日本の外務省は、日本人の人権をどう思っているんでしょうね

さて、朝日ニュースターを除いて、報道はほとんどされていないのですが、私の友人であり、戦場ジャーナリストの常岡浩介氏(昨年、アフガニスタンで5ヶ月間、アフガン政府軍系組織に誘拐されていた人物です)が、数日前にパキスタンで再び、拘束されました。ただし、今回、身柄拘束したのはパキスタン政府で、強制送還になるとのことで、生命の危険などはないようです。

問題は、この拘束と強制送還は、彼が、法に触れるようなことをしていたというような理由ではなく、日本国政府の要請であるとパキスタン側に説明されていること。「本省からのファクスを見せて、日本の外務省の要請なので我々にはどうしようもない、申し訳ない、と明言」されたそうです。

それで、疑問なのですが、外務省が、犯罪を犯したわけでもない自国民を、他国政府に対して、拘束して強制送還するように要請したりすることなどあってはならないことですよね
むしろ、外務省の本来の仕事としては、現在、パキスタンの入管によって拘束されている自国民の解放を求めるべきであって、犯罪者でもない国民の移動を勝手に制約するということはありえないはずです。

今回のパキスタン政府の処置は、パキスタン政府の言い分を信じれば、ふたたびパキスタン経由でアフガンに向かおうとしていた常岡氏を、日本外務省が阻止したということになるのでしょうが、こういうことがあるものなのかどうか。

単に常岡氏が友人であるというだけではなく、私自身、中南米に仕事で出かけることもある人間ですから、「外務省が、犯罪を犯したわけでもない自国民を、他国政府に対して、拘束して強制送還するように要請したりすることがあり得る」としたら、笑い事では済みません。

ということで、一市民として、日本の外務省に電話をいたしました。
そうすると非常に奇妙なことが判明。

本来、パキスタン事情に精通しているはずの、外務省西南アジア局は「うちはまったく事情を知らされていないので、個人的にネットでしか(状況を)知らない」という状態(昨日の段階では、在パキスタン日本大使館から、常岡さん監禁の事実すら知らされていなかったようです)。
で、回された「担当部門」が、領事課テロ対策室。

ここで、F氏という担当者が出ましたが、
「パキスタン政府が不当な拘束を行っているとは認識しておりません」
八木「宿も取らせず、空港の床に寝かせ、体も洗わせないような監禁が不当な拘束ではないのですか」
F「暴行を受けるなどの拘束ではないという意味で、それについては、パキスタン政府に申し入れをしています」
八木「パキスタン政府当局が、これは日本国政府の要請であると説明していることについてはどう考えるか」
F「ですからそんなことはないわけで...」
八木「パキスタン政府が虚偽の説明をしているのだとしたら、厳重抗議するべきではありませんか?」
F「そんなことはね。八木さんがべつにパキスタン政府から直接聞かれたとかいうわけじゃないでしょ(とちょっとバカにした言い方)」
八木「同行の方と本人がそれを確認したということでネットで拡散されていますから、一次情報を確認されたらいかがですか」
F「どうやって確認しろっていうんです。それはご本人が主張されているだけですから」

この対応だけでも、公僕としていかがなものかと思いますが、この対応には、あたくし、ちょっとカチンときましたので、

八木「では、パキスタン政府が国内法に基づいて常岡氏を拘束したといわれるなら、その拘束がどのような理由によるものか、その理由をパキ政府に確認されたのですか?」
F「...それはできます」
八木「ぜひしてください。日本人が訳の分からない理由で拘束されたなら、どういう法律に基づいて、どういう根拠で拘束したか確認するのは、外務省の仕事じゃないんですか」
F「....それはもうやってます」
八木「パキスタン政府の『拘束理由』が知らされたら、それは開示していただけますか」
F「いや、それは個人情報になるので、公開はできないです」
八木「では、常岡さん本人が開示請求されたら、お答えになれますね」
F「.....それは....ご本人からであれば.....」

と、このような会話がございました。

要するに、パキスタン政府または常岡さんが嘘をついていると言いたいようです。
しかし、パキスタン政府が嘘をついているなら、これまた放置しておくべきではない由々しい事態だと思いますが、それについて、毅然として抗議をするおつもりはないようです。かつ、常岡さんが嘘をついていると言わんばかりの表現をされながら、本人に国際電話で事情を訊くこともされないようです。

(ただし、常岡氏は、この邦人テロ対策室の人とすでに話をし、この件も伝えてあるとのこと。不思議ですね)

ちなみに、邦人テロ対策室は、昨年、彼がアフガンで誘拐されたときにも、中東二課ではなくこちらが担当したようで、この際、まったく事実無根の「誘拐自作自演説」が外務省公電で流れたという話となにか関係あるのでしょうか。

実際、入国にあたって、パキスタン大使館では簡単にビザが出たのに、空港で強制退去というのも、さらにおかしな話です

まあ、この面妖な事態の中、常岡さんは、宿にも泊めてもらえず、蚊だらけの空港の床で寝かされ、マラリアの危険にもさらされているようです。

ということで、みなさま、もし、この外務省の対応はおかしい、常岡さんになにか力添えをしよう、と思っていただけるのでしたら、外務省領事課テロ対策室 03-5501-8165 に電話をして、電話に出られた方の名前をメモした上で、

「パキスタンで拘束されている常岡浩介さんの待遇改善を要求してほしい」
「常岡さんの拘束理由を明らかにするよう、パキスタン政府に求めてほしい」
「この件に、日本政府が関与していないことを公式に発表してほしい」

の三点を主張していただけると、常岡さんの大きな助けになります。

また、英語のできる方は、在日パキスタン大使館に対して、

「どういう理由で、パキスタン国は、日本国民である常岡浩介さんを勾留し、空港で非人道的な監禁をおこない、強制送還しようとしているのか。私たちは日本国民として、非常に遺憾であり、理由を知りたい」
旨を伝えていただけると助かります。

取りいそぎ

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

八木さんすごい~~~!
八木さんみたいな人がもっと多ければなぁ~~~~~~!

先日朝日ジャーナルで

 先日火曜日の上杉隆mcでのニュースの深層で、このニュースを知りました。本人の言葉で八木さんのブログに書いてある通りのことを、この耳で聞きました。
 岩上安身氏のツイッターから、こちらのブログを拝見に参りました。今年は原発のデモに参加したり講演を聞きにいったりと、行動をすることで意思表示をするようになった一年です。
 おかしいことをおかしいと、はっきり言いたいですよね。。。多くのことができるわけではないのですが、八木さんの考えに賛同できることを今回はお伝えしたくてコメントさせていただきました。

公務員とは

どんな国民に対しても正義感を持ち真摯に対応するのが公務員だと思います。人間性に問題がある公務員。公務員だから、とかじゃなくて、人間性の問題でしょ。

No title

日本の政府は日本人と日本国を守ると言う意識がありません
いつまでも負け犬根性しか持たない
日本人は日本のトップを国民が選らばないといい政府はできない
政治家ははっきり言ってカスばかり 彼らとメディアを信用するのはやめよう

恐ろしい民主主義…

Twitter上で小倉弁護士にお聞きしたところ
「後で国賠訴訟かけるしかないんじゃないかなあ」
とのことでした
http://twitter.com/#!/Hideo_Ogura/status/116539567561113600
我々には法的な強制力を外務省にかける手段は無く、抗議しか方法はないみたいです

外務省の担当者の名前を聞き出して「貴方も国賠訴訟の対象になる」と言って尻に火がつくことを望かな・・・?
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
3月30日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析