サンディニスタ暴走

ニカラグアが、というより、サンディニスタの暴走がひどくなっている。

先日、オルテガ大統領と対立し、投獄の危機にある(正確には、高齢のため、実際に投獄されることはないが、事実上、自宅軟禁状態)エルネスト・カルデナルが、スイスとノルウェー政府の招待により、出国。ヨーロッパ諸国とアメリカ合衆国の大学や文化団体での講演ツアーをおこなうことになった。

それを受けて、オルテガ大統領は、エルネスト・カルデナルのニカラグア国内の資産のすべての凍結。資産といっても、世界各国で出版されている彼の著作物の印税や講演料収入で、彼の生活の基盤となっているものだが、同時に、カルデナル自身がかかわっている小児癌の子供たちのための基金なども凍結されてしまった。
この無茶苦茶な事態に、ニカラグアの人権団体の弁護士たちは、この凍結処分が非合法であるとして申し立てを行ったが、すべて政府側に却下されている。

スペインの国民的大歌手ジョアン・マヌエル・セラートは、次のようなコメントを発表した。

「善き人間、自由な人間として感じ考えるという罪を負ったエルネスト・カルデナルのような革命的な詩人を護るために声をあげることに、私は心より賛同する」

かつて日本ではポール・モーリアの「エーゲ海の真珠」として大ヒットした曲は、もともと「ペネロペ」というタイトルで、セラートの作品。ハリウッド女優のペネロペ・クルスの芸名は、じつはこの曲から来ている。彼自身は、カタルニア系ということもあって、筋金入りの左派でもある人。

しかし、南米は左派が躍進なんて無邪気に喜んでいる場合じゃないよ、これは。

かつて、皆がダニエル・オルテガを「キューバ志向の共産主義者」だの「ゲイ」呼ばわりし、右翼が嫌って左翼が持て囃していたとき、私は「ニカラグア革命は支援するけれど、ダニエル・オルテガは資本主義者で女好きだから嫌い」と公言していたものだった。

20年経って、それが事実であったことが白日の下になってしまった。オルテガは私腹を肥やし、権力に固執し、未成年への性的虐待ももう隠蔽しきれない。
まっとうな人間はサンディニスタに見切りをつけて、新政党MRS(サンディニスタ刷新運動)を作ったが、そういう人たちを今度は弾圧にまわる。

クズをクズを看破していたといっても、そんな予感は当たってもうれしくも何ともない。

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
5月11日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析