スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗談

ちと失敗談。

夕食の時間が近づくも、なぜか、「ゴハンヲツクロウ」という気が湧かない。
たまにあるんだよね。
それならそれで、お総菜でも買いに行けばいいんだけど、それもおっくう。

というわけで、そういうときはだいたい、冷凍しているものを解凍して温めたり、簡単なものを作ることになる。

本日は、冷蔵庫に豆腐1パックがあったので、ごくごく簡単で旨い「豆腐と帆立の中華風卵とじ」を作ることにした。

豆腐は麻婆豆腐ぐらいに適当に切って、よく水を切っておく。(急いでいるときはレンジで2分)。
中華鍋に少し胡麻油を入れて、豆腐を入れ、あればネギを切って入れ、酒と水と帆立缶詰ひとつ入れて軽く煮て、薄口醤油で味を整え、片栗粉でとろみをつけ、溶き卵をさっと流す。
それだけ。

帆立の缶詰から出汁が出ているので、これだけでとてもおいしい。
簡単だし、帆立缶さえ常備しておけば、あとは豆腐だけ。風邪をひいたり胃腸の調子が悪いときにもよい料理だ

で、簡単で美味しいものをさっと作るはずだったのだが....。
魔が差してしまった。

そう。魔。

なんかこう、これに春雨を入れたらどうなるかな、とか思っちゃったんだよね。
で、思うだけにすればいいのに、入れてしまいました。

結果。

いや、味付けが変わるわけではないので、まずくはない。
まずくはないのだけど、豆腐と帆立と卵で成り立っていた良いバランスがなんか崩れて、春雨の自己主張が強すぎ。春雨よ、おまえって透明でおとなしいやつかと思っていたのに、そういうやつだったの。
しかも、春雨が汁をどんどん吸ってしまってたので、見た目も悪くなってしまった。

ううん。調子がいまいちの時に、思いつきを実行に移すべきではないな、と思ってしまいました。
(でも、思いつきで作ったものが激美味しくて、調子までリセットになることもあるんだけどなあ)

でも、最初に挙げた「豆腐と帆立の卵とじ」はとてもおいしいので、良かったら試してみてくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。