ライブのお知らせ

晩夏、いつまでも蒸すものの、夜はちょっと涼しく眠りやすくなっています。
さて、ライブのお知らせです。

9月7日(木)は、六本木のラテン・フォルクローレ系ライブハウス『ノチェーロ』に登場です。
いわゆるラテン風パブで、ゆっくりお楽しみになりたい方に。
前回は、満席でお入りになれなかった方もおられて、申し訳ないことをいたしました。
こういうことはめったにないのですが、ご予約いただけると確実かと思います。
ネットから、もしくは、お店にお電話でどうぞ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
◆9月7日(木)
六本木 ノチェーロ (東京都港区六本木6-7-9 川本ビルB1)
お問い合わせ・ご予約/03-3401-6801
出演/八木啓代(vo)、小林智詠(g)、
1st 19:30 2nd 20:45 3rd 22:00(入れ替えなし) Charge:2,400円(おつまみ一品付)
アクセス/日比谷線・大江戸線六本木駅より徒歩2分
地図はこちら
http://www.nochero.com/map.htm

ネットからのご予約は
http://www.nobuyoyagi.jp/JAPANESE/reserv.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

それから、いわゆるライブではないのですが.....金満里さん主催の劇団『態変』の公演にゲスト出演いたします。

この劇団は、自ら重度身障者である金満里の「身体障害者の障害じたいを表現力に転じ、未踏の美を創り出すことができる」という着想に基づいて、身障者自身が演出し、演じる劇団です。といっても、ふつうのお芝居のような「セリフがあって、役を演じる」というのではなくて、誤解を恐れずに言うなら、前衛的な舞踏系、というほうがいいかもしれない。
もう、金さん、強力にパワフルで魅力的な方(八木が言うのですから、そりゃあもう)でありまして、八木、賛助出演で、普段歌わないビクトル・ハラの歌を歌います。

9月21日~23日に扇町公園 NGR雷魚テント。
ビクトル・ハラに捧ぐ「ラ・パルティーダ」という作品です。
クールラニングスの佐伯雅啓さん、CICALA-MVTAの大熊ワタルさんもご一緒します。

詳細やチケットご予約はこちらからどうぞ。
http://www.asahi-net.or.jp/~tj2m-snjy/partida/partida06.htm

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
11月29日(水) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析