スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンジュラスのクーデター・2

ホンジュラスのクーデター。
ちょっと画期的なことになっております。

なにが画期的かというと、かつてなく「ラテンアメリカ諸国の連帯によって、事態の解決が図られようとしていること。
アルゼンチン大統領も、セラヤの帰還に同行することを表明。
ホンジュラスには、中米各国の農民が抗議行動のために、集結しているとの情報も。

一方、スペインも、EU諸国に、ホンジュラスから大使を召還することを要請。

で、ホンジュラス内がどうなっているかと言いますと、昨夜、ホンジュラスの国民的社会派シンガーソングライター、ギジェルモ・アンダーソンくんの携帯電話につながりました。

ちなみに、アンダーソンくんは、べつにキアヌ・リーブスに似ているわけではなく、彼はホンジュラスのカリブ海側であるセイバを拠点に、カリブ系ホンジュラスの音楽をベースにした自作品を発表しています。このカリブ海側にはガリフナというジャマイカの逃亡奴隷と先住民の混血文化があり、英語系の名字も多いというわけ。
アンダーソンくんも、リトミックな音楽を得意とする、とてもいい奴です。ホンジュラスでは、国民的人気があるらしいです。

「いや、もう、何ていうかね.....いま、嵐の中にいるよ、ははははははは」
とはいえ、死者や怪我人はほとんどない状態とのことです。

インターネットはクーデター直後は不通だったものの、現在は復旧。
テレビなどのメディアが遮断されて、情報が止められたという件に関しては、クーデター直後の遮断は、軍の抑圧というより、メディア側の自主規制だったようだとのこと。

現在、ベネズエラからの放送とキューバからの放送は見られない状態ですが、それ以外の国内放送は復旧しています。
(ただ、ベネズエラやキューバの番組も、インターネットで見られるようです。)

いずれにしても、最初軍事クーデターと思われていたものは、実はそうではなく、左傾化していく大統領に対して、国会における反大統領派と軍が共謀して起こしたものであったということ。
(さらに言うと、メディアもグルだったわけで。メディアが富裕層に握られていることを考えると不思議ではありません)

とはいえ、世界がインターネットによってつながれていて、予想以上に速いテンポで国際非難が高まっている中、クーデター派も、70年代や80年代と違ってめったなことができないゆえに、あまり乱暴なこともなく、結果として、それほど危険な状態ではないようです。

というか、抑圧はあるんですが、70年代や80年代に比べると、ぜんぜん怖くない、という感じ。
そう言われたら、あの時代のホンジュラスは、冗談抜きで怖かったですね。生きて出られないかと思ったことありますから。(比べる対象がヤバすぎますね)
まあ、あれと比べると、たいていのことは怖くないでしょう。

昨日の私のブログに埋め込んであるYOUTUBEビデオで、軍隊に向かってけっこう国民の方々が大胆に抗議行動をしていますが、それも、そういう背景あってのことのようです。

とはいえ、まったく先が読めない情勢であることは彼も繰り返しています。
セラヤ大統領の帰還を望むとはいえ、現段階で、そうあっさりと軍と反大統領派が旗を降ろすようにも見えないようです。

とはいえ、この調子では、そうならざるを得ないでしょう。
他国の大統領と帰国するセラヤ大統領に銃を向けることは、もうできないでしょうし、バックアップしてくれる国がひとつもないとあっては、クーデター派もどうしようもない。
結果的に、セラヤ体制強化・ホンジュラスの社会主義路線既成事実化ということになりますか。

しばらく、ウォッチを続けます。



テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ぐらしあす

姐さんの真骨頂ですねぇ。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。