あんたに言われる筋合いはないだろう

総務省の鳩山大臣が、草薙くんのことを「人間として最低」と言ってすぐ撤回したそうだけれど、それを言うなら、泥酔状態で記者会見に出て、世界中に日本の恥をさらした元大臣は、いったいなんなんだ。
「アンタの党だろうが」

と、「忘れかけていた、あの一件を思い出して」、ツッコミを入れたくなったのは、私だけではあるまい。

そうそう。完全無所属を謳いながら、所属詐称で公職選挙法と政治資金規正法で告発されちゃった千葉県知事も、
「アンタの党だろうが」

だいたい、公園で酔っぱらって服脱いだぐらいの軽犯罪で、家宅捜査までって.....日本って、どういう国?
と改めて思ったのも、私だけではあるまい。

そういうことを全部思い出させてくれた草薙くんはさすがだ。
この一件で、ファンが増えたという噂も....。

テーマ : 本日気になったネタ
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 鳩山総務相が「最低の人間」とコメントした段階では、「草剛が『公然わいせつ罪』で逮捕された」との報告しか受けていなかったのではないかと推測します。従って鳩山氏は、草さんが「志村けんさんがコントでよくやるような、若い女性の前で局部を露出させて『オラ、オラ、見ろよ!』と強要する」ヘンタイ行為をして逮捕されたと考えて(あるいはそう報告を受けたのかもしれません)、報道されているようなコメントをしたのでしょう。
 そう誤信するのも当然で、鳩山氏は東大法学部出のエリートなので、公然わいせつ罪が「公然にわいせつな行為をして、他人に性的羞恥心を生じさせ、それにより自己の性欲を満足させる犯罪類型」であって、先のようなヘンタイ行為が対象なのだと刑法学で学んだはずでしょうから。
 だからコメント後に、実は単に泥酔しただけで本来は「よっぱらい防止法」違反で「保護」の対象にしかならない草薙氏を、「公然わいせつ罪」容疑で逮捕し、別件で尿検査と家宅捜索を強行して何も出なかった(しかも尿検査で何の薬物反応も出ていないことが判明後に家宅捜索を行った)という「違法捜査」を知って卒倒したと思います。そこで、本当は警察に対して猛批判したかったのでしょうが、自身が前法相であるので前言撤回だけにトーンダウンせざるを得なかったのだと考えます。
 草さんが地デジのCMから降板させられた場合には批判すべきでしょうが、現時点では鳩山氏にちょっぴり同情しています。ついでに、こんな常軌を逸した警察の不手際の尻ぬぐいを押しつけられた区検察庁にも同情します。

警察・裁判所・大臣の違法

★逮捕執行の違法

逮捕現場は港区赤坂9丁目にある檜町公園。草薙氏の住む同じく赤坂9丁目の東京ミッドタウンに隣接する。公園の広さは、1万5千平方メートルあり、かなり広く、池があるものの、数千人は収容できると推認される。

報道によれば、草薙氏の声を聞いた近所の住人が「赤ん坊が目を覚まさないか」と心配したという。しかし公園周囲に道路もあり、車のクラクションや強いエンジン音とは比べるべくもない、たかだか人間の肉声である。

逮捕された時間は午前3時ごろ、「公園北側の階段を上がって3つ目の外灯から東に15メートル入った地点」であぐらをかいていた(内外タイムス)というから、公園内に人通りはほとんどなく、照明からは少なくとも相当離れていた。人通りもなく、暗い場所であるから、いわゆる猥褻、「いたずらに性欲を興奮又は刺激させ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害」するとは言えない。猥褻罪の構成要件を満たさないことは、あまりにも明白である。

ここで職務質問を行なった警察官は「静かにしなさい」「自宅に帰りなさい」と述べた上で放免すべきであった。しかるに同警察官らは着衣を脱いだ姿を見咎めた。これに対する草薙氏の「裸で何が悪い」という反論は、上述した「人通りもなく、暗い場所」であったことから、当然の反論である。この反論に耳を傾けず、現行犯逮捕した警察の行為は不当であり、かつ警察比例の原則にも著しく違背する。

