fc2ブログ

チリ.....50年前のあの日に寄せて

ところで、ここでちょっと中南米話題。

もうすぐ、9月11日がやってきます。
9.11というと、日本では多くの方の脳裏に浮かぶのは、もちろん、ツインタワービルのテロ事件ですが、中南米の人々にとっては、むしろ、1973年9月11日に起こった事件の方でしょう。

ちょうど半世紀前、50年前のその日、民主的に選挙によって成立したチリのアジェンデ政権が、米国CIAが後援した軍事クーデターによって倒されました。
このクーデターで、サルバドール・アジェンデ大統領が死に追いやられただけではなく、その後、20年近くにわたって、チリでは軍事独裁政権が続き、数千人が殺され、数万人が国外亡命に追い込まれたのです。

この事件が、いまの日本にとって、まったく他人事と言えないのは、このクーデターのあと、軍事独裁政権のもとで、米国シカゴ学派の経済学者らが乗り込んできて、世界で最初の「新自由主義」の実験を行ったのが、実は、このチリだったからです。

現在の日本でも、新自由主義が格差を広げ、雇用や教育の破壊があからさまになってきていますが、それは、実は、1973年以後のチリを見ていれば、そうなることは、とっくの昔に明らかになっていた流れともいえます。

また、チリのクーデター後の軍事独裁政権は、多くの文化人を迫害したことでも知られています。当時、民衆的な音楽文化運動として注目されていた「ヌエバカンシオン(新しい歌)」の著名な音楽家だったビクトル・ハラが虐殺され、多くの音楽家や芸術家も強制収容所に送り込まれたり、亡命に追い込まれたりしたことでも世界に悪名を轟かせました。

ちなみに、ビクトル・ハラについては、私も一冊本を書いていますが、当時、すでに有名な音楽家であった彼は、クーデターの最中で逮捕され、臨時の強制収容所となっていたチリ・スタジアムに連行されるのですが、そこで、歌で他の逮捕者を励ましたという理由で、スタジアム地下に連行され、暴行された上で虐殺されました。
この事件は、世界を震撼させ、当初は「アジェンデ社会主義政権がチリ経済を破綻させ、国内が混乱に陥ったために、軍の将校たちがやむなく決起した」と宣伝されたにもかかわらず、このクーデターの実態を象徴するものであったと言えます。

ちなみに拙著は、現在、電子書籍化しており、KIndleで880円、KIndle Unlimitedなら無料で読めますので、是非、この機会に。

そのチリは、90年に再び、国民投票によって民主化を達成しています。その後、長らく、コンセルタシオン(民主主義のための政党盟約)と呼ばれる、中道右派から左派までの反軍政連合が政権与党となっていました。
それもあって、1990年に国民投票でなんとか民主化を達成したものの、27年間の軍事独裁政権時代で深く刻まれた新自由主義の後遺症をひきずってきていたというのが実情だったのですが、2006年以後、そのような新自由主義のもたらした格差社会や教育ローンに反対する学生たちの運動が全国に広がり、ついに、その学生運動の中から出てきた若い大統領が率いる左派政権が誕生するまでになっています。

その間、ビクトル・ハラ殺害事件についての捜査も始まり、2009年に、殺害の直接の実行犯であった兵士らが逮捕。その後、殺害を命じた軍人たちにも次々に逮捕状が発行され、つい一週間ほど前の、2023年8月28日(チリ時間)、チリ最高裁が、上級将校7人に懲役8年から25年という実刑確定判決を出しました

そして、その翌日朝、つまり、チリ時間29日にその最高刑である懲役25年実刑を科せられた首謀者と言えるエルナン・チャコン元将軍が、収監のため自宅を訪れた検察官の目の前でピストル自殺を遂げるというセンセーショナルな事件も。
https://youtu.be/5dRob6qqxGI?si=MXhEL1VKp-XkAkmA (チリでのTV報道動画)

