法的に虐殺を裁くということ:映画「グラニート 独裁者に爪をかけろ!」

 80年代のグァテマラで、20万人もの人々が虐殺されたという恐ろしい事実をご存じの方は、どれぐらいおられるだろうか。
 現在のシリア内戦に匹敵する数字で、言うまでもなく、たくさんの難民も生み出した。
 にもかかわらず、このとんでもない事実が日本ではあまり知られていないのは、当時、国際的に大きく報道されることがなかったからだった。

 虐殺を行ったのは、当時のグァテマラ政府。そして、そのグァテマラ政府の所行を知りながら、黙認し、軍事援助さえ行っていたのが、ほかならぬ、アメリカ合衆国だったのだ。

 そして、20年の時を経て、この虐殺を検証し、当時の責任者を訴追するという動きが現れた。

 といっても、実はそれほど簡単なことではない。20年前に虐殺が存在したことを立証し、かつ、その虐殺が、当時の大統領や政府高官の命令でおこなわれ、彼らはそれを認識していたということを、法的に、証拠をもって、立証しなくてはならない。

 この訴追事件を追ったスリリングな映画が、本邦初公開される。それも無料

 フライヤー掲載の「あらすじ」をここに引用する。

 ある日、ニューヨークのドキュメンタリー映画作家パメラのもとに、スペインの国際弁護士アルデムナから連絡が入る。現在、スペインで進行中の、「80年代の中米グァテマラでの先住民大量虐殺事件」について、当時の独裁者リオス = モント将軍を国際法廷で訴追するための証拠を捜しているというのだ。パメラは、80年代にグァテマラで、虐殺事件の取材をしたことがあった。その経験をもとにドキュメンタリー映画『山が震えるとき』を発表し、サンダンス映画祭グランプリを獲得、また、その主要出演者だったマヤ・キチェー族の女性運動家リゴベルタ・メンチュウを世界に紹介したことがある。しかしまだ、グァテマラでの膨大な未編集のフィルムが倉庫に眠っている。

 これらを証拠に、行方不明者45000人を含んで、20万人にも及ぶグァテマラのジェノサイドとその責任を立証できるか。

 アルデムナの依頼に応じてフィルムを捜すうち、彼女の過去の記憶が鮮烈に蘇る。山地のゲリラ軍に極秘裏に接触した経験、その事実を隠して軍関係者と親しくなり同行取材した経験、大統領自身とのインタビュー ....。

 そして、この国際法廷での証拠捜しと証言を通じて、20年の時を経て、ふたたび彼女は、当時の関係者と相まみえることになる。彼女に山で取材することを許したゲリラ司令官、彼女が乗っていた軍のヘリを撃墜した先住民ゲリラ兵士、何者かかから軍の秘密書類を託された女性ジャーナリスト。そして、軍によって村ごと虐殺され、家族も皆殺しにされた中で、奇跡的に生き残った先住民の男性...。さらにパメラの取材は、現在のグァテマラに続く。生命の脅迫を受けながら、グァテマラ市内から次々発掘される死体を調査する死体考古学者、父親が行方不明になったまま成長した少女。大量に発見された警察の 極秘文書。笑って虐殺の存在そのものを否定する大統領自身に対し、彼が当時のジェノサイドの最高責任者であったことをどう立証するか。スペインの裁判所は、それに対してどう判断を下すのか。彼らの息が詰まるような攻防が始まる。

 内容の重いドキュメンタリーだが、一級のサスペンス映画に似た見応えのある作品である。
 日本語字幕製作には、私もかかわらせて頂いた。

 お時間のある方は、是非、ごらん頂きたい。

2015年11月11日(水) 17:00-19:00
上智大学四ツ谷キャンパス 2号館409教室

(最寄り駅:JR/地下鉄東京メトロ南北線・丸ノ内線四ツ谷駅)

参加費無料・事前登録不要・日本語字幕付

主催:上智大学グローバル・コンサーン研究所 
お問い合わせ: i-glocon@sophia.ac.jp / 03-3238-3023
フライヤーダウンロードはこちら


予告編(英語版)
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
9月7日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析