メキシコの新年

みなさま、あけましておめでとうございます。

もちろん、大掃除と年越し蕎麦とTVの日本の大晦日とは違って、メキシコのお正月は年越しパーティー。

いつごろからか新年を迎える瞬間に黄色のパンツをはいていると、来る年に金運に恵まれ、赤いパンツだと恋愛運に恵まれるという俗説が広まって、メルカード(市場)付近では、赤パン、黄パンを売る屋台がずらり。これはもちろん、ボトムスという意味のパンツではなくて、下着のパンツね。
しかし、黄色と赤ばかりなので、なんかすごいものがある。
それから、葡萄。なぜか新年の瞬間に葡萄を食べながら願い事をするという習慣もあって、あちこちで葡萄売りも。

私は、今回の年越しは、あるミュージシャンの実家であるコヨアカンの旧家のおうちに招かれました。
フランシスコ・ソーサ通りのその大きなおうちの、石造りで天井が高くて調理台にはタラベラ・タイルの貼ってある、古くて広いダイニングで、持ち寄り宴会。
深夜12時の到来と共に、シドラ(林檎酒)で乾杯して、葡萄を一気食べ。それから、その場の皆さんと抱きつきあってほっぺにキスのあとは、大宴会です。

ウイトラコチェ(トウモロコシに付くペースト状の真っ黒なカビの一種で、イカスミみたいな感じ。くせはなくて、とても滋養がある)と生ハムのエンパナーダ、パエジャ、羊肉のミショーテ(サルサに浸けた肉の紙包み焼)など。
メキシコシティは高地なので深夜に食べ過ぎると胃がもたれてあとがきついので、セーブしながらです。
でも、おいしかったよ~!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析