また、アルコールによる酩酊状態であったことについて検討すれば、酩酊の度が強い場合は、保護の対象であって、法はこの場合、逮捕権の行使を認めていない。

したがって草薙氏の現行犯逮捕は違法であり、極めて不当である。

★捜索差押許可状(家宅捜索の令状)請求の違法

草薙氏はアルコールによる酩酊状態であった。尿検査も行なっている。しかるに赤坂署は午後4時過ぎになって捜索差押許可状を執行した、つまり家宅捜索を行なったのである。これは逮捕に伴う捜索差押(逮捕の現場で差押、捜索又は検証をすること)ではありえず、捜索差押許可状を裁判所に請求した結果である。

何らの根拠もあり得ない請求というべきであり、草薙氏に犯罪を予測すべき高度の蓋然性の存在があったとはとうてい考えることができない。

したがって赤坂署所属の司法警察員の裁判所に対する捜索差押許可状の請求は違法である。なお、この請求もまた、警察比例の原則に反する。

★捜索差押許可状発付の違法

東京地裁あるいは簡裁は、草薙氏の自宅について赤坂署の令状請求に対し捜索差押許可状を発付した。令状の発付は、高度の蓋然性をもって犯罪が予測されるばあいにのみ許される。

令状請求書に添付された疎明資料はきわめてずさんなものと推認できるから、何ら疎明資料を吟味せず、拙速に令状を発付した裁判所の責任はきわめて重大である。捜査官憲の暴走を防ぐためチェックすべき裁判所は、令状発付にともなう審理(職責)を怠った。

したがって裁判所の令状発付は違法である。また令状は無効である。

★捜索差押許可状執行の違法

違法な令状に基づく執行は違法である。

★大臣の名誉毀損罪

鳩山邦夫総務相の草薙氏に対する「最低の人間」(23日)は名誉毀損罪に該当する。これは「最低の人間ではなく、『最低最悪の行為だ』と言い換えさせて頂きたい」も同様である。何ら事実関係を調査することなく、大臣がなした発言の責任は重い。公職、それも大臣という国を代表する要職につく人物の発言であるから、社会的影響力はきわめて強く、なおさら重大な責任を負う。

犯罪事実もなく犯罪の構成要件にも満たない不法・不当な逮捕事実のみに着目し、公職にありながら、「草剛が『公然わいせつ罪』で逮捕された」との報告のみで自ら事実関係を調査することなく。一方的に具体的事実、すなわち草薙氏自身の人格および草薙氏の行為を摘示することにより、草薙氏の社会的評価を著しく低下させたのであるから、刑法230条1項の名誉毀損罪が成立する。告訴は草薙氏とその代理人弁護士がすることができ、誰でも告発することができる。

またこの発言は、草薙氏の品性、徳行、名声、信用その他の人格的価値について社会から受ける客観的評価(社会的評価)を著しく低下させたものであるから、草薙氏には、鳩山総務相(および国)に対し民事上の賠償を請求する権利がある。

草剛の仮想意見(創作)

まあね、ボクは確かに酔っ払っていたの、それは確か。でもね、いきなり警察が来て、裸がいけない、とか言ってるじゃん。あそこ(檜町公園)は広い公園だし、一番近い外灯が15メートルだと内外タイムスも書いているわけ。午前3時だよ。通行人はほとんどいないわけでしょ。誰かに見せようと思ってハダカになったわけないじゃない。服を脱いだら気持ちよかっただけなんだ。

