ごく簡単に旨いものを食べるための荒技

ああ、嫌な予感というのは当たるものとしかいいようのない一日だった。>石原再選
で、本日の日記は、現実逃避モード。

先週からやたらに忙しかったのだが、その中でかけ込みで家で打ち合わせをやることになり、わざわざ東京の西端から足を運んでくださる相手さんに、では、打ち合わせ後は夕食もご一緒に.....ということになった。
誘ってから気づいたが、相手の方も、食にはちょっとこだわりのある人。
といっても、別の仕事に追われていて、仕込みをやっている時間もなかったので、荒技を使う。

いや、なんてことはない。「築地に仕込み」である。
忙しいのに.......というのはかえって逆で、築地に行けば、刺身の新鮮な食材がまとめて簡単に手に入るのだ。
家に食材が全部あって献立もほぼ決まっているならともかく、どうせ買い出しに行って、旬の食材を見て、よいものを選び、もてなし料理の献立を考え............ということを考えると、「築地の刺身」は頭を使わない。
しかも、朝早くに開いているから、ぱっと行って、ぱっと買って、ぱっと帰ってきてしまえるのだ。

もちろん、後処理に手のかかるようなものは今回は避けて、マグロ、帆立、ウニあたり。切って並べるだけ。(爆) 街の料理屋で注文すれば、相当とられるようなものを、きわめてリーズナブルに食べられるというわけ。
なかでもマグロ屋さんがポイントである。
マグロは、「今日食べる分」(といっても築地のマグロは鮮度が高いので、余ったら翌日でも大丈夫)のほか、「冷凍室に保管して2週間ぐらいのうちに食べる業務用冷凍品のお刺身」、「翌日以後のおかずになる、刺身以外のカマや頬肉など」を一気に買えてしまうからだ。カマはでかいの二つで1000円だよ。
翌日、翌々日のおかずも仕入れられるから、結果的にはかなり格安。
あちこちまわるわけでもないから、所要時間も意外に短い。

結局、その日は、そのあとも出かけたりしていたら時間ぎりぎりになって、そのあと家を必死で片づけて(爆)、何とか格好がついたところで、来客到着。資料を広げて打ち合わせしていたら、もう8時過ぎ。
せめてこれぐらいは作ろうと思っていたお浸しとか簡単な煮物も作っている時間がなかった。
もちろん大根切ってツマを作る暇もなく、サラダ菜を敷いて並べただけで、あとは一応ワインぐらいしかなかったのだが.......。

が、日本人にとって、新鮮な刺身の威力は絶大である。
しかもこの一言がとどめを刺す。
「今朝、築地に行って仕入れてきたんですよ」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析