スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixiの規約改正問題

mixiの規約改定問題については、もうあちこちでお祭りになっているので、
いまさら言うまい。

それよりある意味、ムカついたのは、昨日出た「追記」の方だった。

本文だけでは「誤解を避けるため」っていっても、本文に書いてある内容自体が、もう日本語としては、意味することは明らかなわけです。

--
>>1.本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。
>>2.ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。
--

しかも、18条に入れていたあたりが、なかなかのもの。
どうせみんな改訂規約なんてちゃんと読まないと思っていたのが見え見え
であります。
ついでにいうと、「著作者人格権」というのはこういうもの。
「公表権」というのは、すでに公表されたものには該当しないから、「全体に公開の日記」は関係ないと思っている人の書き込みもあったが、それは違う。
公表権などは、著作者人格権のごく一部(しかもさほど重要ではない)にしか過ぎないわけ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E8%80%85%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E6%A8%A9

ついでに、19条の免責事項も非常に不愉快。

----
>>5. 弊社は、次に掲げる場合には、当該日記等の情報の内容を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(以下、本項において「閲覧等」といいます)ができるものとします。弊社は、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
(1)弊社が日記等の情報を投稿したユーザーの登録メールアドレスに宛てて閲覧等の同意を求める電子メールを送信した場合であって、次の各号に掲げるいずれかに該当するとき。
(ア)当該ユーザーが閲覧等に同意したとき。
(イ)弊社が閲覧等の同意を求める電子メールを送信してから2日以内に、これを拒否する旨の当該ユーザーの電子メールでの回答が弊社のメールサーバに到達しなかったとき。
--
こんなもの、深読みすれば、「メールを送ったが拒否するメールが到達しなかった」といえばやりたい放題ですね。
だいたい、実際にやったとしても、私なんてちょっと遠くに出張に行ってたら、もうアウト。バカンスにも行けやしない。

実際、わたくし、前にある会社に不払いをくらったときの裁判で、もちろん、内容証明から裁判にいたる前に、通常の請求書を何通か送っていたわけですが、いざ、裁判になったときに、先方が、請求書を「受け取っていない」と堂々と主張したので呆れたことがあります。

もちろん、実際にmixiが著作者人格権を剥奪して、たとえば誰かの日記を、別名義で「複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと」をやれば、民法上の不法行為として、争うことは可能だと思うけどね。
 
で、追記のほうは、「改正部分に思った以上の人たちが反応して、炎上したからあわてて言い訳。ただし、非常識な規約を作った自分たちの非を認めるとかっこつかないし、あの規約はあくまで生かしたいので、ユーザーの《誤解》のせいにしましょう」ってことでしょう。

きわめつけはこれ。

---
>>附則
1 本利用規約は平成20年4月1日から施行します。
2 本利用規約の施行前にユーザーによって行われた行為についても本利用規約が適用されます。
---

これから書く内容に気をつけようってのも駄目なわけです。過去の日記もすべて著作人格権剥奪とmixiの「当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾」の対象。

この態度にはむかつくな。
18条の撤廃と19条および附則の改正がない限り、やっぱり辞めようと思っている今日この頃。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。