スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急;血の凍るような話が明らかに!

21日から、議論を尽くしたわけでもないのに、いつの間にやら勝手に決まってしまった裁判員制度が始まるが、それを目の前にして、女性だったら、血が凍るような話が明らかになった。

あまりといえば、あまり。
開いた口がふさがらないような話なので、みなさん、ご協力ください。

男性であっても、自分のパートナーや家族、友達の女性の問題、と考えてみれば、他人事ではないはず。

日本という国は、それでなくても、性犯罪の罪が軽いところがある。
大臣や知事が、「男はレイプぐらい出来なくちゃ」とか「それぐらい元気がある方が」というような発言をするような国だからだ。

だから、性犯罪被害を受けた女性に対しても、被害者であるにもかかわらず、心ない言動があったりすることもめずらしくはないし、その告発や裁判自体が、セカンドレイプと呼ばれるほど、女性を傷つけるものであることもめずらしくはない。

そのような中で、それでも勇気を持って訴えを起こした女性が、それ以上にとんでもない目に遭うかもしれない、という怖ろしい話である。

21日から始まる判員制度では、その裁判員は、その事件の当事者とは無関係でなくてはならない。

「無関係でなくてはならないがために、当然、その事件の当事者が誰であるか知らなくてはならない」というために、この選任手続きにおいて、性暴力事件被害者の氏名が裁判員候補者に開示されてしまうことが明らかになったのだ。

しかも、裁判員に守秘義務はあるが、候補者に守秘義務はない。

すでに裁判を控えている、被害者女性たちはパニックに陥っているという。
あたりまえだ。

それに、こんなことが明らかになれば、レイプ被害を訴えることなどできなくなってしまうだろう。いったい、どんな国だ。

ということで、

***大至急!**転載転送大歓迎**

///////////////////////////////////////////////////////////////
裁判員選任手続きにおける性暴力被害者の安全とプライバシーの確保を求める緊急要請にご賛同ください
///////////////////////////////////////////////////////////////

みなさま

5月6日付読売新聞九州版で報じられたように、21日に開始される裁判員制度の裁判員選任手続きにおいて、性暴力事件被害者の氏名が裁判員候補者に開示されてしまうことが明らかになりました。しかし最高裁はこの問題について対策指針を出していません。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20090506-OYS1T00229.htm
被害者保護の手段を講じることなく制度を開始してしまわないよう、緊急の要請を行うことにしました。21日まで時間がありませんが、できるだけ多くの団体・個人の声を届けたいと思いますので、どうぞご協力をお願いいたします。
なお最高裁への申し入れを19日に予定しています。

※署名は19日以後も継続して集めていますので、皆様ご協力お願い申し上げます。(5/21)

●賛同署名の集約先●
以下のフォームを利用してajwrc.shomei@gmail.comにお送りください。


裁判員制度における被害者のプライバシー確保を求める要請に賛同します。

●団体賛同の方
団体名:
●個人賛同の方
氏名:
肩書き(あれば):



要請書

////////////////////////////////////////////////////////////////////
裁判員選任手続きにおける性暴力被害者の安全とプライバシーの確保を求めます
////////////////////////////////////////////////////////////////////

最高裁判所長官 竹崎博允 様

 私たちは、性暴力被害者の権利回復の観点から、5月21日より開始される裁判員制度における性暴力犯罪の取り扱い、とりわけ被害者のプライバシー保護について、重大な懸念を抱くものです。
裁判員が参加する刑事裁判が対象とする事件には、性暴力犯罪である強姦致死傷、強盗強姦、強制わいせつ致死傷、集団強姦致死傷が含まれますが、これらは対象事件の2割以上を占めると予想されています。にもかかわらず、報道によれば、性暴力犯罪事件においても、他の事件と同様に、それぞれの事件で100人にも及ぶ裁判員候補者に対し事件の概要と被害者の氏名が知らされるとのことです。

 裁判員候補者が事件の情報を漏洩することは「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」の秘密漏示罪の対象とはならず、漏洩を防止する確実な手段は整備されていません。しかし最高裁判所はこの問題に対する対策の指針を出さず、各地方裁判所に解決をゆだねる方針であると報じられています。これでは、地裁によってまちまちな解決策となり、被害者のプライバシー保護が公平に保障されない可能性が否めません。現在刑事裁判において被害者のプライバシーが保障されていることとも大きく矛盾します。

 性暴力犯罪は他の犯罪と異なり、性・ジェンダーに関わる社会的偏見ゆえに、しばしば被害者の側に責任が転嫁されたり、スティグマが付与されてきました。
 適切な配慮が行われなければ、裁判プロセスそのものが二次被害を及ぼす場となる危険性があります。こうした性暴力犯罪の特殊な性質が考慮されることなく、他の刑事事件と同様の選任手続きが行われれば、被害者に二次被害発生の不安を呼び起こすだけでなく、二次被害を避けるために、被害にあっても被害届を出さないといった傾向を助長することにもなりかねません。

