スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle本を出してみました:すべての原点がここにあります

 Kindle本を出してみました。
 といっても、例の「検察崩壊」はすでに、毎日新聞社からKindle版で出ているのですが、そっちではなく、自分で出版するDirect Publishingというやつです。
禁じられた歌表紙
 じつは、私がかなり前に書いた本で、「禁じられた歌」というビクトル・ハラについて書いたドキュメンタリーがあります。ビクトル・ハラというのは、1973年に亡くなったチリの音楽家ですが、ただ亡くなったのではなく、9月11日の軍事クーデターの時に逮捕され、臨時拘置所となった国立スタジアムに収容されたのち、虐殺されたのです。

 一説には、彼は、他の収容者を励ますためにギターをとって歌おうとして、軍人にギターを取り上げられ、それでも手拍子で歌い続けようとしたために、腕を叩き折られ、さらに撃ち殺されたということになっており、そのおそるべき死に様が語られることによって、チリの軍事クーデターの最大の汚点(というより本質)として、また、その後のチリの反軍政運動のシンボルとなった人物です。

 といっても、誤解を招きたくないのですが、そういう経緯を知らなければ、そのような激しい死に方をするようなことになるとはとても思われないほどに、彼の歌声はとても優しいもので、また、歌曲は、美しいメロディに満ちあふれています。音楽的な水準も高いものです。

 私は中学生のころ、たまたまビクトルの歌を聴いてすごく好きになったのですが、そのころはそんな壮絶なストーリーは知らず、かなり後になってそれを知って驚いた記憶があります。その後、私が、メキシコでスペイン語を学び、また音楽方面に進むようになったのは、べつにそれが直接のきっかけではないのですが、まったく関係がないとも言いきれないでしょう。

 で、この本は、当時、図書館協会選定図書にもなり、重版もされたのですが、なんといってもそれからだいぶ年月が経ったこともあって、事実上の絶版状態になっていました。Amazonの中古でコレクター価格が4000円以上というのは、希少性を考えると当然かもしれませんが、どうも、私としても釈然としません。
 むしろ、ビクトルを殺して成立したチリの軍事政権で徹底した新自由主義経済が推しすすめられたことで何が起こったかを知っているだけに、TPPを前にした今の時代に読んでもらいたい本でもあると思いました。

 一方で、このビクトル・ハラの作品から、ソウルフラワー・ユニオンの中川敬さんが、「平和に生きる権利」を日本語訳して、バンドでもソロでも録音しておられます。(そのきっかけが、この拙著であったこともあとで知りました)。この「平和に生きる権利」が、いままた、反原発のテーマの一曲として、大熊ワタルさんたちの手で反原発デモなどの中で演奏され、歌われ、新たに録音もされました。

 さらに、昨年12月、チリで、ビクトル・ハラを殺害した兵士がついに特定されて逮捕され、法の裁きをうけるという報道もされました。
 http://www.bbc.co.uk/news/world-latin-america-20861432

 40年の時を超え、ビクトルの名前を耳にする機会が増えるとともに、私も、自分の原点であるあの本を、もう一度、多くの人に読んでもらいたいと思ったのです。

 といいますか、最近、「なんでラテン歌手の八木さんが、検察にああまで堂々と喧嘩を売ってこわくないのか?」という素朴な疑問を投げかけられることが多いのですが、実をいうと、その答えは、この本にあると言っても過言ではないからです。

 当時、20年前に、20代のわたしは、ビクトル・ハラという音楽家のことを知りたいと思い立ったというだけの理由で、キューバやメキシコの音楽家の口を割らせ、亡命者を捜し出し、軍政下に極秘の手紙を送り、あげくに、民主化直後のチリに乗り込んでいって、銃撃されそうになったり、刑務所に潜入したりしている。(そして、実際に、私のインタビューを受けた後で、殺害された人も2人います)
 それと比べれば、日本の検察なんて、おそろしいうちにははいらないじゃございませんか。

 で、さっそく、出版社と表紙デザイナーの方に許諾を得て、Direct Publishingを利用することにしました。

 Kindle本の作り方は、htmlの知識がある程度あると、じつはそう難しくはなくて、ネットを検索すると、縦書きの作り方が簡単に出てきました。
 要するに、青空文庫の本をKindle化するやり方です。
 http://netbuffalo.doorblog.jp/archives/4241501.html

 あとは、Kindle Previewerをダウンロードして、確認しながら作っていくだけです。
 
 スタイルシートは、外部ファイルにまとめ、改ページは、<mbp:pagebreak/>という特殊タグになりますが、あとはだいたい、ガイドラインを見ていれば作れます。
 画像などは別にスキャンして、htmlに入れ込み、最後にzipファイルにまとめます。

 あとは、「Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP) へようこそ」 というページの指示通りにやっていくだけで、登録できてしまいます。

 それでできたのが、これ

 本体定価2300円で、Kindle価格880円ですから、62%オフでたいへんお得です。
 40年前のチリの教訓を無にしないためにも、そして、反原発デモで演奏されているあの曲に心惹かれるあなたにも、あるいは、八木がなぜ、検察にメン切って笑っていられるのか知りたい方も、ぜひ、お手にとって見てください。(っても、電子版ですので、正確には手に取れませんけど)

【平和に生きる権利】ビクトル・ハラ バージョン


【平和に生きる権利】ソウル・フラワー・ユニオン バージョン


【平和に生きる権利】 ジンタらムータ with リクルマイ バージョン
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。