FC2ブログ

革命的マヨネーズ

キューバねた。最後の一発。
キューバで今回覚えた料理技である。

「マヨネーズは、ミキサーで簡単に作れる。」

えー、かつて私はチリで、マヨネーズを一滴一滴油をたらしながら、ひたすら泡立て器で混ぜて作るという方法を教わって感銘を受けていたのだが、そんなことをしなくても、簡単に作れたのである。もちろん分離もしない。

キューバ式のやり方は、
卵黄、塩胡椒、酢と油。
これをミキサーに入れて、スイッチ入れるだけ.....なんである。
好みで、にんにくとかスパイスを入れるのも可。

なんでも、90年代初頭の「危機的な時代」(ソ連東欧が崩壊して、貿易相手国がなくなったうえ、そこを狙ってアメリカが経済封鎖を強めたので、キューバの経済危機が極悪化した時代)に、バターやマーガリンもなくなったので、子供の学校のお弁当にパンとマヨネーズを持たせるしかなかった(おかずも用意できなかった)という事情で、一気にこの作り方が普及したのだとか。
まあ、そういう事情はさておき、ほんまに簡単にできるんですわ。で、おいしい。特ににんにくちょっと入れるとね。

チリは一滴一滴(で、ちょっと油断すると分離して失敗する)、キューバはミキサーで一気(で失敗なし)というところがまた、なんというか感慨を禁じ得ないものがあったりして。
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
3.11を心に刻んで (岩波ブックレット)
人は、どのような局面において言葉をつむぐか。30人の執筆者が震災を語ったエッセイ集。澤地久枝、斎藤 環、池澤夏樹、渡辺えり、やなせたかしらと並んで八木も寄稿。
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊で特捜検察の現実がわかります。
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録

★ライブ情報
10月18日(木)六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄
11月15日(木)六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄
11月25日(日)大阪・燈門
Vo. 八木啓代 Pf. 柳原由佳
11月27日(火)神戸・Jazz & Live Born Free
Vo. 八木啓代 Pf. 柳原由佳
ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析