怖さくらべ

えっ忍者?日本人は海外でこんなに勘違いされている
http://topics.jp.msn.com/entertainment/column.aspx?articleid=42687

まあ、ステロタイプ的見方って、どこでもあります。
昨日たまたま、コロンビア関係の人とお会いしたのですが、

「コロンビアって、いま危なくないですか」
「いや、昔(80年代)は危なかったですけど、いまはもうそんなことないですよ、むしろメキシコの方がよっぽど危なくないですか?」
「いや、メキシコは、米国国境付近の北部のごく一部では、マフィアがらみの犯罪が多発してますけど、メキシコシティは平穏ですよ」
「へー、そーなんですか」

という話題に。

そういえば、つい先日、米国メディアで派手に「メキシコの麻薬戦争」が流されているせいで、メキシコで開催される予定であったある国際学会が中止になった。
参加者の多くが米国人だったため、その参加者から「メキシコは危険だからいやだ」という声が多く上がったせいらしい。

で、その連絡を受けたメキシコ人の担当者(某大学教授)は、もちろんキレた。
彼は2年前から、その学会のためにかなりの時間と労力を割いていたからだ。
で、こう言ったという。

「確かにメキシコは危険かもしれませんよ。おたくの国の映画じゃ、悪人はみーんなメキシコに逃げてくるみたいですもんね。でも、言わせてもらえば、うちは、テロリストがビルに飛行機ぶち込むんかないかなんて心配をいつもしなくちゃいけないような国と比べたらね、よっぽどみんな平穏に暮らしてますよ!」

(この話を、この直後に、怒りまくっている本人から聞いて、私は、同情するより先に、吹いた)

で、話戻して、コロンビア通の彼によると、コロンビアで麻薬マフィアがもっとも活動が活発でドンパチが多かった頃で、年間の麻薬犯罪がらみの死者が、内戦の死者も含めて、年間2万人程度。(人口4000万で)

ちなみに、非常に危険であるらしいメキシコの麻薬関連の死者が年間6000人。(人口1億人で)

それに引き替え、日本の自殺者数年間3万人。プラス行方不明者数年間10万人。(人口1億2千万人で)

.......どこの国が一番怖いって?





日本の行方不明者について、追記。
http://blog.goo.ne.jp/giants-55/e/08c114b1eb77ceffcdccb52e5f6594deより

年間の自殺者が3万人を超す我が日本。単純計算でも、1時間当たり3人強が自らの命を絶っている事になる。そして、行方不明者数(家出人捜索願受理数)は年間で101,855人に上るというのが、平成15年度の警察庁生活安全局地域課の資料に載っている。あくまでも捜索願が出されているケースに限定されており、出されていないケースを含めると、年間の行方不明者数は20万人を超えると推定されている。

捜索願が出された101,855人の内、約88%に当たる89,734人は所在確認が取れたという事だが、それでも1万人以上が行方不明のままという事になる。

コメントの投稿

非公開コメント

米墨国境の怖い地域

>「・・・メキシコは、米国国境付近の北部のごく一部では、マフィアがらみの犯罪が多発してますけど・・・」

あっ、これってフアレス市 (Ciudad Juárez) のこと? 映画で観ました『ボーダータウン 報道されない殺人者』("Bordertown" - "La ciudad del silencio")。

女性ばかりを狙った拉致+強姦+殺人+死体遺棄

の事件数が過去15年間に500件(推計5000件)・・・。
米墨国境都市(ボーダータウン)だからなんだろうけれど、警察・行政からメディアまで知らん振りしてるらしい。マフィアと結託した警察・行政・マスメディア。

http://www.bordertown.jp/
映画『ボーダータウン 報道されない殺人者』オフィシャル・サイト
http://www.varietyjapan.com/news/movie_dom/2k1u7d00000bkw2x.html
グレゴリー・ナヴァ監督が世界的無関心に警鐘 『ボーダータウン』試写会で“悲劇”の真相語る(VarietyJapan 2008/08/23)
http://editorsnote.cocolog-nifty.com/days_of_books_films_jazz/2008/10/post-4308.html
『ボーダータウン 報道されない殺人者』のフアレス (Days of Books, Films & Jazz, October 21, 2008)


米国では劇場公開されなかったようですが、映画では、綺麗なだけのねえちゃんだと思っていたジェニファー・ロペス (Jennifer Lopez) が好演していました。

http://www.youtube.com/watch?v=tikIenRQ_K8
Bordertown 2007 -Movie Trailer - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=NvZrbLjJowA
Jennifer Lopez talks about (Bordertown 2007)  - YouTube

政官財と報道の結託が、怖い社会を作り出す・・・のでしょうねぇ。

Re: 米墨国境の怖い地域

シウダー・フアレス以外でも、メキシコ北部では、麻薬マフィアの内部抗争がらみの殺人が頻発しているのです....。また、現政府が「麻薬戦争」と銘打って、取り締まりを強化しているので、その仕返しとして警官が襲われる事件も頻発。
ただ、こちらは一般民間人にはあまり被害が出ていないのもあって、首都メキシコシティでは、不安感が少ないのです。

グレゴリー・ナビは、ジェニファー・ロペスが、まだ新人だった頃から、高く評価していて、1995年の「ミ・ファミリア」でも彼女を起用し、絶賛しています。そのときの繋がりでしょう。
この映画も、アメリカに移住したメキシコ人3世代を、その時代時代の音楽や政治背景と共に描いていて、おすすめです。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10563/comment.html

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
3月30日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析