逃がしませんわよ:東京地検刑事部に捜査要請書を突きつけてまいりました

 はい、しばらくブログを書かずに、プライベートおよび私の本業の仕事の方でちょっとばたばたしておりました。
 が、それを見越したかのように、次々にいろいろなことが起こりますね。

 まず、郷原弁護士が受けて立ってくださった仙谷氏との大バトルの件ですが、ニコニコ生放送が仙谷事務所に出演を依頼すると、

 あっさり拒否

...だそうです。まあ、さすがに口だけの仙谷氏ですね。「討論受けて立つ」と公の場で発言したその舌の根も乾かぬうちに逃げちゃうという、あっけない、事実上の敗北宣言でした。
 さすがに、舌の根も乾かぬうちに、政権交代時の公約を片っ端から反故にしただけのことはあります。

 そうこうしていると、なんと、2月5日付の朝日新聞で、なんと6段抜きという大きな扱いで、問題の田代検事による石川議員の取り調べでの隠し録音と報告書に、大きな食い違いが何カ所もある点が記事に。
しかもきっちり、当「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」の告発の件も、団体名入りで書いてくださっているではありませんか。

 やりますね。

 これだけの大きさの記事が不思議なことに、Web版には見つからないところが、なんとなく朝日新聞社内の力関係というか、ある種の葛藤を伺わせるようなところがないではないですが、それにしても、現場の記者さんの良心と取材力を感じさせる記事ではありました。

 と思っていた矢先、今度は、陸山会事件の裁判で、問題の田代検事の捜査報告書や、逆に「隠された」とされていたメモが検審に提出されたかどうかを、東京地裁が照会していた件で、東京地検がリスト開示を拒否したことが明らかに。

 検審への提供資料リスト「開示せず」 東京地検が回答
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120207/trl12020712410002-n1.htm

 あの。
 これって、開示すると検察にとって都合が悪いから、と思ってしまいますよね、誰だって。
 しかも弁護側は「裁判所が立証に必要だとして開示を求めたものを拒否した例は聞いたことがない」のにと。

 ということで、私たちも放ってはおくわけにはいきません。
 なぜなら、このことで、問題の報告書が「単なる記憶違い」でなければ、田代検事一人の独断で作られて提出されたわけでもなさそうなことが、いっそう、明らかになってしまったからです。

 主任検事ではなく、また、特捜部長でも副部長でもない、一介のヒラ検事である田代検事が、上司にまったく無断で、本来、行われるはずのない起訴後の取り調べをあえて行い、虚偽の報告書を作り、検審に提出したなんてことが、起こりえたとでもいうのでしょうか?

 どんな動機で?

 そう。動機があった人は他にいたんですよね。
 まさか、田代検事だけをトカゲの尻尾にしたりしませんよね。


 というわけで、東京地検刑事部に捜査要請書を提出してまいりました。

 本来、民間からの刑事告発は、東京地検特捜部直告班が担当するべきですが、この事件において、その東京地検特捜部直告班こそが事実上の被疑者であることに鑑みて、最高検が、この件をあえて刑事部回しにするという異例の処置をとったことに、私たちは一定の評価をしています。検察に自浄努力があると信じたい。

 そして、この捜査要請書という、告発当事者からの追加意見書を、刑事部がどう扱うか。
 さあ、みなさん、どうぞご注視ください。

 捜査要請書
 プレスリリース

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

祈り

指定弁護士もリスト開示を拒否。
もうすべてが闇の中、早く東京地検をすべての真実をあぶりださなければ・・・
検察がどこまでの事実を隠して大手メディアにリークしたのかもわからない。
大手メディアはもう東京地検と共犯者なのですから、
東京地検を更正させるよう悪い点をどんどん追及してあげるべき、そして自らも何が原因かを調べ素直に訂正やお詫びをするべきであると。
被害者は陸山会関係者・検察審査会メンバー・国民。過去を振り返ればもっとかも・・・
八木さん達の活動が今、検察やメディアにとって一番大事な金言である事をわかり、変ってくれることを祈っております。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析