言葉が出たのです。

 手続き的には「問題がない」のと、検察審査会の問題について審議したり、検察官の罪状について究明するのは、この訴訟から逸脱するという理由で、公訴棄却にならないだけで、

「検察官が、公判において証人となる可能性の高い重要な人物に対し、任意性に疑いのある方法で取り調べて供述調書を作成し、その取調状況について事実に反する内容の捜査報告書を作成した上で、これらを検察審査会に送付するなどということは、あってはならないことである。

「検察官が任意性に疑いのある方法で取調べを行って供述調書を作成し、また、事実に反する内容の捜査報告書を作成し、これらを送付して、検察審査会の判断を誤らせるようなことは決して許されないことである。本件の証拠調べによれば、本件の捜査において特捜部で事件の見立てを立て、取調べ担当検察官は、その見立てに沿う供述を獲得することに力を注いでいた状況をうかがうことができ、このような捜査状況がその背景になっているとも考えられるところである。しかし、本件の審理経過等に照らせば、本件においては事実に反する内容の捜査報告書が作成された理由経緯等の詳細や原因の究明等については、検察庁等において、十分調査等の上で対応がなされることが相当であるというべきである。」

 そうなんですよ。判決の中で、一番厳しく叩かれていたのは、他ならぬ検察の捜査だったのです。

 いや、これはね。検察の方も、受けていただくしかないですよ。
 ここまでいわれて、田代不起訴となれば、検察と裁判所の仁義なき戦いが始まるしかないじゃないですか。

 となると、やはり、例の報告書が、もうすぐ焦点になってきそうですね。
 すでにもう噂の段階を通り越して、大手メディア関係者の方は、ほぼ入手されているようですが、私にも誰か見せてくれないかな。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

素人を騙す 検察の犯罪

素人を騙す 検察の犯罪 検察が暴走している。疑惑を煽っている垂れ流し報道。大物政治家・小沢一郎が強制起訴されたのが2011年の1月。 検察が起訴を断念したのに検察審査会(検審)は二回の議決。ん、検審という仕組みも怪しいぞ。 一般市民から選ばれ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大善判決に関する鋭い丁寧な解説はさすがですね。
このように真っ当な解説コメントが地上波テレビでは全く報道されていません。
むしろ小澤真っ黒無罪とか政治的道義的責任を国会で果たせと相変わらずの小澤バッシングです。
そのうえ、検察の調書虚偽記載についての判決の指摘については、さらっと素通り
のコメントのみで、批判もコメントも全く見られません。
説明責任は記者クラブメデイアの総括であり、今までの検察リーク報道垂れ流しの反省もなく、小澤無罪判決にがっかりの報道姿勢に憤りを感じています。
八木さんがテレビに出演し、上記のコメント、解説をする機会を与える勇気ある
テレビ局は出てこないのですかね。
やはり検察審査会の闇の解明が今後急激に進むことを期待します。
ここからパンドラの箱が開けられ、司法権力乱用の闇の解明が一歩進むことを期待し日本再生が始まるように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

八木さん、お疲れ様です。今回の無税判決、八木さんたちの働きがとても大きかったと思います。

報告書のねつ造は許せない犯罪行為ですが、もうひとつ、マスコミへの「リーク」も今回の事件では、被疑者(小沢さんたち)へのダメージの大きさから考えると許せない犯罪行為だと思います。

検察官が捜査上の秘密を「司法記者クラブ」に漏らし、マスコミ各社がそれを大々的に報じる。
これだけで「人物破壊」という目的の大半は果たせることになります。
今回の件に限らず、捜査情報を漏らした検察官が処罰されないのは摩訶不思議としか言いようがありません。
ついでと言っては何ですが、検察とマスコミが正常な関係に戻れるように、是非この切り口からも愛情を持って攻めてあげて下さい。

大手マスコミの罪

今回の小沢裁判は、検察の暴走もさることながら、メディアの犯した罪も大きいのではないかと思います。
そこで、大手マスコミを名誉毀損罪で告発することは出来ないのでしょうか?
ネットメディアの影響で、少しは状況も改善しているとはいえ、まだまだ多くの日本人は、テレビ・新聞の影響で、小沢氏に対し、「悪」、「金の亡者」といったイメージを持っていると思います。
だから、国民の目を覚まさせる意味でも、検察リークで誤報を垂れ流し、特定の政治家を徹底的に貶めて、謝罪もしない大手マスコミは断罪に処すべきだと思います。

小沢判決

検察そのものの体質を鋭く批判されていますね。大賛成です。トラクバックをつけようと、してみましたが、やり方を忘れていました。

八木様大変お疲れ様でした

八木さんお疲れ様でした。

八木さんの菩薩様のような活動に尊敬していつも拝見しておりました。

全くテレビ、新聞、テレビのコメンティターいっていることは偏向意見のなにものでもありません。

私はテレビ、新聞、コメンティターの言っていること、流れる報道は、ばかばかしくって聞くに耐えられない。

だんだんこのように感じている方々のうねりが大きくなっているようにも感じています。

小さな気づきはやがて大きなうねりとなって
     事実を報道しないこのおかしな時代を変えて行く大きな力にいずれなることに希望を持ち始めています。



プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析