スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員制度の矛盾が浮き彫りに:「キューバの5人」事件

 さて、Twitterで私をフォローしてくださったいる方はもうご存じだと思うけど、日本時間で昨夜11時から「キューバの5人釈放キャンペーン」をTwitter上でやっています。

 というと、何ソレ、と思う方が大半でしょ。

 キューバの5人というのは、1998年に、「米国の極右組織が対キューバテロを行おうとしている情報を得て、その情報収集と阻止のためにマイアミに行っていたキューバ人5人が逮捕され、終身刑が宣告された事件」です。
 
 で、彼らが「まったくの無実」かというと、まあ、それはありません。米国の出入国法違反であるのは確かです。
 しかし、それが終身刑に値するか、というと、それは別の話です。

 彼らは米国政府に対するスパイ活動はまったく行っておらず、ましてや殺人を犯してもおらず、米国検察もなにひとつ容疑を立証できなかったのですから。にもかかわらず、彼らはスパイ容疑や殺人未遂容疑で摘発され、裁かれたのです。
 
 しかも陪審員裁判で、わずか一日で、彼らは終身刑を宣告されます。背後には、極右組織による陪審員への脅迫があったといわれています。
 マイアミでは、反共極右グループが大きな力を持っていて、親キューバとみなされた音楽関係者などに対してもテロが行われているような場所であるということは、もちろん、拙著にも書いてあるとおりです。

 そういう意味では、裁判員制度を考える日本でも、もっと問題視されてよい事件とも言えるでしょう。たとえばヤクザや右翼団体がらみの裁判の場合。
 「国家」がからめば、いくらでも恣意的な判決を「民意」の形で下すことができるわけです。
 この点だけでも、裁判員制度に反対する理由になる。

(.... って、すでにとっくに、検察とメディアのタッグのおかげで、日本はそうなっているから、大した違いはない、って考え方もありますが....それにしたって「終身刑」はないだろう)

 いずれにしても、たとえば、日本の極右団体やカルト教団が、外国(たとえば、彼らが彼らの論理で「反日」とみなしている国や外国団体)に対してテロを行おうとしたとして、外国人がそれを阻止しようとしたら、それは「スパイ行為」として、終身刑を与えるものでしょうか?

 つまり、米国政府は、自国の極右組織が外国をテロ攻撃することを積極的に支援しているということになるわけです。
 実際、この同じ時期、まさにその米国政府が、キューバ航空機爆破実行犯の国際テロリストルイス・ポサダ・カリレスを保護するためにあらゆる手を尽くし、審理中に脱走したベネズエラへの身柄引渡しや、米国での裁判を拒んでいたのです。
 これは反テロリズム国際条約違反でもあります。

 つまり、もっとはっきりいうと、米国政府は自ら手を下さず、極右団体やテロ支援グループに資金提供して、外国でテロを起こさせているという事実を認めるも同様なことなわけですね。

 だいたい、本当に米国の機密を盗んでいたロシアスパイはさっさと釈放したんだから、ダブルスタンダードもいいとこだよね。

 だからこそ、問題は「キューバが好きか嫌いか」とか「キューバ現体制を支持するか」とかいう問題ではないわけです。

 というわけで、キャンペーンは続きます。

 また、もう少し詳しい情報はこちらにあります。(日本語なのでご安心を)
 http://freethecubanfive.jp/

Twitterタグは、 #Cuba #GerardoHernández #FreetheFive #5LibresYa
私をフォローして、リツイートしてくださっても結構です。

あと、超個人的なことだけど、この5人の一人、ヘラルド・エルナンデス(終身刑2回プラス15年)は、詩人で画家(イラストレーター)でもあり、私の「親しい友達」の「親しい友達」です。

テーマ : 時事
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。