というわけで、そんな、リアルタイムで熱い中での50年目なのです。
チリ本国でも、チリ大学が「再び起こすまじ(ヌンカ・マス)」週間として、9月中にはトークセッションや写真展、著名な演劇演出家でもあったビクトル・ハラの代表作の再上演など、さまざまな文化プログラムを開催しているほか、当日、9月11日には、国立スタジアムで、ビクトル・ハラゆかりの音楽グループである、キラパジュンやインティ・イリマニ、さらに、軍事政権中に国外追放された人気バンドであるイリャプなどが出演する大イベントが開催予定。
また、メキシコなど、他のラテンアメリカ諸国などでも関連イベントがいくつも行われます。
230911.jpg
ということで、日本でも。

なにもやらないわけにはいかないじゃありませんか。

まさに、新自由主義がチリになにをもたらし、そのチリで格差と学生ローンに追い詰められた学生たちがどう立ち上がり、いったい何が起こったのか。

上記の学生運動まっただ中のチリに留学して以来、まさにその分析をテーマにしてこられた、若き気鋭のラテンアメリカ社会運動論研究者の三浦航太氏と、そしてこの7月から「サンデー毎日」誌上で、あの時代を生き、クーデター直後に謎の死を遂げたチリのノーベル賞詩人パブロ・ネルーダの生涯を描く「雲のごとく ー 詩聖ネルーダ」を連載中の作家の海堂尊氏をトークゲストにお迎えし、さらに、音楽ライブでは大熊ワタルさん(クラリネット他)やこぐれみわぞうさん(歌・チンドン)らのジンタらムータに加え、音楽家・批評家の竹田賢一氏と、ラテンアメリカを拠点に活動してきた八木が加わり、この日のために用意したビクトル・ハラやビオレータ・パラ作品などのスペシャルメニューも交えての豪華なイベントを開催します。

海堂尊氏と言えば、ドラマや映画でも大ヒットした「チーム・バチスタ」シリーズで有名な方ですが、もともとは外科医、さらに病理医として死因究明問題に取り組んで来られた方です。そしてネルーダは、ノーベル賞詩人であるだけではなく、外交官としてスペイン市民戦争を体験し、一時期は有力な大統領候補でもあった(註:アジェンデに統一候補を譲った)政治家で、クーデターの直後、突然死を遂げたことでも知られています。彼の死は長らく病死とされていましたが、これまた、今年の5月になって、彼の墓を発掘し、再調査を行った結果、毒殺であった可能性がかなり高いことがわかってきた、という点でも、海堂氏が興味を惹かれるのは必然なのかもしれません。

音楽の方では、以前から「不屈の民」「平和に生きる権利」などチリ発の抵抗歌が、日本でも演奏されてきたことが、近年、チリ国内でも話題となり、5月には、これらのチリの抵抗歌が世界各地でいかに受容されているかということをテーマにしたドキュメンタリー映画を制作中の研究者らが、ジンタらムータや竹田賢一氏の取材のためはるばるチリから来日、年内に映画の完成が予定されているなど、こちらはこちらでタイムリー。

フリージャズ界隈で知られた前述の「不屈の民」、ソウルフラワーユニオンの日本語詞で再注目を浴びた「平和に生きる権利」に加えて、ビクトル・ハラの美しい器楽曲「ラ・パルティーダ」や、フォルクローレファンの間では有名な「チャラグア」、ビオレータ・パラの「ルンルンは北に去った」などのほか、パブロ・ネルーダの有名な詩も、美しいメロディに乗せてドラマチックに聴いて頂きます。

この50年のイベントは、「『チリに捧ぐ』 もうひとつの9.11 〜軍事クーデターから50年〜 トーク&コンサート」と銘打って、二度とない豪華なトークセッションと音楽を、地球の裏側からチリに捧げるものとなります。

なお、このライブは、どうしてもこの日、おいでになれなかった方のために、アーカイブ配信が決定いたしました!
どうぞ、下記のリンクからご視聴ください。

2023年9月11日(月) 「チリに捧ぐ」 もうひとつの9.11 〜軍事クーデターから50年〜 トーク&コンサート @ LOFT HEAVEN
( 東京都渋谷区渋谷2-12-13 ) お問い合わせ/heaven@loft-prj.co.jp
18:30 Open 19:00 Start
前売り3500円/当日4000円、学割料金2000円(いずれも飲み物代600円別途)
アクセス/JR渋谷駅より徒歩8分。   地図 Google map

