PANDORA REPORT 南極編・その7

で、一回目のレクチャーをやり、リハーサルに入ったあたりで、船はブエノスアイレスに到着した。

ブエノスアイレスは、南米というよりは、パリを意識した街である。少なくともアルゼンチン人は断固としてそう思っている。
港は、レティーロ鉄道駅のすぐ近くだったので、繁華街であるフロリダ通りや大統領宮殿(カサ・ロサーダ)まで徒歩圏内。

そんなわけで、とろとろ歩きながらフロリダ通りに出て、両替し散歩する。
私の知っている最初のフロリダ通りは、90年代の頭。華やかな流行の先端で、おしゃれな革製品がたくさんあった。当時のアルゼンチンは、ヨーロッパのブランドの皮革製品工場がいくつもあって、タグ部分を切り取ったおしゃれな革ジャンパーが格安で手にはいるところだった。

それから二度目は4年ほど前。当時の経済危機のあおりでか、フロリダ通りに活気がなく、置いてある商品も以前の華やかさがなかったものだった。

で、今度は三度目。経済はかなり回復している感じ。
とはいえ、別に買い物をするわけではなく、ぶらっと散策し、昼飯を食べる。
フロリダ通りは高い(笑)ので、ちょっと外れたあたりの地元民で賑わっている定食屋。
いわゆるお昼の定食みたいなのがいろいろあるのですが、せっかくアルゼンチンだからと、「ミニ・ステーキ・セット ワインまたはソフトドリンク付き 10ドル」というのをオーダー。もちろん飲み物はワインね。

ツッコミコメントがあるといけないので、あらかじめ書いておくと、ミニ・ステーキなんて言葉があるわけじゃないです。Bife(ステーキ)pequeño(小さい)と書いてあったのね。

すると、すぐになぜか、普通の朝食セットで出てくるぐらいのベーコンエッグが出てきた。
あの、頼んだのは、ミニ・ステーキセットなんですが。

すると、ウエイトレスのお姉ちゃんが、めんどくさそうにメニューを指さすので、良く見ると、小さい字で「フランドポテト、ベーコン、卵付」とあった。
....ベーコンエッグは、彼らの感覚では前菜であるらしい。

で、読者諸兄姉には想像がついたと思うが、ベーコンエッグのあとには、日本の感覚ではたっぷり一人前(250gぐらい)のステーキと山盛りのフライドポテトが来たのは言うまでもなかった。
むろん、ワインは、大きめのグラスになみなみと注がれていた。

.....君ら、早死にするのが怖くないんやろ???

ちなみに、この店には、サラダセットもあったが(隣の人が注文していた)、これは、生野菜のサラダでアルゼンチン人を満足させようという、ある意味怖ろしい代物であった。
洗面器みたいなサラダボールに野菜がてんこ盛りだったのである。あれを食べるときっと牛のような気持ちになれるに違いない。

で、このあと、少し散歩して、タンゴ博物館などで少し踊りを見物し、夕暮れ、私は地下鉄に乗った。
あの日本の地下鉄銀座線のモデルになったという、しかし、そのモデルになった時代から改装されていない、ある意味、世界でいちばんレトロなアルゼンチンの地下鉄A線である。
いまでも、こういうのが走っている。
ちなみに、地下鉄B線では昭和時代の地下鉄丸ノ内線の車輌がそのまま使われている

ロリア駅で降り、住宅地を少し歩き、ドアベルを押す。
「ああ、待っていたよ」

白髪の人がにこやかに扉を開けて、これまた年代物のエレベーターに案内してくれた。
部屋のドアを入ると、ビクトル・ハラのでかい肖像写真と、ゲバラのでかい肖像写真が並んでいる。

.......懲りてない。(^_^)

かつてのアルゼンチン軍事政権下で自ら政治犯として投獄されていた音楽家ホルヘ・チャナルその人だった。

といっても、彼は、シンガーソングライター系ではなくて、コーラス系。素晴らしいコーラスグループを彼自身持っているだけではなく、コーラスのアレンジャーとしても活躍している。

実は、アルゼンチンのコーラスのレベルはすごく高い。
たとえばこんなの。



で、元政治囚の人たちの心のケアとしての、元政治囚コーラスグループなどの活動もしている人。
彼は「変わらない人たち」の一人なのである。

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析