スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・JALの劣化

JAL 賞与全額カットに踏み切る
http://mainichi.jp/select/biz/news/20091107k0000m020082000c.html

これで揉めてストにでもなれば、JALに引導を渡しやすくなりますね。
もっとも、そもそも7年連続赤字で、ここまでJALをめちゃめちゃにした張本人の西松社長が居座っていること自体が、この会社、相当おかしいんですが。

ところで、今日、メキシコのあるプロデューサーと会食時のこと。
彼の娘(ドキュメンタリー・フィルム制作の勉強中)が、しばらく前にニューヨークに行った話を聞いていて、さらに、そのあと、彼女はヨーロッパにも友達を訪ねて旅行してきたという。

メキシコも大不況のはずなのに、なに? その景気良さ?
おたく、そんなに儲かってるの?
....と突っ込んだら、なんと、驚くべき回答が。

「いや、娘がニューヨークに行ったときのことなんだが、その旅行当日、空港に行ったら、オーバーブッキングで乗れなかったんだよ」

「?」

「それで、翌日の便に乗ったんだけど、そのお詫びとして、デルタ航空が、『メキシコ~ニューヨーク間』にほぼ匹敵する、行き先自由の往復チケットをプレゼントしてくれたんだ。それで、ニューヨーク旅行のあと、そのチケットを使って、ヨーロッパ旅行に行けたんだ」

       おおっ
╲╲╲╲╲╲╲ ( °O° ;)╱╱╱╱╱╱╱

と思いません?
私は思いましたとも。思わず訊きましたよ、その見上げた航空会社の名前。
デルタ航空、だそうです。

つい数ヶ月前、私の友人2名の乗ったメキシコ発成田行のJAL便が、二日も連続でフライトキャンセルし(それも座席にまで座らせてから)、そのうちの一人などは、お金を貯めての念願の一週間の日本旅行が5日(実質4日)になってしまったうえ、日光旅行やホテルなどをキャンセルせざるをえなくなったにもかかわらず、そのお詫びが、涙が出そうな「寸志」だったのと比べると、

 いったいなんという違いでしょう。
╲╲╲╲╲╲╲ ( °O° ;)╱╱╱╱╱╱╱

まあ、ジャンボジェットの旅客全員に、長距離フライトをプレゼントするのは無理としても、いくらでももっと誠意のある対応というものができたはずです。

金券ショップに株主優待券を大量横流しして裏金作りに励んだり、外国で詐欺同様のことをやっているJAL関係者を、実情を知っていながら、(「少しぐらいブラックな人の方が、いざというときに役に立つから」とか、JALの上層部と個人的な関係があるというらしい理由で)野放しにしているような知恵を、経営再建なり顧客サービスに使う頭があったら、こんなことにはならなかったでしょうねえ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

JALは高いのだと思うのですが、国内の一部以外あまり使うことがないのですが、どこかで共同運航便か、乗ったときとても良かったです。ぼくは中国国際航空が最低だと思います。タイとマレーシアだか、2度ほど乗ったと思いますが、2度乗り継ぎに失敗しました。関空と北京のように短距離でどうして次便に乗り遅れるほど遅れるのか。タイでは、深夜、なんの情報もなく飛び立たず、スタッフもおらず、ようやくの問い詰めにKFCの券を配りました。
あとカナダエアラインも遅れるし、アメリカンエアラインは大嫌いです。日本の飛行機はとってもいいという、感想を持っているのですが。
アメリカの空港で乗り継ぎをすると、たいがいといっていいぐらい、荷物が乗ってません。行きはできるだけ、バックパックを機内に持ち込みますが、そうすると持ち込み禁止がうるさい。アメリカは最低です。
文句はあっても、だいたい一番安いチケットをこりずに買いますが、日本の労働者ほど几帳面に仕事をする国民はいないというふうに思います。悪いのは航空行政と会社では。

No title

JAL関係者っていうより893ではないですか?昔からJALはその手の方々の恫喝に弱く簡単に優待券ばら撒いたり、縁故入社させたりしていたみたいですから。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。