FC2ブログ

天使たちの嘆き

ええと、ちょっと素敵な美術展を見てまいりました。
フレスコ画の小島隆三氏の個展。
この方、中世美術の技法を用いたちょっと淋しげで物憂いな作風の方なんですが.....今回の作品展は、凄い。

会場は銀座の並木通りにある画廊です。シャネルとカルティエに挟まれた、いわゆる商業画廊なんですが......にもかかわらず、まず、会場に入った瞬間、大作がどかんときます。ふつうの家やオフィスには飾れないでかさで、もう「売る」ということを投げているとしか申せません。(苦笑)

もうそういうことより、いま表現しなくてはいけないことを表現した、という感じ。
憂えた顔の天使が悲しげに薄目を開けているその周囲には爆撃機が飛び交い、モスリームの子供達がまとわりついています。トランプは引きちぎれ、祈りの言葉が空に漂います。
そして、その絵は、とてもとてもとても美しいのです。崇高なまでに。イコンのように。

なんというか、この人もカナリアなんですわ。
もともとべつに政治的でもなんでもない人なんですが、このきな臭いニオイに鋭敏に反応した........ということらしいです。

いや、そんなことすらどうでもいいのです。美しく力強い絵です。
お上品な方々だけに見せておくにはもったいなさすぎる絵です。

小島隆三展
10月11日(水)-21日(土)
会期中無休 11:00 - 6:30 入場無料
アトリエスズキ
東京都中央区銀座5-5-13 並木通り坂口ビル4F
TEL: 03-3571-4877
http://www.atelier-suzuki.jp/
スポンサーサイト
プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Lagrimas”試聴やご購入はこちらから

★新刊情報
3.11を心に刻んで (岩波ブックレット)
人は、どのような局面において言葉をつむぐか。30人の執筆者が震災を語ったエッセイ集。澤地久枝、斎藤 環、池澤夏樹、渡辺えり、やなせたかしらと並んで八木も寄稿。
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊で特捜検察の現実がわかります。
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録

★ライブ情報
11月15日(木)六本木・Nochero
Vo. 八木啓代 G. 福島久雄
11月25日(日)大阪・燈門
Vo. 八木啓代 Pf. 柳原由佳
11月29日(木)神戸・gallery zing
Vo. 八木啓代 Pf. 柳原由佳
12月20日(木)新宿・るたんあじる
ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析