スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディアを信じるかどうかという話

Twitterが急に人気になって、猫も杓子もつぃったー。

それはべつにいいのですが、産経新聞がつぃったーで、民主党攻撃をした件で、「中立の原則に反する」と謝罪をしたのが数日前。
でも、産経新聞が、中立だなんて思っている人がいるんでしょうか?
そもそも、中立である必要なんかあるの?
欺瞞にまみれた中立より、立場をはっきりさせてくれた方が、よっぽどすっきりしているし、かえって記事の読み方も定まって良いと私なんて思うのですけどね。
やはり、日本では「新聞は中立でなくてはならない」というような神話があるんでしょうか。

神話といえば、ざこば師匠の問題発言。
「落選したのは信仰が足らなかったからでしょうかね」
公明党が創価学会系の政党であることを知らない人がいるんでしょうか。
あまりにも「必死な」否定や、毎日放送の「片っ端から削除申請」に、かえって過剰反応を感じるのは私だけ?:

でも、そもそも、日本国憲法における「政教分離」の概念って、国家の「宗教的中立性」を定めたもので、宗教団体の政治活動を否定したものではないんですよ。
仮に公明党が与党となったところで、国家行事に独自の宗教儀式や宗教観を持ち込まなければ、べつに憲法違反ではない。
だいたい、宗教にそれほどまでにナーヴァスになるのであれば、キリスト教徒でないと大統領にはなれない宗教国家アメリカ合衆国との同盟だっていかがなものか。

むしろ、見え見えのことを、「まるで存在していないか」のように振る舞う方がよほどオーウェル的欺瞞であります。

で、メディアつながりで、例の鳩山論文が、意図的に歪曲されてニューヨーク・ポストとクリスチャン・サイエンス・モニター紙に掲載された件。

ニューヨークポストは1993年にルパート・マードックに買収されて以来、扇情的なネタが大好きな新聞として名を馳せていますね。フセイン大統領の大量破壊兵器疑惑をブチあげて、イラク戦争開戦を散々煽った新聞です。
去年末にはパリ市長の手紙と称する捏造文書を掲載して謝罪することになってしまっています。

そして、クリスチャン・サイエンス・モニター紙のほうは、クリスチャン・サイエンスという宗教団体の発行する新聞で、発行部数の減少から紙媒体を撤退し、現在Webのみ。
といっても、記者が信者ばかりということはけっしてないらしく、イラク戦争の時は、けっこう骨のある記事を書いたりしていましたが、しかし、宗教系であることに違いはありません。

べつに、それが悪いと言っているわけでもありません。

ただ、クリスチャン・サイエンス自体は、カルト系という批判もある宗教団体でして、で、この新聞も、カルトつながりということでしょうか、現在、統一協会発行の新聞である「世界日報」と提携するようになってます。貧すれば鈍す、ということでなければよいのですが。
ちなみに、他にこの新聞出身のジャーナリストといえば、あの櫻井よしこさんですね。

http://www.worldtimes.co.jp/wtop/csm/main.html

いずれにしても、これらメディアの記事が出鱈目ばかりだと言っているわけではありませんし、宗教系であろうとなかろうと、新聞ジャーナリズムはこれからも何らかの形で存在しつづけるでしょう。

ただ、昔も今も、アメリカにしろ日本にしろ、新聞が中立だとか無謬だとか思って盲信したら大間違いだ、ということで。

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

「メディアの中立」、非常に大事な視点です

>昔も今も、アメリカにしろ日本にしろ、新聞が中立だとか無謬だとか

あ、米国はとっくに中立・無謬を脱しているはずです。米国メディアのほとんどがどちらを支持するか意見表明をしていましたね。

産経新聞は、自民党を叱咤激励する役割を担ってきたという経緯があります。中立という建前を装って、一方的キャンペーンを繰り広げてきたことは誰の目にも明らかだと思いますよ。たまたま過激な本音が出ただけのことでしょう。

今回の選挙で、自民党はもちろんのこと、公明党も結党以来の最大の屈辱(比例重複なしの小選挙区で全員落選)となったことに焦りを感じているのではないかな。

ちなみに、私もクリスチャン・サイエンス・モニターを定期的に読む、というか、RSS順回に入れています。

http://www.csmonitor.com/rss/top.rss

私の場合、事例によって、いろいろですが、BBC, NewYorkTimes あるいは、SFGate(San Francisco Chronicle)を主な情報源にしています。英語は辛うじて読めるからです。スペイン語を読める八木さん、とっても羨ましい。というか中南米の知人とインターネットで会話(電話)をしながらスペイン語のサイトを日常的に巡回し、友人・知人のブログを見ているはずですから圧倒的に情報量が違ってきますよね。

そんなわけでこれからも、情報提供をよろしくお願いいたします>八木さん。

一部訂正: CSMはカルトでした

CMSが原理系サイト『世界日報』にぶら下がっていることを発見。
http://www.worldtimes.co.jp/wtop/csm/main.html
いつのまに買収されてしまったんでしょうか。ともあれ、
クリスチャン・サイエンス・モニターはカルトでした(訂正深謝)。

CS

クリスチャン・サイエンスといえば、「生長の家」と関係が深いとばかり思っていたんですけどねえ。
いつの間に、統一協会傘下になっちゃったんでしょ。
まあ、「生長の家」だって、「新しい歴史教科書を作る会」関係ではありますけど。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。