「国民の皆様に開かれた検察」を目指すそうです

なぜ、猫は新聞を読む邪魔をするのか。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5485883.html?from=mixi_news&check_ok=1

もちろん、猫は、野生の知恵を残しているペットなので、新聞を真面目に読むのはキケンっと思ってるからですよ。

...というのは置いておきまして。

昨日、最高検から慇懃無礼ご丁重な電話がございまして、告発状の受理をお知らせいただきました。
「ネットなどで心配しておられたようですので」
だそうです。
最高検の方は、ネットをしっかりチェックしておられるようですね。国民の厳しい視線が注がれる中、綱紀粛正や内部改革や供述調書のストーリ作りなどのためにお忙しいところ、たいへんいたみ入ります。

で、この日の夕方に最高検でオープン記者会見がありまして、ジャーナリストの江川紹子さんによりますと、最高検刑事部長が

前田元検事を特別公務員職権濫用罪で告発した市民団体に対する対応について、通常は告発は各地検で受けているため、最高検としては応対に慣れていないとの弁明。IDカードの名前も見せなかったとしたら「失礼だった」と認め「国民のみなさまに開かれた検察としては対策を考えなければならない」と
http://twitter.com/amneris84/status/2624769123950592

おっしゃったそうです。やはりIDカードをひっくり返して応対し、ちゃっちゃと門前払いしようとしたのは、公僕たるものにふさわしくない対応だとご認識されたようです。でも、少なくとも、朝にとりあえず電話一本入れておいたので「受理の連絡さえしていない」と叩かれるのは免れたようで、よございました。
でも、私としては、「国民のみなさまに開かれた検察」なんかより「取り調べが可視化された検察」をお願いしたいところでございます。

とはいえ、この件、11月4日のオープン記者会見で、最高検では受理したとお答えになっていたそうでございます。この会見には、岩上さんとか江川さんはご出席ではなかったようですが、他の媒体の方は、すでにこの時点でご存じだったわけですね。プレスリリースも各社に届いていたようです。ということで、べつにメディア各社は、知らなかったわけではなく、全社、告発のことも受理のこともご存じの上で、あえて報道なさっていなかったことも明らかになりました。

いずれにしても、皆さ~ん。最高検は、私たちのブログやサイトやツイートをばっちりチェックしていますよ~。

テーマ : 時事ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

検察・公僕の「裏金」追及はWikileaksに

”国民に開かれた検察”、中々殊勝なコトバですが、言葉遊びなら誰でもできるので、それを本当に、心から実行できるか、ですよ、検察や最高裁の方々よ。

僕も元公務員だったから大体分かってるけど、公務員世界は右も左も”仲間内”で、毎日のように市民(国民)の眼が届かないところで、「裏金や付け届け」の世界ですよね。特に、ボン・クレま近かになると(当時、課長宅に行った時)4畳半の部屋は酒やビール、食料品の山で一杯でしたからね。僕の義兄(ある大企業役員やってた)なんかも、内規では「1万円以上の金券は受取るな。贈答品はOK」だとかで、ボン・クレになると親族廻りにきて高級食料品や酒類を持ってきてくれるから、親族の家族はいつも大喜びで役員氏の訪問を待っていましたよ。姉に聞いたら、近所にも配り、それでも残れば「下取り業者」に引取ってもらい、「私のお小遣いよ」と。日本の”習慣”?は、こんなもんです。

だから僕は、「内部告発」がとても凄い!ことだと思っています。20代の”自称・左派”だった僕でさえ当時は”慣習”程度に思ってたので、下っ端ではあったけれど、それなりの”付け届け・もてなし”を受けたことがある位です、公的な職場に居た頃は・・・。ですから、自戒をこめて、仙波元警官や大河原元警官、三井元検事氏などの≪内部告発≫は、どんなに勇気のいることか!、良く分かるし、頭が下がります。
仙波氏が言っています。”法務大臣の諮問機関”何だったかに入ったメンバーの中で唯一”発言が期待できる”のは、江川詔子さんだけ、と。後は何らかの”手垢が付いてる”からと、僕からすれば公的な機関・組織に一度も所属したことなく、女性だから?そういう機会がなかっただけ、、、と仙波氏が思う気持ちは良く分かります。それは、右派・左派は関係ない・・・例えば、教育者だって同じことです、公的な仕事に従事してるから、です。それが「限度(常識)を超えている」という認識での、”モラル”が問われるというこの国の社会のあり方だと思います。

僕は、仙波氏や大河原氏を可能な限り、応援したいと思っています。あのアル・パチーノ主演映画『セルピコ』は、同僚警官を告発した物語とともに、ギリシャの作曲家:ミキス・テオドラキスのメロディが忘れられません。

最高裁の方が見てるならマスコミの方は当然見てますよね。会見という事実があったのなら、それが報道されないことがおかしいので、今からでも受理の報道をすべきですよね?共同通信さんは電話もしてくれたことだし報道してくれるんじゃないかなぁ…
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
1月22日(日) 横浜・ピロカフェ
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄
1月26日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析