FC2ブログ

日本料理

メキシコにいると、必ず友人たち(メキシコ人)の
「日本食レストランの美味しい店って何処?」
という質問がある。

まあ、そら「本物の日本人おすすめの店」を知りたい気持ちはわかる。

でも、正直言って、メキシコシティの日本料理店は私あまり知らないのですよ。わざわざメキシコまで来て、えらく割高の日本食食べたいと思わないですもん。

で、先日。
ちょっと世話になった友達にうちで手料理を御馳走しようかという話になったら、キラキラウルウル目で
「それって日本料理だよね?」
と言われてしまった。

言うまでもなく、メキシコで日本料理を作るのは、食材も気圧も違うので面倒なのだが、考えてみれば、たしかに、メキシコ人がメキシコで、日本人の作るメキシコ風料理を食べたくはないだろうよなあ。

でも、車もないし、遠くの専門店で特別な食材を高い値段で買うのも嫌なんで、近所のスーパーで、使えなそうなものを物色。メキシコではちょっとアジア食ブームみたいで、中国の緑豆春雨とかsushi用米(要するに短粒米)などもスーパーに売っていた。
米は、専門店でカリフォルニア米とか買うと、それなりにおいしいらしいのだけど、まあ、どうせ客はメキシコ人だし(←暴言)

なので、圧力鍋で短粒米を炊いて寿司飯にし、スモークサーモンと胡瓜の薄切りで関西風の押し寿司を作り、春雨サラダ、煮豚など。

私としたら、まあぎりぎり合格点程度なのだったが、客(あとで聞いたら、日本食フリークだったようだ)は大感激してくれたようで、あちこち触れ回っているようである。
あああ、やめてくれ。このままでは、また日本料理を作らなくてはならん.....




プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
3.11を心に刻んで (岩波ブックレット)
人は、どのような局面において言葉をつむぐか。30人の執筆者が震災を語ったエッセイ集。澤地久枝、斎藤 環、池澤夏樹、渡辺えり、やなせたかしらと並んで八木も寄稿。
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊で特捜検察の現実がわかります。
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録

★ライブ情報
11月15日(木)六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄
11月25日(日)大阪・燈門
Vo. 八木啓代 Pf. 柳原由佳
11月29日(木)神戸・gallery zing
Vo. 八木啓代 Pf. 柳原由佳
12月20日(木)新宿・るたんあじる
ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析