【トークセッション】海堂尊 (医師・作家)、三浦航太 (研究者・ラテンアメリカ社会運動論)、
大熊ワタル(音楽家)、八木啓代(作家・音楽家)

【Music】八木啓代(vo)、ジンタらムータ(大熊ワタル cl、こぐれみわぞう vo,per、サルディ佐藤比奈子 pf、関島種彦 vl, mand、関島岳郎 tuba、ふーちん ds)、竹田賢一(大正琴)

 フライヤーダウンロード

 ライブアーカイブ配信ご視聴はこちら

言い訳とライブのお知らせ

キューバねた、これからも続けますが、ここのところちょっと忙しくて更新が遅れております。お問い合わせの皆様、もうちょっとだけお待ちください。

とりあえず、ライブが二つ続きますので、お知らせまで

1月22日(日) 横浜 ピロカフェ
(横浜市南区白妙町3-41)
お問い合わせ・ご予約/046-801-0403

開場 18:30 開演19:00 
前売予約:3,000円 / 当日:3500円

アクセス/京急線黄金町駅より徒歩8分、横浜市営地下鉄ブルーライン阪東橋駅より徒歩5分
横浜のおしゃれなカフェで、大好評につき、再度のライブが決まりました!!
ギター福島久雄さん。アンプラグドでやります!
ネット予約

◆1月26日(木) 六本木 ノチェーロ
(東京都港区六本木6-7-9 川本ビルB1)
お問い合わせ/03-3401-6801

1st 19:30 2nd 20:45 3rd 22:00(入れ替えなし) 
Charge:2,600円(おつまみ一品付)

アクセス/日比谷線・大江戸線六本木駅より徒歩2分

六本木駅至近の最高の立地の音響の良いステージで、東京では今年最初のライブ。美しい歌曲の数々をじっくりお聴き頂きます! 今月は木曜日ですので、お間違いなく!!
ギター福島久雄さん。
ネット予約

師走も半ばを過ぎて

12月も半ばを過ぎました。
昨日は暖かい日でしたが、今日は少し風の冷たい日でした。
とはいえ、今年はどうやら暖冬だそうです。

今年もいろいろなことがありました。

最近の個人的大ヒットは、スープジャーです。
別名ランチポットともいう、400ccぐらいの1人分用の小型の魔法瓶なんですが、これがもう、すごく便利。
朝に、ありあわせの野菜を刻んで、スープの素と熱湯を注いでおくだけで、火を使わなくても、お昼に、おいしくて栄養たっぷりの野菜スープが食べられます。

お米や押し麦を大さじ2杯ぐらい入れておくと、超簡単にリゾットも作れます。
一晩水に漬けておいたレンズ豆を入れておくと、さらに栄養のある豆入りスープもできます。

その他にも、夜の間に、麹とごはんから甘酒を作ったり、自家製ヨーグルトを作ったり、と、その保温機能を生かしていろいろなことができて、本当に重宝しています。
一人暮らし、もしくは、小家族の方には、おすすめです。

などという、ほんわかした話題ばかりでもないのでして....。

先日のパリ同時多発テロ事件の影響で、フランスの地方選では、マリーヌ・ルペン率いる極右の国民党が大躍進。
フランス以外のヨーロッパの国でも、同様の傾向が出てきそうです。それこそ、テロリストの思う壺、になっています。

これを受けるように、米国でも、共和党のドナルド・トランプ候補が、イスラム教徒の入国禁止などという暴言を吐いて、物議を醸しつつ、支持率をとんどん上げて、40%を超えたとか。

このドナルド・トランプ氏。80年代に不動産王として脚光を浴びた人で、当時、絵に描いたようなトロフィー・ワイフの写真が出回ったものです。
一時期、破産も伝えられましたが、いつの間にか復活していて、今度は、露骨に人種差別を口にする極右の候補者として、台頭してきたようですね。

彼の発言を聞いていると、米国の石原慎太郎、という感じです。
こういった人に、それなりに支持が集まるというあたり、やはり、アメリカの右傾化も相当なものだと思います。

