次はキューバ話題

パンチョ・アマート(フランシスコ・アマート)のコンサートが近づいております。個人的にはパンチョ・アマートというよりは、パンチョ・アマットというほうが発音が近いと思うのだけど、まあ、そういう名前で宣伝されていますので、ここは、アマートということにしておきましょうね。

(ちなみに、チラシには、フランシスコ・パンチョ・アマートと書いてありますが、これもちょっとね。パンチョというのはフランシスコのあだ名。つまりフランシスコ(パンチョ)・アマートという方が正確。)

パンチョは、70年代に結成されたキューバの学生バンド、マングアレのリーダーでありました。このマングアレ、じつは結成当時はなんとフォルクローレのバンドだったのですね。
といっても、キューバの民謡という意味でのフォルクローレではなくて、南米のいわゆるフォルクローレです。まあ、その当時、それだけ南米のフォルクローレが世界的に流行っていたということです。
ちょうど、時代背景としては、チリにアジェンデ政権も成立していましたし。要するに、現在とは全く別の意味で、「南米が熱かった」わけです。

で、マングアレは、アジェンデ政権とキューバの友好関係のもと、チリに音楽留学して、なんと、インティ・イリマニに弟子入りするわけです。
インティ・イリマニといえば、かのビクトル・ハラやエルネスト・カブールの薫陶を受けたチリのフォルクローレ・バンドですね。
ここで、リーダーのパンチョはチャランゴを弾いていた、と。

その後、マングアレは、南米のフォルクローレから、キューバのフォルクローレ方向へと進路を変え、パンチョもチャランゴからトレスへと楽器を持ち替え、キューバ最高のトレス奏者としての名声を得るまでになるのです。
ただ、この「キューバ最高のトレス奏者」という評価について。
ただ、早弾きができるとかそういうことだけではないのです。

それまで弦楽器とはいえ、決まったリズムパターンで演奏をするという使われ方しかしていなかったトレスに、柔軟なソロ奏法を取り入れ、それをまた、高度にやった。
パンチョの功績はこれに尽きます。彼はトレスの奏法に革命を起こしたわけ。

で、これは、おそらく南米で学んだチャランゴ(エルネスト・カブールがチャランゴを伴奏楽器からソロ楽器へと進化させ、それをさらに受けついたのがインティ・イリマニであったということを含め)と関係がないわけではないでしょうね。

マングアレ解散後、パンチョは、アダルベルト・アルバレスのバンドに入ります。

キューバのソンはというと、80年代、いったん沈滞期に入っていました。ソンにサルサを取り入れて、頑張っていたロス・バンバンなど、もちろんいいグループは色々あったわけですが、全体としてはキューバの中で、やや落ち込んでいたのですね。
その中から、ふたたび、ソンの黄金期をつくった流れの中の中心にいたのが、この、アダルベルト・アルバレス。
なんたって、このアダルベルトのデビュー時にプロデュースしていたのが、シルビオ・ロドリゲスやパブロ・ミラネスのプロデューサーであったフランク・フェルナンデス御大なのです。

サンティアゴ・デ・クーバの強烈な揺れのあるノリに、素晴らしいメロディ。さらに洗練された歌詞や編曲。

このアダルベルトのバンドに、さらに、超絶技巧の天才トレス奏者としてのパンチョと黄金の声のロヒータが加わった90年代の「アダルベルト・アルバレス・イ・ス・ソン」は、そりゃもう天下無敵って感じでありました。
当時、あのバンドと競演したり、一緒にステージに立てた私は幸せもんであります。
(で、楽屋で、パンチョと八木は「アルフォンシーナと海」を一緒に歌ったりしていた....大爆)

そして、やがてパンチョはそこからも独立して、自分のバンドを構えます。まあ、これも自然の成り行きというものでしょう。
ただ、パンチョの音楽の豊かさは、ただのトレス早弾きつきで、キューバ音楽のスタンダードを演奏できる、みたいなもんではないのは、上記でもおわかりでしょう。
単に、キューバ音楽ファン相手だけではもったいない。

いや、もちろん、キューバ音楽好きな方々がん逃すべきではないライブではありますが、ジャズ系の方も、もちろんフォルクローレ系、「ヌエバ・カンシオン系」の人にも絶対おすすめのライブです。
よみうりホール公演(7/1)はまだ席に余裕があるみたいです。

このあとには、エグベルト・ジスモンチのライブも控えているし、ちょい嬉しい悲鳴。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊が検察にトドメを刺すことになるかもしれません
リアルタイムメディアが動かす社会(東京書籍)
超濃ゆいメンバーによる講義録!
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録
ハシズム!(第三書館)
共著で橋下大阪市長を解剖します。

★ライブ情報
3月30日(木) 六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析