二人の女

さて、メキシコは小康状態なので別の話題。

こないだ、ある方にお会いした。(て、これじゃわからんよね)
じつは、ある分野において有名な方で、しかも「悪女」、それも「頑迷で陰険な人」というレッテルを貼られてきた人。

私が彼女を知ったのはここ数年ぐらいだが、その初対面の印象は「天真爛漫でエレガントなおばあさま」
あとで別の人から、その問題の「レッテル」についてきかされて、私の印象とのあまりの違いに驚いた記憶がある。

まあ、第一印象があてにならないというのは良くあることですが、しかし、彼女とはその後も何度も会って話したけれど、その印象は揺るがない。
作為的に自分のイメージを作っているようにも思われない。というか、彼女が私と合うのは、まったくプライベートな場で、しかも彼女は私が「たまにモノ書き」であることは知らないので、作為的に自分のイメージを作ることに意味もない。

そう思うと、彼女に「悪いイメージのレッテル」が貼られた原因は、ある「有名人」の嫉妬と怒りを買ったから以外の何者でもないとしか思えない。皮肉なことに、彼女が天真爛漫でエレガントであればあるほど、その怒りはエスカレートしたものと思われる。

その一方で、明らかに彼女にレッテルを貼った張本人である「有名人」の方が、それではじつは悪人かというとまったくそうではない。
その方はその方で、ご自身の才能と努力で素晴らしい業績をあげた方である。人格的にも慕う人は多い。
ただ、素晴らしい業績を上げる人というのは、それだけのパワーもあるわけで、そのパワーが特定の人に対する憎悪の方向にむけば、これまた人並みはずれたパワーであったということだろう。

だから人間は難しい。

しかし私が本当に凄いと思うのは、自分にそのようなレッテルが貼られ、明らかにストーリーが捏造され、多くの人に誤解されていることを知りつつ、そのことに対して、数十年以上も、泰然と(いや、ほんとは泰然としていたんじゃないかもしれないけど)、すくなくとも誰の悪口も言わず反論もせず、過ごしてこられたというその事実。

でも、その方のお話って面白いんだよ、これが。もちろん、そういうレッテルのネタではなくて、若い頃の冒険談。有り金全部呑んじゃって遠距離を柳を愛でながら歩いて帰った話。ヨーロッパを旅した話(その時代にね)。
いまだって、見事なファッションセンスである。銀髪に紺のペレー、ジャケット。伸びた背筋。
タバコになにげに火を付ける仕草も、かなりかっこいい。

ああ、でも、だからこそこの人は、その人に憎まれたのだと思ってしまう。

そして、ふとその方が、こう言われた。
「あなたを見ていると、若いころのわたくしを思い出してしまうわ」

.......複雑なものがあった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
11月29日(水) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析