泣く女

 みんな私をアカだというの
 アカだけど情は深いの
 私はまるで緑のトウガラシ
 辛いけど、味がある

メキシコの有名な民謡である「ジョローナ」を次のライブで少し、替え歌で歌おうと思っていた。シンプルだけどとても美しい曲で、歌詞ももともといろいろなヴァージョンがあるのだ。

そしてジョローナとは、葬儀で泣く女のこと。だから、有名な歌詞には、「墓場の花は揺れて、まるで泣いているみたい」なんて、死の影がつきまとう、死者たちへの追悼の歌でもある。

その矢先に、今度、わたしがメキシコの死者の日をモチーフにライブをやるといったら、なんとメキシコの詩人マルシアル・アレハンドロが詩を書いて、メールで送ってくれた。
なんでも、前から私に歌わせてみたかったらしい。

 死者はその理由を捜す
 この世を離れていくために
 そして私は深い愛ゆえ
 いまだこの世に生きている

 いや明日にでも死んでもいい
 必要であるなら今日にでも
 ただ、あなたの墓標を建てるまで
 私はどこにも行きはしない

 私には深い傷がある
 死に至るほどではないけれど
 あなたを愛し、失ってからは
 生は生ではないのだ

 ここであなたを待っているよ
 山のメスカル(焼酎)を持って
 あなたに大地の心を
 歌で捧げるために

見事な韻を訳せないのは残念だけれど、
古代の死者の日と、トラテロルコへの死者たちへの追悼。絶妙だな。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
10月21日(火) 阿佐ヶ谷Loft-A
八木啓代(vo) 大熊ワタル(cl) 大橋いさお(g)
Special Session「メキシコに捧ぐ」

(東京都杉並区阿佐谷1-36-16-B1) お問い合わせ/03-5929-3445
OPEN 18:30/START 19:30 Charge:2,500/2,800円+drink
アクセス/JR中央線阿佐谷駅パールセンター街徒歩2分  
地図 http://www.loft-prj.co.jp/lofta/map.html
フライヤー http://www.nobuyoyagi.com/PDF/081021.pdf
ローソンチケットのLコード【L:39432】
予約はこちらでもできます
http://nobuyoyagi.com/JAPANESE/reserv.htm

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析