スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバ革命50年目のその日

昨夜、「ホレホレ節」....実に濃ゆいコンサートでしたね。
で、公衆の面前で、中川くんに恥ずかしい秘密をバラされてしまった八木です....(^_^;)
キューバ音楽

さて、この日曜は、キューバ革命50周年のまさにその記念日。
ということで、こういうイベントを開催いたします。

キノ・キュッヘさんは、お酒が美味しいことで定評のあるお店ですが、この日は、キューバのラムも並ぶ予定。

ちょうど、ながらく入手困難状態が続いていた拙著「キューバ音楽」の増補改訂版も。この日に合わせて発売ということで、これまた会場に並びます。

お近くの方は是非どうぞ!!

7月26日(日) キノ・キュッヘ:木乃久兵衛
「革命そして抵抗の歌を聴け!」CD&Video&トークライブ

(東京都国立市西2-11-32 B1) お問い合わせ/042-577-5971
17:00~ Charge:1,500円(1ドリンク付き)
アクセス/国立駅南口下車徒歩15分  地図

キューバ革命50周年記念日に、キューバやラテンアメリカの音楽を聴きます。「キューバ音楽」増補改訂版も販売。(生演奏はありません)
トーク:八木啓代、聞き手:大熊ワタル 。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

八木さん、いつも楽しくためになる話ありがとう。1点だけ、キューバの7月26日は1953年のモンカダ襲撃の記念日なので今年56年目ということになります。一方、今年の1月1日は1959年の革命成就から50年目の記念日でした。今年2009年が革命50周年の年というのは正しいし、モンカダ襲撃はキューバ革命の出発点と位置づけられていてつながってはいますが、記念日としてはあくまで別個の扱いになります。

はーい

政治的に正しいツッコミありがとうございます。
まあ、そもそもモンカダ兵営の襲撃日を革命記念日というのも無理があるのですよね、

キューバ人もそのへん、結構いい加減に使っているみたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
11月29日(水) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。