共和党の他の候補も、マルコ・ルビオとかテッド・クルーズとか、極右に近いような人たちばかりで、ジェフ・ブッシュがまだしもまともに見えるところが、もうなんともアレです。

とはいえ、その右傾化。
トランプ氏を「アメリカの石原慎太郎」なんて書きましたが、その石原慎太郎を長らく東京都知事に頂いてきた私たち東京都民、ぜんぜん笑うことはできません。

また、フランスの極右のリーダー、マリーヌ・ルペンから、「モデル」とまで呼ばれちゃってる安倍首相を総理大臣に頂いている私たち日本国民、もっと笑うことはできません。

ただ、日本もそうなのですが、テロへの恐怖以上に、やはり社会に閉塞感が強くなっているということが、大きな背景としてあるような気がいたします。
格差がひどくなり、未来が見えず、希望も持てない社会では、まず、自分より弱いものへの攻撃という形で、そのやりきれなさや鬱憤をぶつけてしまう人たちが出てきてしまう。

スペインやギリシアでの左派躍進と、コインの裏表。結局は同じ構造なのではないかと思うのです。

そんな中、先日亡くなられた野坂昭如氏が、その遺稿で「戦前がひたひたと迫っている」(新潮45)と書き残されたそうですが、こういうときだからこそ、ひとりひとりが、しっかり希望を持って、明るくいきたいところです。

そんなわけで、来年を元気に迎えられるように、12月のライブも盛りだくさんの歌を歌います。
ぜひ、お聞きにいらしてくださいね。

そうそう。それから、夫婦別姓について言えば、スペイン語圏はみんな夫婦別姓ですが、家族の結束や絆は日本より強いですよ。

◆12月23日(水) 六本木 ノチェーロ
(東京都港区六本木6-7-9 川本ビルB1) お問い合わせ/03-3401-6801
1st 19:30 2nd 20:45 3rd 22:00(入れ替えなし) Charge:2,600円(おつまみ一品付)
アクセス/日比谷線・大江戸線六本木駅より徒歩2分   地図

六本木駅至近の最高の立地の音響の良いステージで、美しい歌曲の数々をじっくりお聴き頂きます! 
今月は水曜日ですので、お間違いなく!!

ギター福島久雄さん。

あたくしの正体? もちろんキリギリスでございますわ

昨夜、わけあって、渋くて魅力的な殿方お二人を前に、コースディナーのあと、デザートのケーキを二つも食べてしまいましたので、今日は少しダイエットです。
で、本日は、若くてすらりとしたイケメンな方と、銀座近くのエレガントなお店でロイヤルミルクティーなどご一緒いたしましたが、ケーキは我慢して、ブログ記事を書いております。

それにしても、改めて考えますと、先月頭の「検察極秘資料漏洩」問題が、とうとう、法務大臣の指揮権発動問題やら更迭問題にまで発展してしまったということですね。

もうね、私、知りませんからね。

....というわけにもいかず、落とし物を拾ったばかりに、当事者としての八木は、この一月で何度も霞ヶ関や永田町に行く羽目になってしまいました。

で、その流れでですね、田代検事の上司たちも、追加で虚偽有印公文書作成及び行使の共犯や犯人隠避罪で刑事告発する流れになり......司法記者さんに、
「これからも、まだ告発するんですか?」と訊かれるわ、果ては、一部で、
「検察をひとりで追い詰めている女」
「日本でもっとも危険な人物」
などと言われるようになってしまいました。

むろん、事実ではありません。
告発状はたくさんの人で出していまして、全然ひとりじゃありませんのです。検察審査会に申し立てができる人は100人以上いるのでございます。

そもそも、あたくしはキリギリスのような、人畜無害な歌手でございまして、危険なのはあたくしではなくて「検察庁」のほうでございます。ここ重要ですので、間違えないでね。

あー、それで田代検事問題ですが、報道によりますと、すでに「記憶の混同」という言い訳はやっぱり崩れちゃったようです。
でも、起訴猶予にすると、偽証が成立してしまうようです。
この点につきましては、とあるお客様がわかりやすく解説してくださっていますので、ぜひ、そちらをご参照ください。