だってさ、自宅から見下ろせるところだったわけ。そろそろ帰ろうと思っていたけど、酔っ払ってたから、ちょっと言いたいことを大声で言っただけなんだよね。

でもさ、公然ワイセツの現行犯逮捕にはビックリだよ。なんかものすごく恥ずかしいことしたみたいじゃない。だって午前3時ごろだよ。近くに歩いている人なんていなかったし、気持ちよかったから服を脱いだだけ。それがそんなにいけないことなんだろうか。

ファンのみんなには申し訳ないとは思っているし、ジャニーズ事務所からもさんざん怒られた。でも、じゃあボクたちって深酒して酔っ払ったらいけないんだろうか。

鳩山邦夫とかいう大臣がボクを「最低の人間」とか言ったらしい、そのあとに「最低の人間ではなく、『最低最悪の行為だ』と言い換えさせて頂きたい」とか言ったらしいけど、じゃあさ、鳩山さんはベロベロに酔っ払ったことがなかったわけ?

たまに羽目をはずすことがそんなにいけないことなんだろうか。別に大事な国際会議のあと、記者会見で羽目をはずしたわけじゃないんだよ。次の日はオフだったし、たまにはしこたま飲みたいときってあるでしょ。ちょっと飲みすぎかもしれないけど、そういう時って息抜きじゃない?

ボクはひとさまに見せようと思って裸になったわけじゃない。もう一回言うけど、午前3時の、だだっ広い公園の中だったわけ。ちょっと大声を出したかもしれないけど、公園の周りには自動車が通る道路があるじゃない。

事務所にはさんざんお説教を受けた、ものすごい損害になったことも知っている。でもボクは人間なんだ。スターだって言われるけど、ホントはみんなと同じ普通の人間だと思ってる。

酔っ払ったとき、ヒトに見せるためじゃなく、深夜の広い公園の中で服を脱いだら気持ちよくて、言いたいことを言っただけ、それって犯罪なんだろうか? 外灯から15メートル離れたところで服を脱いだら、それだけでワイセツ犯罪になって逮捕されなきゃならないんだろうか?

事務所からいろいろ言われているからあまり言いたいことを言えないんだけど、でもボク、ホントは悪いことをしたと思えないんだ。

(以上は法貴の創作であって、ご本人とは無関係です、誤解を招く引用はおやめください)

要人発言集

「裸だと公然わいせつなんですか。ぼく、それを聞いてね、なるほどな、国によって違うなと思った。アメリカはね、ちょうど沖縄返還の時に竹下総理についていったんだけど、最高裁が非常におもしろい判決を出した。人間の肉体の一部が他の部に比べて醜いということはない。とたんにね、セックスも写っている全裸の写真がね、アメリカで解禁になったんですよ。性行為を写すんじゃないんですよ。要するに日本とだいぶ考えが違うんだろうけれどもね。まあ、なんか、やっぱりフラストレーションがあったんだろうね。裸になりたい気持ちがわからないでもないね、おれも。ちょっと騒ぎすぎじゃないですか。他にもっと大事な問題がありますよ」(石原慎太郎 4月24日)

「褒められた行為でないことは間違いないですけど、人間それぐらいのことはやるんじゃないですかね。僕なんかはそんなの山ほどやっていますよ。許された行為ではないけれど、かわいそうでしかたがないですね」(橋下徹 4月24日)

「最近の警察、検察の捜査に若干の違和感も禁じ得ない」「逮捕され、すぐ自宅が捜索される。そこまでやる話なのか。若干の違和感を禁じ得ない」(民主党 鳩山由紀夫幹事長 4月24日)

「人間というのは失敗することもあるけれども、1回の失敗でくじけるのではなくて、しっかり反省してですね、また才能を生かしてほしい」(厚労相・舛添要一 4月24日)


→「地デジに影響があることに強く懸念をしまして、草なぎさんのですね、逮捕の話を聞いて、はらわたが煮えくり返ったもので、言ってはいけないことを言いました。最低の人間だと言ったことは取り消します。最低最悪の行為だというふうに言いかえさせていただきたいと思います」(鳩山邦夫 4月24日)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析