スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特捜惨敗:もう逃げられるとは思わない方がよろしいかと

 一昨日出た証拠決定書、凄かったですね。大善裁判官、見事に名は体を表してくださいました。

 やっと、とあるメディア関係者を通じて原文を入手しましたが、

 そもそも、取調録音によると、調書の案文は、取調べ当日における石川の具体的な供述内容に基づいておらず、田代検事が交流段階の調書の記載を基にするなどして、一方的に作成したものとうかがわれるのであって、石川の供述を録取したものと評価できるかすら疑問がある
 このような取調方法は、違法不当なものであって、許容できないことは明らかである。

 しかしながら、田代検事の前記の取調べが、真相解明への熱意等から行われたのだとしても、検察官の職責を考えれば、そのことでその違法性・不当性が減じられるものとはいえない。しかも、田代検事は、「当時は、その危険性を自覚していなかったが、録音されていると分かっていれば、このような取調べはしなかった。」旨も供述しており、取調べの可視化がよくなされていれば、行うことのできない取調方法であったことを自ら認めているものといえる。

  同捜査報告書が問答体で具体的かつ詳細な記載がされていることに照らすと、あいまいな記憶に基づいて作成されたものとは考え難く、記憶の混同が生じたとの説明は、にわかには信用することができない。そうすると、この報告書の存在は、石川が勾留段階で被告人の関与を供述した経緯として、田代検事が公判で供述する説明内容にも、深刻な疑いを生じさせるものといわざるを得ない。

  これらの事実は、石川に献金の受領や被告人の関与について供述を迫るため、田代検事と共に、特捜部の複数の検察官が石川に圧力をかけていたことをうかがわせるものであり、ひいては、前記の田代検事の取調べは、個人的なものではなく、組織的なものであったとも疑われるものであって、石川において、田代検事の取調べにあらがうことを一層困難にする事情であったと認められる。

 と、まるで当会の弁護士チームの皆さんの一念が憑依したのかと思うような...........

 なんと、田代検事の報告書の信用性をあっさり否定しただけではなく、法廷での偽証にまで言及し、取調の可視化にも言及し、さらに「組織的なものであった」とまで、言及してくださっています。

 もちろん、いかに検察に甘い立場を取っても、常識的に判断すれば、当然、その結論に達するのは当たり前とも言えるのですが。
(ですよねえ、毎日新聞さん)

 ということで、検察庁刑事部の皆様。
 もうこれで、裁判所に遠慮する必要はなくなったのですから、裁判所の判断を重く受け止め、罪証隠滅の恐れもありますので、ぜひぜひ、すみやかに捜査にかかっていただきたいものです。

 もたもたしていたら、黙って見てはおりませんわよ。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小沢元代表公判・元秘書の供述調査不採用について。- 2012.02.17

□同時生中継 USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】  http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

コメントの投稿

非公開コメント

がんばれ

八木さんの活躍が、なんとも頼もしい。
応援する。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

市民の声を抑制しようとしてるのか。
こっそり手の平を返すな。もっと手の平を返せ。
小沢氏の名前出さなくてもいいから検察を糾弾してくれ。と思う。

八木さん達の活動を支持します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

八木啓代さんの勝手応援者

いつも八木さんの発言に賛同、共感、尊敬している田舎の老人です。動画でも拝見していますが政治評論家、またはニュースキャスターではないかと思われるほど多彩な知識と弁舌にはまた新しいジャーナリストが登場したと喜んでいましたら、本職は歌手とのこと、さらに尊敬の念は大きくなっています。今回の告発の代表者の役割も感謝感激です。今の日本の閉塞感の源が「情報隠ぺいの国家権力の体制」ではと思料しており、ここに風穴をあけるまさにジャンヌダークの風貌ではと期待しコメントするものです。小澤裁判における検察、裁判官の腐敗の構造を垣間見て怒り心頭になっていますが、さらに怒っているのはテレビ、新聞の大手メデイアの情報隠ぺいとスピン報道の如何わしさ、さらに元官房長官の野中弘務さんの官房機密費をマスコミ、政治評論家たちの情報操作に流用したと言う証言に対し、ジャーナリストの上杉さんがマスコミ、政治評論家へ配ったリストの存在を提示したこと、証言の中に今でも金をたかった評論家が偉そうに「政治と金についてご高説を説いている事に腹立たしい」と発言していました。まさに毒まんじゅうを食った評論家の発言にスピンされた報道汚染について全く地上波、新聞では無視している状況に今の日本の抱えている病巣があり、なんとか「行政情報の公開」を手掛かりに、真実追究に頑張っていただきたい、下名も年金暮らしの老人ですが、手弁当で田舎から応援に出かける所存です。切れ味のよい発言を期待して今います。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。