覚悟をお決めになるのがよろしいかと:東京地検刑事部に捜査要請書第二弾を突きつけてまいりました

 というわけで、捜査要請書第二弾を、本日、東京地検刑事部に提出してまいりました。

 そりゃそうでしょう。裁判所が石川氏の調書をすべて証拠却下してしまったのですから、もはや、公判への影響への懸念もへったくれもないのです。捜査を遅らせている理由がなくなってしまった。
 それ以上に、昨日のブログで書いたように、大善裁判官の証拠理由書は、まるで当会の告発状を足並みをそろえたかのように、田代検事が『記憶の混同』によって、事実と違う記載をしたという説明が「にわかに信じられない」と叩ききり、しかも、田代検事一人の問題ではなく「組織的な関与」にまで踏み込んでいる。
 裁判所がきっぱり否定したものを、検察はどういう理屈で肯定し、裁判所が認定したものを、検察は、どういう証拠で否定するのでしょうか。

 ということで、これがその、第二弾の捜査要請書とプレスリリースです。

 捜査要望書
 プレスリリース

 とはいえ、ただいま私、国外で、まったく畑違いの仕事をしておりますので、当会の副会長2名、事務局長、理事が文書提出に霞ヶ関に赴きました。

 ここのところ、もう得体のしれない集団だと気持ち悪がられていないのか、それとも依然として得体がしれないからこそあたりさわりない扱いなのか、単に八木がいなくてまともそうなメンバーばかりだからなのか、今回も、非常に丁重な対応をしていただいておりますが、今回は、文書課ではなく、刑事部事務担当統括官の方がわざわざ降りてきて、書類を受け取ってくださったそうでございます。

 で、「なぜ、(前回と同じ)文書課じゃないのですか」と訊ねたら、「どういう方たちか会ってみたかった」と言われ、捜査要望書に目を通すと、「第三弾もあるんでしょうか?」とお聞きになったそうです。
 もちろん、当会からは「そちらの対応次第です」と答えさせていただきました。

 なんで、その場にいない八木が知ってるかって?
 そりゃもちろん、ネットのおかげでございますよ。

 それにしても、気にしていらっしゃるのですね、刑事部も。
 もしかしたら、担当検事さんは、頭をかかえていらっしゃるのかもしれません。
 でも、抱えてる場合じゃないのです。検察が国民の信頼を取り戻せるかどうかの瀬戸際なのですから。目先の体面や不祥事解決の前例やどこかからの圧力で、検察という組織の持っていた良き部分までも、完膚無きまでに破壊してしまってはなりません。
 検察の中の、良心のある方々に訴えたいのです。

 自力で膿を出してください。
 これが最後のチャンスなのです。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もはや白旗をあげるしかない検察と裁判所

”鉄のトライアングル”という言葉がとんと聞かれなくなっている。 これは、政・官・財の利益共同体を指す言葉であった。 この言葉がほとんど死語になってしまったのは、トライアングルが崩壊したためではない...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「健全な法治国家のために声をあげる市民の会 」

という名の通り、会の皆様の素晴らしい行動力には脱帽です。
もう少しですね
私も検察の中の良心ある人達に期待したいです

これからも健全な法治国家のために声をあげ続けてください
勇気ある行動にありがとうと言わせてください

ありがとう、一市民としていつも感謝しています



あこがれ

なんて素敵な行動力。
ドラマ以上の情熱を感じます。
八木さん達が情熱大陸で放送されたらおもしろいと勝手に妄想してます。

応援しております

今までの勇気ある行動力に尊敬です。

心より応援させていただきます。





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

小沢裁判には感歎怒!

みちのくに生息するラテン音楽愛好者の端くれで、八木さんのエネルギーには心底から感服に絶えません。
今までは良くは存じ上げませんでしたが、これを機にトコトン尾行を続けて監視?の目を注ぐ意向ですので悪しからず覚悟の程を・・。
以前、田沢湖方面へ招致された際には参席できなかったのが心残りです。
「キューバ音楽」と「ラテン気質~」の著書は確りと拝読してますよ。
因みに、愚生はボラーチョ(酒飲み)のデレーチョ・カンペシーノ(老農夫)ですが、OZAWAしか今の行き詰ったハポンを運営できる指導者は居らん、と予てから期待していたことでもあり、この度の騒動には怒り心頭であります。
本当は良き国であるはずなのが、腐りきったこの為体は何とかせにゃ~と、時間の限りネットで何やら怪しくも発して居ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

偽装審議する検察官適格審査会

偽装審議する検察官適格審査会

議決書には、平成16年2月5日付の審査申立事案について審議したとあるが、この対象検察官とは誰なのか、厳格適正であるべき審査会が、審査対象検事の氏名も示さない議決書とは、社会通念からも認容できず偽装審議の証左である。

また当時に最高検検事・鶴田小夜子への審査申立は、平成20年4月24日付で受理されている、このときは存命しており、一年半後の平成21年11月16日、富山地検検事正在官中に死亡した。
であるから、申立から一年半の間に審査会が開かれたのか、或は被審査人死亡による審査請求却下を議決ないし記録書面に記載しなければならない。

検察庁も行政機関であり文書主義を旨とする、議決(意思)決定に至る調査並びに審議の過程を合理的に跡付けを、後から検証することが出来るように、審査会の事務及び議決の内容を文書にすることを義務付けているのである。

被審査人である検察官氏名も特定せず、かろうじて受付期日から高橋真検事と思しき対象検察官が推測できる。
審査申立主旨に対しても、何らの検証も評価も判断すらされていない、審議を経ない偽装議決であるのは明白である、傲慢不遜な検察権力の欠陥議決書は、郵便法違反で送られており、これも強行規定違反であるから議決書は法的効力がなく無効である。

先日に、戸籍改ざん事件の告訴人・小川達夫氏は貴会に適格性審査申立をした。
この主旨は、偽装郵便に基づく有印虚偽公文書行使という事犯である、検察庁から普通郵便で郵送された封筒、そして偽造された松戸郵便局認可の料金計器、検察の裏手口の処分通知がされている動かぬ証拠である。
平成16年1月24日付で、適格性審査申立をした跡部検事も、同じ手口を使っている。

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/120223.jpg.html

検察、虚偽の内容を1年前に確認 陸山会事件の捜査報告書

http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012030201001475.html
検察、虚偽の内容を1年前に確認 陸山会事件の捜査報告書

「資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で強制起訴された民主党元代表小沢一郎被告(69)の元秘書石川知裕衆院議員(38)を取り調べた田代政弘検事(45)=現新潟地検=が、事実と異なる捜査報告書を作成した問題で、検察当局が昨年1月に内容の食い違いを把握していたことが2日、関係者への取材で分かった。

 この問題は、昨年12月の元代表の公判で行われた田代検事の証人尋問で弁護側が指摘して発覚。田代検事はこの時の公判証言と同様、上司に「記憶が混同していた」という趣旨の説明をしたとみられる。検察幹部は「当時は大した問題と思わなかった」「説明通りだと思った」としている。」

検察幹部が(1年前に把握したとき)「当時は大した問題と思わなかった」と発言したそうだが、それは、「捜査報告書などにその程度の虚偽の記載をすることは日常的に皆やっていることで大した問題ではない」と自認したということですね。

反社会的なカルトグループの暴露本も、もっと出して欲しいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析