スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PANDORA REPORT 南極編・その1

 カーニバルの一週間前、私はブラジルはリオ・デ・ジャネイロのコパカバーナ海岸にいた。
 予行演習なのだかなんなのだか、海岸沿いのアトランチカ通りをサンバを演奏しながら、車が通って、すでに街はテンションが高い。
 言うまでもなく、私は夕暮れの海岸で、カイピリーニャをいっぱいやっていた。
 カイピリーニャは、カシャーサとライムのカクテル。カシャーサはラムと同じく砂糖黍を原料とするが、もっと野趣の濃い焼酎感のあるスピリッツだ。
 その翌日、ホテルに、迎えが来た。
 そこからが今回の仕事だった。

 船は、リオの港に横付けされていた。腹にでっかくPEACEBOAT と書いてある。
 そう、アレである。
 よくあちこちにポスターが貼ってある、148万円世界一周とかの、あの「ピースボート」。

 実をいうと、去年の末から、北千住にはやたらめったら、この「ピースボート」のポスターが大増殖している。近所のスーパーなど、いったいどういう回し者かと思うぐらいの貼り方である。その謎は後ほど明らかになるが、とにかく、おそらくは日本でもっともたくさんのポスターが貼っている、激安世界一周企画団体だ。

「そんな船に乗るPANDORAさんは、やっぱり捕鯨反対なんですか?」
と、ここで一瞬思ったキミ、それは「グリーンピース」。
 ぜんぜん違う団体です、念のため。

 もちろん、わたしは客としておカネを払って乗るのではない。
 このピースボートでは、航路のあちこちで水先案内人と呼ばれるゲストを招待して、船内で講演やレクチャー、コンサートなどをおこなうことになっていて、有名どころでは筑紫哲也さんとか小林カツ代さんとか香山リカさんとかがいるわけ。
 どういう根拠で水先案内人が選ばれるのかは定かではない。というより、この人選を考えるだに、ややいい加減なのかもしれない。私が客だったら、ゲストが筑紫哲也なら「当たり」だと思うだろうし、八木啓代だったら「誰それ?」と思うだろうからな。

 で、乗ることになってはじめて知ったのだが、ピースボートというのはNGOで、この団体と、企業であるジャパングレイスという旅行代理店、さらに船会社が三社共同で船を運航しているということらしい。ボートというので、フェリーに毛が生えたようなのを想像していたが、そうではなくて、乗客だけで500人以上(時には1000人以上)、スタッフも(船の運航スタッフを含めて)500人近くという、大所帯なのだった。

 このピースボートのもともとの創立メンバーに、社民党の辻元清美さんがいたりするので、政治色が強いと思われているふしがあるが、べつに私は政党関係者ではない。
 むしろ、過去に日本丸(海上自衛隊の帆船のほう)にご招待されて乗ったこともあれば、グァテマラで軍用機をヒッチハイクしたこともあるという、どちらかといえば節操のない人間である。
 私がこの話に乗ったのは、なにを隠そう

「南極にタダで行ける」

 南極ですよ、南極。
 南米には何度も行ったし、難局にもよく直面してきたけれど、南極、これはちょっとありませんわ。

 というわけで、2年前の「画伯の山荘・招待された5人の男女」に匹敵するほど殺人事件の定番舞台「豪華客船の旅」に、PANDORAは出かけたのであった。

(註:ピースボートが豪華客船かどうかというツッコミは、この段階では不可ね。これについてはあとで検証することにて)

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。