はい。そういうことです。
どうやら法律論での、検察庁の皆様と八木の勝負、もう詰んでます。
あちらさまが思いきり油断してたら、気がついたら、チェックメイトになってたみたいなのでございます。

で、いまさらながら、それに気づいた検察の皆さんは、盤をひっくり返してうやむやにしようとなさっているようで、そのあおりをくらってですね、法務大臣までクビになってしまったようなのです。

なんか話が大きいですね~。

でも、話は大きくなっても、べつにあたくしが変わるわけではありません。
来週はライブで、ノチェーロは相変わらず、こぢんまりとした落ちつくスペースです。みなさま、どうぞ、ゆったりと八木の歌を聴きにおいで下さい。

◆6月20日(水) 六本木 ノチェーロ (東京都港区六本木6-7-9 川本ビルB1)
お問い合わせ・ご予約/03-3401-6801
出演/八木啓代(vo)、小林智詠(g)、
1st 19:30 2nd 20:45 3rd 22:00(入れ替えなし) Charge:2,600円(おつまみ一品付)
アクセス/日比谷線・大江戸線六本木駅より徒歩2分
地図はこちら
http://www.nochero.com/map.htm

ネットからのご予約は
http://www.nobuyoyagi.com/JAPANESE/reserv.htm

では、お待ち申し上げております。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

閑話休題、しかし

 ええ、それでここしばらく、本職に戻り、ちょうど新作CDが出ましたので、キャンペーンで、ラジオ局を回ったり、新聞のインタビューを受けたりしております。その合間に、司法記者クラブでiPad越しに記者会見してたりしてたんですが。(ベルク・カッツェかおまえは)
 で、明日が二回目のコンサート

417518_10150562444731479_142944726478_9275334_781345435_n.jpeg

 どうだ、まいったかという感じの派手なポスターですね。

 新聞にもけっこう派手に出ております。
 こういうのとか、こういうのとか、こういうのとか。

 で、検察問題もこれぐらい派手に扱ってもらいたいものだと思っていましたら、読売新聞やってくださいましたね。今日の朝刊一面トップが、「陸山会事件の虚偽報告書、検察は1年前に把握」
 これがあの、田代検事一人をトカゲの尻尾のように虚偽公文書作成および行使罪で逮捕起訴し、もしそれですまなさそうなら、とりあえずすぐ上の上司だけを、犯人隠避とかで逮捕して....なんていうしょぼいストーリーの布石じゃないことを、心から期待します。
 単なる虚偽公文書作成だけではなく、だからこそ、偽計業務妨害でも告発しているわけですので、そこのところは、是非、A級戦犯のあの人のところまで捜査の手を伸ばして、膿を出し切っていただきたいものです。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

PANDORA

Author:PANDORA
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家 八木啓代のBlog
公式サイト http://nobuyoyagi.com

★CD情報
新作CD”Antes de ti”試聴やご購入はこちらから

★既刊情報
3.11を心に刻んで (岩波ブックレット)
人は、どのような局面において言葉をつむぐか。30人の執筆者が震災を語ったエッセイ集。澤地久枝、斎藤 環、池澤夏樹、渡辺えり、やなせたかしらと並んで八木も寄稿。
刑事司法への問い (シリーズ 刑事司法を考える 第0巻) (岩波書店)
日本の刑事司法の何が問題か、どのような改革が求められているか。刑事法研究者、実務法曹の他、八木も執筆しております。
禁じられた歌ービクトル・ハラはなぜ死んだか(Kindle版)
長らく絶版状態だった書籍をリクエストにより電子書籍で再版いたしました。八木啓代の原点です。
検察崩壊 失われた正義(毎日新聞社)
5刷。この一冊で特捜検察の現実がわかります。
ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)
なぜラテン人は自殺しないの?に応えて3刷!好評発売中!
キューバ音楽(青土社)
ラテン音楽ファン必読!キューバ音楽のすべてが理論も歴史もわかります。浜田滋郎氏激賞
貧乏だけど贅沢(文春文庫)
沢木耕太郎氏との対談収録

★ライブ情報

ライブ&講演詳細はこちら



nobuyoyagiをフォローしましょう

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
  1. 無料アクセス解析