核を必要としているのは、本当は誰か?

平和記念式典に出席するため訪問した広島市で、麻生首相が、北朝鮮の核の脅威に対抗するためには、アメリカの『核の傘』が必要」と述べたことで、被爆者団体などが批判の声をあげています。
http://www.nhk.or.jp/nagasaki/lnews/04.html

しかも、このニュースに関しては、箝口令が出ていたようで。
http://ameblo.jp/nakasan1960/entry-10315825655.html

それだけでも、十分気の滅入る話ですが、その前に、すでに、日本のこのような姿勢が、こういう事態を引き起こしるようです。知らないというのはとんでもないことですね。



とりあえず、政権交代は絶対に必要であることだけは確かです。

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

時代から取り残される人は、私たちを巻き添えにしないでほしい

 いつも、いろいろと勉強させていただいています。

 麻生氏の記事に、びっくり … は本当はしてなくて、そういう立場の人であることは、分かってましたのでこれ以上びっくりできません。すでにあきれ果てています。今はマスコミのありように絞って書きます。

 もうすぐ選挙です。だから、何を本当は争点にするのか、マスコミというか、ジャーナリズムの本領を、いまほど発揮しないといけないときはないのではないかと思います。しかし、ほうっておけば、麻生氏のニュースよりも、多分今なら、酒井法子さんのニュースで、簡単に埋め尽くされてしまうでしょう。

 でも、マスコミが完全に腐っているかというと、そうでもないと思います。「NHK特集」なんかは力はいっていることもあるし、つい先日も、NHKの「ラジオ深夜便」で、ノーベル賞を受賞され、9条科学者の会の呼びかけ人でもある、益川敏英先生が、「科学者は平和とどう向き合うか」という題目でお話しもされているはずです。

 ただし、こういうのは深夜・早朝ばかりです。私も、この益川先生の話を聞きたかったのですが、朝の4時ころに流れていたはずですが、聞くのはあきらめました。次の日の仕事もありますし。

 つまり、マスコミが右傾化、といったら全部がいっせいに右傾化している、というわけではなく、良識的な人と、そうでない人の綱引きになっているのだと思います。テレビ局で働いている人がおっしゃっていましたが、投稿するなど視聴者からの「援護射撃」があると、視聴率には敏感なので、意見にそった方向での番組がつくりやすくなる。それがないと、戦争や平和を取り上げようとしても、企画が通らなかったり、それこそ深夜枠しかもらえなかったりするのだそうです。

 それを聞いてから、私も積極的に書こうと思っています。「箝口令」をしいているものの圧力を跳ね返すには、一人では無理ですが、力をあわせる人が増えていけば変わるだろうと思います。マスコミはだめ、とほうっておいたら、緘口令を出している人の思う壺です。こういうときこそ、「まけるな!」と応援したいと思っています。

 長々書いてすみません。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析