 一般市民が参加する裁判員制度で性暴力犯罪を取り扱う上では、性・ジェンダー偏見を排除するために十分な配慮を払い、被害者のプライバシーと安全を確保することが必要不可欠です。事件情報の漏洩を確実に防止する措置を講じることなく、拙速に裁判員制度を開始すれば、この制度そのものが、被害者にさらなる加害を招き、性暴力犯罪の訴追と被害者の救済を阻害する原因となりかねません。
被害当事者および支援者との協議のうえ確実な安全保護の措置が講じられるまで、裁判員制度の開始を延期するか、それが困難な場合は、性犯罪に関連する事件について裁判員選任手続きを開始しないよう要請いたします。

**************************************
アジア女性資料センター
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14-10-211
TEL:03-3780-5245 FAX:03-3463-9752
E-mail:ajwrc.shomei@gmail.com
http://www.ajwrc.org/
「女たちの21世紀」最新刊「女性の貧困」特集
http://ajwrc.org/jp/modules/myalbum/photo.php?lid=159&cid=1

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 性犯罪 被害者 裁判員

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

緊急転載~裁判員制度の致命的欠陥

ついに21日から始まってしまう裁判員制度だが、女性の性犯罪被害者に対して致命的な

裁判員制度による深刻な人権侵害

読売九州版GJ。俄には信じ難いが、裁判所が「性暴力被害にあった○○さんは、あなたの知り合いですか」と数十人の裁判員候補者に触れ回り、特に守秘義務はないという。制度対象の事件の2割というから明らかに制度を検討した法務省の手落ちだ。 問題が解決するまでは裁判員制

コメントの投稿

非公開コメント

No title

裁判員制度自体、無理があったんですよねぇ・・・
素人に司法判断を委ねてしまうのであれば、何のために法律のプロが居るのかと
そしてこのようなプライバシーなどの問題も噴出する
裁判員制度なんて悪策もいいとこですよ
天下の悪策、裁判員制度をブチ壊すためにも
国民はもっと叫ばなければならない

No title

>日本という国は、それでなくても、性犯罪の罪が軽いところがある
太田議員はこの発言で選挙に落選しましたし、日本の治安を考えればこんな考えにはならないと思います
いったいどこの国と比べて軽いとおっしゃっているのでしょうか

誤解です

こちらに書かれている内容は誤解です。

どうぞこちらをご覧になってください。
http://anond.hatelabo.jp/20090519194354

No title

枝葉末節なんですけど

>大臣や知事が、「男はレイプぐらい出来なくちゃ」とか「それぐらい元気がある方が」というような発言

って誰の発言ですか?言いそうな奴ならイタリアに一人知ってますけど

誤解ではありません

>ゆきこさん

誤解でも何でもありません。
すでに、司法関係者に確認し、「制度上あり得る」という回答を得ています。
その上での抗議行動なのです。

むしろ、「ぜなら,被害者の知人が偶然に裁判員候補となることは,確率的にいってごくまれにしか起こらないことだからです。」
というほうが、「かなり都合の良い曲解」というべきでしょう。

裁判員候補は100人ぐらいから選任されるため。確率的にごく稀とはとても思えないし、
稀だとしたところで、それが起こってからでは遅いからです。

No title

三浦 朱門元大臣
「男には強姦するくらいの体力があったほうがいい」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%9C%B1%E9%96%80

太田誠一農相・元自民党人権問題調査会会長
「集団レイプする人はまだ元気があるからいい」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%94%B0%E8%AA%A0%E4%B8%80
ちなみに、このときはさすがに次の選挙では叩かれて落選しましたが、すぐに復活して大臣に。これが「軽く」なくていったいなんなんでしょうねえ。

ちなみに米国では強姦罪で数十年ブチ込まれますが、日本は、「二年以上の有期懲役」
で、しかも執行猶予がつくのがザラです。

さらに、福田康夫元総理
「そういう格好しているほうが悪いんだ」

石原慎太郎東京都知事のは、レイプ発言じゃなかったですね。
「“女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です”」
という女性差別発言。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

概ね賛成、だけど

この件、相当問題だと思うし、働きかけていく事自体は大賛成。
ただ・・・
なんでもかんでもジェンダーの問題に還元すんなよ、と言いたい。

No title

私も裁判員制度には疑問があるから意見の趣旨には賛同するが、署名先が「あの」アジア女性資料センターってのもね…。
従軍慰安婦問題にも関わってたところだし、何か変なことにならないか心配。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。