スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のキューバ男たち


さて、7月は悪夢のように忙しく、ほとんど日記が書けなかったのは、何を隠そう、キューバ人たちのせいだった。

東京の夏音楽祭という音楽祭の企画に協力することになったのが、今年の春なのだけれど、まだ日本に紹介されていなくて、なおかつキューバを代表するにふさわしい....という書けば簡単だけど、実はぜんぜん簡単ではないお題を出されて、ちょっと頭をひねる。

日本に紹介されていない美しい音楽といえば、やっぱりトローバでしょうねえ。
ただ、日本というトローバという概念がまったく知られていない国に、これを紹介するにあたって、どうしたらよいものか。
で、スケジュール的に可能で、音楽性が高くて、重鎮で、なおかつ性格が良い(これ重要)ビセンテ・フェリウに話をし、さらに、同じくヌエバ・トローバの創始者組で、ビセンテとはスタイルが違っていて、それでもなんか相性の良さそうな(単なる八木の思いつき)ラサロ・ガルシアとアウグスト・ブランカに声をかけてみたわけ。
3人でのコンサート。それもヌエバ・トローバだけではなくて、古いトローバから始めて、「トローバという世界」がわかるようなもの。

ふつうにキューバ歌曲のコーラスをやるんなら、コーラスグループを呼べば簡単で綺麗なものができるんだけれど、それじゃつまらない。歌です。トローバです。

トローバはジャンルではなく、いわゆるシンガーソングライターの歌でもない。キューバというものを消しがたく根っこに持つ「死ぬまで」吟遊詩人たちの作る世界なのだということをわかってもらうためのライブです。

「それは面白そうだねえ。僕らには常識でも、外国人はたいてい知らないし、キューバ人ですら最近の若い子でわかってない子がいるからねえ」とさすがにビセンテ、意図を理解して、すぐ乗ってくれる。

あとでわかったのだけど、3人一緒にやるのはこれが始めてではなくて、ただし、前回3人が一緒にコンサートをした1980年のボリビアでは、クーデター未遂事件騒ぎに巻き込まれて、彼らは逮捕投獄を経験したとか。

で、3人の他に、ヌエバ・トローバ第二世代のトロバドールでもあるペペ・オルダスも加えての編成はすぐ決まったのですが、ペペはなんと、1990年に私がチリに行ってライブやったときに、一緒に銃撃されそうになったやつであった.....というあたりが、軟派に見えながらも政治とは縁の深いヌエバ・トローバ陣営らしいところです。(笑)

これに加えてピアノとベースが入るはずだったのですが、来日直前になってピアニストが腱鞘炎で来日不可に。まだ査証がぎりぎり間に合いそうだというので代役になったのが、アレハンドロ・バルデス。

こんなギリギリで代役なんて大丈夫ですか、というフェスティバル側の懸念の声に、とりあえず、Googleで検索してみる(笑)と、この代役のアレハンドロの名前が一番たくさん検索結果に出てくるではないか。
なんと彼、2001年のラテン・グラミーアルバムに参加していたのでした。
グラミー賞とってるやつが代役???
と思ったが、そこが、キューバなんだなあ、また。

「だって、グラミー賞なんて取ったって、キューバじゃそんなの誰も知らないよ」(後に本人談)
まあ、知らないってことはないと思うんだけどさ。

この彼のギター、ほんとに素晴らしいかったですね。
天才的な人というのは、学ぶまでもなく、とても自然に楽器なり道具なりを手にして、鍛えられた体の延長のように完璧に無駄のない動きで扱うものですが、アレハンドロのギターはまさにそういう音です。あれ、すべて独学なのだそうで。(だから妙なギターの持ち方してましたが)
超絶技巧を売りにするプレイヤーは数多いですが、あの空気を呼吸するような自然さは彼独特の響きとしか言えません。

          写真:アレハンドロ・バルデス by 岡部好

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。