fc2ブログ

ひさびさに食卓ネタ

つい先日、頂き物のかつおを、半分は刺身でにんにく醤油としょうが醤油でいただき、残り半分をタタキにして、茗荷と紫蘇の薬味とタレ(味醂と醤油)で。
いや、日本人に生まれて良かったと思いますね。

その翌日、かぼちゃのポタージュと鶏のわさびマヨネーズソースを作る。
というか、冷蔵庫を確認したら、そろそろやばいかも、というかぼちゃがあったので、それを煮てミキサーにかけたのが、ポタージュ。
もうひとつは、冷凍室にあった鶏の腿肉を解凍してソテーしたものに、これまた残り物の手作りマヨネーズ(もちろん、油を一滴一滴落として作ったわけではなく、バーミックスであっという間に作ったやつ)と残り物の本わさびをすりおろし、少し牛乳で延ばしたものを載せたもの。
いや、じつは、先だって某フレンチ系レストランのランチで、同じコンセプトのものを食べたのだけど、どうもそこの味が気に入らなかったわけ。いや、まずいってほどではなくて、それはそれでまあおいしかったんですが、わさびが強すぎて、鶏の風味を殺しているような感じがしたのね。
で、ちょうどうちに、わさびとマヨネーズがあったので、「私ならこうやるぞ」というわけね。
(たぶん、普通の市販のマヨネーズとチューブ入り練りわさびでも、丁重に味を見ながら作れば、かなり美味しくできると思います)

で、昨日は、豚の吟醸漬けです。豚肉の安いときに買っておいて、味噌と酒粕で漬け込んでおいたのを焼いて、かぼちゃのポタージュの残り。和洋折衷ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Antes de ti”試聴やご購入はこちらから

★既刊情報
3.11を心に刻んで (岩波ブックレット)
人は、どのような局面において言葉をつむぐか。30人の執筆者が震災を語ったエッセイ集。澤地久枝、斎藤 環、池澤夏樹、渡辺えり、やなせたかしらと並んで八木も寄稿。
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊で特捜検察の現実がわかります。
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録

★ライブ情報

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析